人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

舘②

a0087378_6114210.jpg
 字舘屋敷地内も歩いるのに整理していないのは、館という実感が得られなかったからのようだ。
 「福島市の中世城舘」では、「地籍図においても字屋敷内及びその周辺においても館の痕跡は読み取ることができない。」とある。
 しかし、地籍図をなぞり舘位置図と重ね合わせた図と、先に自分があるいた道筋を見比べながら確認すると、気分的に実感を得るヒントがもらえそうな気分になる。


a0087378_6174994.jpg
 字屋敷内には、一番太い道筋を入ったのだが、これは舘の南端に近い新しい道筋だったようだ。


a0087378_6203356.jpg
 館に入って、最初に舘の西端近くと思われる地点を写真におさめている。そこに何かを感じたようだが、そのラインを確かめずに、そのまま西に進んでしまっている。
 ここから、右に折れれば土塁の一部と思われる土盛りが確認できたはずなのだ。
 そんな風にいえるのは、確認した経験も入っているからということであり、地籍図をなぞり舘位置図と重ね合わせた図に経験を付け加える。


a0087378_6261012.jpg
 西側に回り込んで、寺を目印に館の位置図を実感しようとしているらしいことが分かる。この時には、寺が舘よりも西側に突き出ていることを意識していない。
 先に整理したように宝聚山金源寺が区柳屋敷地内に建立したとのことだ。図で確認すると、寺ができる前は、現在字寺屋敷と字柳屋敷を合わせた地域が、字柳屋敷地内だったと想像できる。

 いずれにしても、館という実感が得られなかったのは、現在唯一土塁の現存と推定される北西隅及び南に約50m確認されるという土盛りを見逃したからだということが分かる。
 その土塁をもとにすると想像は深まる。
 その寺屋敷と舘屋敷境界線付近を流れる水路が、舘の南端に近いというイメージできるのではないかと勝手に思う。舘の東端は、北南に延びる道筋なのではないかと勝手に思う。

 なお、「福島市の中世城舘」では、学問的に「『信達一統志』によれば、慶長年間に上杉家臣石栗勘解由の居城であったと伝える」とする。素人としては、石栗勘解由の居城ならば、仙道から信夫代官として下飯坂舘にやってくる慶長6年(1601)と想像する。
 気になるのは、「……、又平林内蔵人と云ふ人住給へるよし(信達一統志)」の部分だろうか。
by shingen1948 | 2011-09-20 06:30 | ◎ 信夫の里(天地人の時) | Comments(0)