地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

上岡遺跡近傍の河岸段丘沿いの集落

a0087378_61548.jpg
 板谷内集落からは、「八幡山 法道院」に集まった集落群とは違った文化圏を形作る集落のようだ。


a0087378_63490.jpg
 この板谷内村付近の街道沿いには、白壁の塀の民家が目につく。
 前から気になっていたが、民家である事で遠慮していた所だ。


a0087378_64487.jpg
 今回、この震災で揺すられて崩れたらしく、取り壊す可能性もあるらしいので、写真におさめた。


 この道筋を更に進むと、東湯野村の道路元標のある四つ角に出る。
a0087378_653150.jpg
 東湯野村が、福島市になるまでの経緯を再掲しておく。


a0087378_664578.jpg
 明治22年4月1日伊達郡湯野村と東湯野村が合併し伊達郡湯野村
 明治34年9月1日 伊達郡湯野村から伊達郡東湯野村分離
 昭和30年3月31日、飯坂町・平野村・伊達郡湯野町・伊達郡茂庭村と共に合併し、飯坂町に
 昭和39年1月1日福島市に編入


 今回散歩してきた道を地図で確認する。
a0087378_693429.jpg
 前田―四箇―板谷内―増田、そして、その南の新古屋の集落を確認しながら歩いてきている。

 「上岡遺跡近傍の地理的考察(秋山政一)」では、この地区の特色の一つとして、摺上川が湯野地区内で三段の河岸段丘をきづいていることをあげる。
 三段の河岸段丘から、摺上川は嘗て現在の位置より北方を荒れ回ったと考えているようだ。
 その摺上川が、南に移動し浸食を止めた箇所に集落が分布したとする。その一番低い河岸段丘沿いの集落を確認してきたということのようだ。
by shingen1948 | 2011-07-16 06:11 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)