人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「上岡舘」②

 「福島市の中世城舘」から読み取った「「上岡舘」をもとに、もう一度上岡舘の散歩を試みる。
a0087378_411859.jpg
 まずは、略測図と現況、それに地籍図とから、西側に堀と土塁がイメージできるのだが、その南東の隅から確認する。
 土塁と堀がイメージ出来るこの道筋が一番気になる。その道筋を進む。


a0087378_4328100.jpg
 ここは、現況からその掘がイメージ出来る部分で、その奥に植え込みがあるが、そこに土塁をイメージしてみる。
 実は、この道筋を何度か歩いているのだが、これが堀と土塁と重なってイメージするものとは気づいていなかった。


a0087378_451233.jpg
 北西角が民家の入り口になっている。そこから西側のラインを覗きこませていただくと、こんな感じで、確かに土塁を想像してもよさそうにも思える。
 道筋は、この民家の入り口付近でカーブを描くが、そのラインはこの土塁や掘に合わせたものらしいと思えてくる。


a0087378_495821.jpg
 この民家の入り口付近から東に広がる果樹園が、一段低くなっている。これが掘の続きのようだ。


a0087378_4121122.jpg
 高速道路側からみると、この掘の続きらしき地形の続きに見えてくる。先の散歩では、ここを扇状地の名残川が自然につくり出した地形とみていた。それが、今は中世の舘の掘に見える。


a0087378_414259.jpg
 この一段と低い地形は、北側にもう一つある。これも、扇状地の名残川がつくりだした地形だと想像したが、こちらは、そのままのイメージにしておく。
 ただ、その自然の地形を掘の役割を担わせていたことも考えられなくはなさそうだ。


a0087378_417573.jpg
 この舘は、東北自動車道によって分断されるが、その東側のラインを北側から眺めてみる。こんな感じだ。


a0087378_4184238.jpg
 「福島市の中世城舘」が、地域の方から伺ったということで、掘を記すのはこの辺りだと思う。
 
 なお、この舘は、ニ連の可能性もあるとの指摘も気になる。
by shingen1948 | 2011-08-27 05:27 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)