人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

揺すり出された風景④~今からおもえば56

a0087378_59272.jpg
 ここが飯坂街道の崩れ始まる地点だ。ここから南側にかけてやや下り坂になるが、この辺りの飯坂街道が今回の震災で歪んでいる。
 この歪みと元々の地形がかかわっているような気がしている。

 この地点から北側の部分は東側に「八景」の地名の通り、河岸段丘の崖と思われる地形に沿って道が走っている。
a0087378_5221716.jpg 
 万世大道を挟んだ西側は、道路工事に伴って改良されて見えにくくなっているが、その崖が続いている。

 位置的には、万世大路と飯坂街道の分岐点付近。この崖も今回の震災で崩れかけたようで、工事が始まっている。


a0087378_5275625.jpg
 この高台の地名は成出で、現在は病院の駐車場になっている。その南側の崖の縁全体が崩れかけているようだ。
 今回の歪みを追うことで、この高台か万世大道と飯坂街道を挟んだ八景の崖とのつながっていることを意識した。
 そして、この高台が昨日の揺すられて歪んだ地形の道筋の左手の高台という位置関係だ。

 万世大路と飯坂街道は、低地からこの高台を滑らかに登るように工事をしたはずだと思う。
 この街道が崩れている部分は、その道路がつくられる前の地形を揺すり出しているように感じている。

 多分、松川橋を挟んだ南側の高さに合わせて松川橋がかけられ、その高さからなだらかに下るように土盛りされたと思う。その道が再び北側の崖を登るようになるが、こちらは崖を削って、その削り取られた土で土盛りしてなだらかな坂にしたのではないかと想像する。

 ※ 昨夜、政府の若い国の原子力担当という権威ある立場の方が、20ミリシーベルト/年設定について語っていた。
 子供にもその基準を当てはめたことに関して、「若い方にも分かるように説明する必要があった事」を述べた箇所があった。
 福島の田舎に生活する立場でみていると、見当違いの発言だ。その心配は無用だと思う。
 福島の田舎の若者や学校幼稚園の保護者にも、放射線関係の仕事の方もその分野の学問をおさめられた方も日常的に普通の生活していらっしゃる。福島の田舎者の保護者は、その立場や権威を越えて情報を集める能力に長ける。 (多分、女の方の特性で、それは福島に限らないと思う。)日常的にそういう方の知恵を柔軟に取り入れているはずなのだ。
 まだお若いのに、権威のない者が無知で、権力を持つ自分達が上という思い上がった姿勢は、事の本質を見失わせるのではないかととても心配になる。
by shingen1948 | 2011-05-25 05:46 | ◎ 水 | Comments(0)