人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

熊野神社

 先に散歩した時には、この辺りの風景を西根下堰沿いの風景として捉えている。それを、今回は摺上川の北側の河成段丘沿いの風景として捉えている。
 その西根下堰と河成段丘のかかわりでみると、西根下堰は取水口から「志和田舘」までは、河成段丘の縁を流れている。それが、南北に横切る川を樋越しで横切った後、堰はその河成段丘の内側に入り込む。「にっぱらだ」付近だ。
 集落は、その辺りの河成段丘の縁に沿って点在する。

 そこに、「熊野神社」が鎮座する。
a0087378_534888.jpg 「ゆの村」によると、この神社は、四つの村(湯野村・上飯坂・下飯坂・板谷内村)が合わさって四箇村になる時に、元々は板内村分にあった熊野大権現を四箇村の鎮守にしたものとのことだ。
 ここは、明治の終わり頃まで、「お熊野講」があって、厳しい修行も行われていたという。


a0087378_553267.jpg
 文化的には、今でもその中心的な役割を担っているのか、旧社や付近の江戸時代の絵図などが掲げられる。
 その絵図で、摺上川・西根下堰・河成段丘、そして、付近の集落のかかわりが確認できる。
 板谷内村とあるのが、現在の東湯野とのかかわりらしい。
by shingen1948 | 2011-07-13 05:07 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)