人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

忠霊塔

 今回、少し時間にゆとりがあったので、小さい頃に会津で過ごした記憶の中の原風景を探してみた。
 小田山は、小さい頃に遊び場にしていた所だ。スキーで足をねん挫して大騒ぎをしたのもこの山だ。ここには、葦名氏の墓地もあり、「忠霊塔」もある。これ等は見慣れた風景だが、「忠霊塔」を確認しておく。
a0087378_6101959.jpg
 ここには、日清戦争からの対外国との戦争の戦没者が祀られている。

 会津での戦没者の慰霊は、戊辰戦争の「西軍墓地」と「東軍墓地」、そして、この「忠霊塔」といのが原風景にある。

 この原風景との比較のなかに福島縣護國神社への違和感がある。この違和感については、先にも整理しているのだが、言いきったという感覚になっていない。小さい頃の記憶をたどると、それは会津での戦没者の御霊の祀り方を戊辰戦争に限定しているからのような気がしていた。

 もう一度、福島縣護國神社を確認する。
 若松にあった招魂場に祀られていた戊辰戦争従軍者の御霊は、明治12年に、相馬・三春の御霊と共に官祭信夫山招魂社に合祀されたという。その時に、これらに祀られていなかった同戦争の従軍殉国者として、世良氏等も合祀されたのだろう。
 これが、昭和14年(1939年)に福島縣護國神社と称する内務大臣指定護国神社となったということのようだ。

 小さい頃に会津で過ごした者にとっては、戊辰戦争は身近な戦争だ。護国神社と会津の中での祀られ方とを比べながらみてしまう。
 ここでいう戊辰戦争従軍者の御霊は、若松では西軍墓地に祀られた御霊を指すのだろうと思う。戊辰戦争従軍者とは、「戊辰戦争西軍従軍者」であり、「若松の東軍」は除外されている。
 会津で過ごす頃は、当然ながら「若松の東軍」の視点でみている。更には東軍の遺体を埋葬することすらかなわなかったという話を聞く中で、東軍墓地を眺めている。
 大きくは、これが福島縣護國神社への違和感となる。
a0087378_612598.jpg
 福島縣護國神社では、ここに対外国との戦争の戦没者が合祀されていく。これと対比するのが、会津では「忠霊塔」に祀られるということだろうか。ここで気になるのも、靖国神社とのかかわる第二次大戦の戦犯問題ということではなくて、西南戦争で戦死した御霊はどこにも祀られていないということのようだが、確認していない。

 なお、具体的な違和感については、先に「戊辰戦争の犠牲者の弔い~ようやく会津へ⑥」で整理した。
 この時に忠霊塔の写真がないことに気がついたという記憶がある。意識していなかったが、ここに立ち寄ろうと思ったのは、そのこともあったかもしれない。
by shingen1948 | 2011-11-29 06:14 | ◎ 会津への路(戊辰戦争) | Comments(0)