人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

塩野目舘

 上岡遺跡にかかわる散策の中で、「志和田舘」「上岡舘」「塩野目舘」「増田舘」についてふれた。 これらは、歴史的なことはよく分かっていない名もない舘だ。こういう舘は、本格的に調査されたこともないので、その輪郭も曖昧な事が多い。だから、土塁らしきもの、空掘らしきものの一部にでもふれることができると、何となくイメージできたような錯覚に陥って感動する。それが何とも楽しいものなのだ。
 その見え方が、後で専門家の見方と違ったと分かっても、それほど気にはならない。

 落ち着きが悪いのが、どう見ても何もイメージできない舘だ。
 それは、自分の修行が足りないせいなのか、遺構が破壊されてしまったのか、それとも最初から違っているのか等々いろんな原因が考えられる。

 今回の散策で「塩野目舘」が、その落ち着きの悪い舘だった。
 位置的には、マホロンのデータベースに基づいて確認したが、何をどうみていいのか分からない状態だった。
a0087378_511546.jpg
 「福島市の中世城舘」に「塩野目舘」の項があった。
 この舘の築城者や年代などの詳細不明は分かっている事だが、欲しいのは地形をどう見るかという事のヒントだ。
 ここでは、城郭とかかわる現況の略測図とその付近の地籍図が掲載される。地形の見方の参考になるのは、城郭とかかわる現況の略測図だ。確認すると、先の散歩では、地形的に曖昧な位置からこの舘を捉えようとしていたことが分かる。
 法伝寺の観音堂の丘に登っていれば、容易に推測できたことが分かる。今思えば、この寺は古くから塩野目村の寺だったようだ。それを、新しく分離された方の墓地が気になって、そちら側から眺めていた事でよく見えなかった事ということのようだ。
 この図は、略測図を元に、地籍図から城郭の輪郭とのかかわりが想像できそうなを重ねてみた図だ。
 天候が回復したら、略測図とこの図を持ってもう一度散歩してみたい。略測図から現在見えるであろう地形の状況を想像し、そこに、地籍図から想像できる城郭の輪郭の想像を重ねてみる。こんなイメージになるような気がしている。
 今度は、収穫がありそうに思っている。

 なお、カテゴリー分類だが、詳細不明の舘なので、分類しにくい。増田城が、伊達氏とかかわりそうなので、「上岡舘」「塩野目舘」「増田舘」共に、その近くの舘ということで、「伊達氏」とかかわるカテゴリー分類にしておくことにする。
 「志和田舘」は、言い伝えに従って、奥州侵略にかかわる時代のままにしておくことにする。ただ、伊達晴宗の「采地下賜禄」に、「しハた屋敷」と記されるともあるので、一括しておいてもよさそうにも思う。
by shingen1948 | 2011-08-23 05:23 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)