人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

初氷の日の風景~凛とした空気

 最近、日中もあまり気温が上がらず、厳しい寒さを予感させるようになってきた。
 11月末は、寒暖の差が大きな日が続いたが、初氷が観察されたのは、11月27日だ。昨年より8日遅く、平年より13日遅いとのことだ。
a0087378_18411874.jpg
 この日、冷え込んだ空気に誘われて、安物のデジカメでも朝から出かけている。凛とした空気が気分良く感じられたのは、澄んだ朝の光を感じたからだと思う。


a0087378_18425451.jpg
 一瞬、雲海のようなものを想像したのだが、焚き火でたなびいた煙だった。それでもたなびき方に、冷たい空気を感じなくもなかった


a0087378_18443368.jpg
 こちらの山は、この日が初雪だったと思う

a0087378_18454536.jpg
 凍った畑

a0087378_18471362.jpg
 凍った枯れ草

a0087378_1849293.jpg
 凍った果物畑の雑草

 なお、今年の初霜は、11月18日で、昨年が19日なので、昨年より一日早く、平年は、9日とのことなので、平年より9日遅かったという事のようだ。

 福島市東部から伊達市南部にかけての地区で、米から基準値超のセシウムが検出した件で、渡利地区からも基準値超のセシウムが検出されたことを受けて、報道が、福島市東部地区という概念で捉えなおしているようだ。実際の現場は、汚染が行政区ごとに分けられているわけではない。
 そういう意味では、行政の科学調査の概念が、その地域の方々の感覚に、近づいたということのようにも見える。
by Shingen1948 | 2011-12-03 19:00 | ★ 季節便り | Comments(0)