人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

不飽江(あかずえ)城②

 小心者で、入山できる道筋が見つけられないという状況は変わらない。しかし、外側からの概観と「福島市の中世城舘」の略測図を見比べることで、遺跡のイメージを膨らませることができる。
a0087378_435248.jpg 
 「ゆの村」がいう「見事な『空濠』」とやらも、図で確認すると、主郭と思われる平場の北側にそれらしきものがありそうだ。
 チャンスがあればこの主郭部分だけでも確認したいとは思うが、とりあえずは、図をもとに概観する。


a0087378_4444565.jpg
 この山をぐるりと回ってみると、西側は自然の崖であり、城の遺構らしきものをイメージすることは難しい。南から東側に回り込んだあたりから眺めると、「福島市の中世城舘」が「丘陵東斜面に帯郭が数段存在した可能性が指摘される」とする主郭付近の帯郭らしきものが意識できそうに思う。


a0087378_4463775.jpg
 入山できるなら、この道筋だろうと思われる地点で眺める。
 ここでも丘陵東斜面に帯郭が数段存在した可能性を意識できそうだ。


a0087378_453117.jpg
 図では水田と果樹園を示している付近は、現在は更地になっていて、立ち入り禁止になっている。そのすぐ北側に、図では点線で示される道筋らしきもののある付近から眺めてみる。
 ここからも、なんとなく「丘陵東斜面に帯郭が数段存在した可能性が指摘される」とする帯郭らしきものを感じた気分。
 
 少し進んでみるが、藪になっていて確認は難しそうだった。
a0087378_4591680.jpg
 ここから、先程の山へ入る道筋のラインが見える。図と見比べその右手が帯郭の平場らしきものなのだろうと想像する。


 ここから北側は、飯坂高校を中心に開発された「暮坪山」周辺らしい。

 この城だが、「ゆの村」同様に「福島市の中世城舘」でも不飽江城との伝承のみで、築城者や時期については伝承がないとする。
 ただ、「ゆの村」では、この城の東側の「太師堂の板碑」の項で、「暮坪」ということから、『霊山軍記』に『暮坪の戦いで、南朝方が総崩れになった』と書かれています」と紹介する記述がある。 想像は自由といった範囲の話で、西原廃寺や高寺の僧兵を南朝方に想定した戦いを想像していることと結び付けてみる。
 根拠もなく結び付けてみたのは、とりあえず西原廃寺や高寺の散歩とつなげたカテゴリーに入れたいだけだ。
by shingen1948 | 2011-09-23 05:20 | ◎ 信仰と文化 | Comments(0)