地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

違和感

 ひまわりを植えることに違和感があって、いろいろと書いた。それでも、なかなかその違和感が言い表せないと思っていた。
 そんな時にみつけたのがこの風景。
a0087378_357458.jpg
 これを、「ヒマワリを植えるのは除染だけでなく、復興に向け頑張っていくメッセージを福島から打ち出す意味もある」と対比させてみる。
 確かに花の見頃には、そこに勢いをイメージ出来たかもしれない。しかし、時が立てば、花は枯れるのだ。
 その枯れた時にも勢いを感じられるのは、次の生命へのつながりに希望というものを感じた時だ。それなら、それも復興に向けて頑張っていくメッセージにもなるのだとは思う。

 ここから、それは感じられない。ここで感じるのは、国という最高の行政機関の御墨付きによる除染実験に期待して、その効果なしを知らされて放置された風景とみる。
 ここには、「復興に向け頑張っていく」イメージはない。

 花が咲くまでは応援してくださる方も、ここから先の応援はなさそう。この後始末は、地元で日常生活を送る者が担う事になるのだろう。この応援は「今後も続けたい」らしいとのことなので、地元の後始末は、これからも続くことになるようだ。
 もっとも、「除染効果なし」なので、そのまま放置でも問題はなさそうだが、……。
by shingen1948 | 2011-11-05 05:20 | ★ 季節便り | Comments(0)