人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

旧国鉄レンガ積アーチ橋③

a0087378_4483864.jpg
 この秋葉神社は、大滝公園の「文化財マップ」にある「レンガ積アーチ橋」に興味引かれて、その目印としてたどり着いている。その神社前に車を止めさせていただいて、その神社周辺を確認した。
 この神社の右脇には、この地区の集会場があり、その北側に道筋が伸びていて、現在の東北線を陸橋でまたぎ、そのまま進むと新幹線の下をガードでくぐり、厚樫山を回り込んだ山道に抜けることができる。
 またいだ東北線の西側にも脇道が伸びていて、線路側にガードレールがあり、これが貝田旧国鉄軌道敷跡町道から見えたガードレールだ。

 そんな確認をした後で、「貝田旧国鉄軌道敷跡町道整備記念碑文」が建つ位置にたどり着き、その下を覗きこんで、「レンガ積アーチ橋」を見つけたという事だった。

 それは、「旧国鉄レンガ積アーチ橋」自体に興味引かれた行動だが、旧国鉄軌道敷跡に興味引かれると、その見え方がまた違ってくる。
a0087378_449524.jpg
 これは、「貝田旧国鉄軌道敷跡町道整備記念碑文」が建つ位置から振り返って、秋葉神社方向を見るが、この先に神社から現在の線路に伸びる道筋が廃線になった道筋が見えるということになる。
 確かに車を止めた位置から南側に道筋が見えていた記憶はあるが、写真には撮っていない。


a0087378_4515376.jpg
 これは、秋葉神社の一つ手前の東北本線をまたぐ道筋上から撮ったものだが、この奥に見える集落が、その神社裏に伸びた道筋の集落と思う。多分、右手の赤い屋根のお宅が、秋葉神社の手前にあったお宅だと思う。
 恐らくこのカーブが直線になる付近から、赤い屋根のお宅の左手付近から旧国鉄軌道敷跡が伸びていたと想像する。それを大正6年に現在の道筋をずらしたということのようだが、この地点からみると小さな変化のように見える。
a0087378_512218.jpg
 奥州街道を確認する中では気づいていなかったが、貝田宿を過ぎて山側に回り込んだ奥州街道の道筋とこの地点で交わって、貝田旧国鉄軌道敷跡は更に延びて行く。

 自分のイメージの中では、飯坂を後にして、桑折駅から北に向かう正岡子規が汽車の中から大木戸をイメージしたであろう時に一瞬見えては消えてしまったであろう風景の一こまを想像している。
by shingen1948 | 2011-11-16 05:20 | ◎ 福島の建築 | Comments(0)