地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

裏磐梯湖沼群の水利と東京電力

 湖北地方の水利は、裏磐梯から猪苗代湖に注ぐ長瀬川にかかわる。その水利にかかわって、小野川湖の小野川発電所、秋元発電所、沼ノ倉発電所等東京電力㈱も関わっていることについてふれた。
 その視点は、土田堰を中心に農業用水からのものだった。これを、東京電力㈱がかかわることの視点から確認しておく。

 この水利にかかわる上記3発電所は、昭和12から21年にかけて建設されている。それに伴って、裏磐梯湖沼群の水の貯水水深を増すための堰堤などが必要であり、これらは農業用水側と事前折衝を行い、協定を結びながらすすめてきているということだった。
 時事的に確認しておきたいのは、これら地元の農業用水側との関係だが、これらは対立関係には無く、現時点でも、むしろ共存共栄的な関係を構築してすすめられているということだ。
 原発が、事故によって東京電力と地元との関係に亀裂が生じていることと、ここの違いは大きいように感じる。
a0087378_44038.jpg
 これは、その中の一つの発電所である「秋元発電所」に送られるパイプが印象的な風景だ。会津へ来るたびに目にする見慣れた風景だ。

a0087378_475732.jpg
 この発電所は、明治21年夏の磐梯山噴火によって、川がせき止められた裏磐梯秋元湖の水を160メートルの落差を利用するのだが、そのためのパイプが目を引く。
 近づくと、折れた付近までのパイプしか見えないのだが、そのことによってかえって、160メートルの落差の大きさを想像させる。

 3つの発電所の建設の経緯は、初めに1937年(昭和12年)に小野川発電所が秋元湖畔に建設され、小野川湖よりトンネルを通じて取水を行い、発電が開始される。
 その後、秋元湖の開発にも着手したが、折から戦時国家統制の動きが進んで「電力管理法」が1939年(昭和14年)に施行されて、日本発送電が既存の電力会社を半ば強制的に吸収合併する等の経緯は複雑。
 それでも、事業としては、日本発送電によって発電所の工事が進められ、秋元発電所が1940年(昭和15年)に完成するという経緯のようだ。

 現在のこれ等の発電所と湖のかかわりについて、「猪苗代湖およびその集水域に於ける水利用(吉越昭久)」では、以下のように解説される。
 現在、水面標高822mの桧原湖から25m下の小野川湖まで人工の水路が造られて、湖水の大部分は、この水路で小野川湖に流出するという。自然の流路はほとんど流下しないという。
 この小野川湖からの自然河川は長瀬川で、これは秋元湖を経由しないとのことだ。その水を隧道によってほぼ全水量を秋元湖に流出しているという。小野湖と秋元湖との比高差が61mあるので、この落差を利用して小野川発電所を建設して発電しているという。
 この秋元湖から流出する水の一部が、秋元湖西岸の堰堤から長瀬川として流出する。これが、先の各用水に利用されるようになる。
a0087378_4112199.jpg
 そして、その一部の水が秋元湖南岸から隧道によって名家の西まで導かれて、秋元発電所に送られるようになるとのことだ。
 
 これが、この秋元発電所の風景の背景にある景色ということのようだ。
 更に、この発電用水は、長瀬川を暗渠で横断し、ポンプによって揚水されて長瀬川右岸の沼の倉発電所に送られるという。この水は、そこでも発電に利用されて、少し下流の長瀬川に流出するようになるという。

 ただ、「秋元発電所」以外は、まだ散歩では確認していない。
Commented by TUKA at 2011-11-27 19:04 x
この付近は私も「裏磐梯の発電所群」としてまとめています。
元々は日橋川流域の発電所の安定稼動のため、
猪苗代湖の上流に当たる裏磐梯の水をコントロールするために各湖に堰堤を設けたのが始まりです。
水没する集落も発生しました。
大正期の取水口や堰堤の様子を間近に観察することができます。
土田堰との関連までは追いませんでしたが、興味深いですね。
噴火による被害、復旧、流路や取水口位置の変更など、
未知の部分がたくさんあります。
Commented by shingen1948 at 2011-11-29 06:32
情報ありがとうございます。
会津にいるころは、観光的に知人を案内していたのですが、その背景について見えてきたのは、会津を離れてからです。離れすぎても近すぎても見えにくい背景のような気がしています。
通るたびに少しずつ確かめていきたいと思っています。その散策の参考にさせていただきます。

別観点で、日本をリードする方は、太陽光にかかわるマネーゲーム的な再生可能エネルギー論議を軽々しくなさいますが、水力発電では、裏磐梯の風景、猪苗代湖の水位、尾瀬の環境等大きな視野が必要なことが実感てきますね。
by shingen1948 | 2011-11-27 05:20 | ◎ 水 | Comments(2)