人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

板橋のイメージを求めて③~旧八木田板橋

 子供たちにとって、旧八木田板橋を渡ること自体が冒険であったろうと想像される。案内の説明によると、更に、その板橋を渡って「土人島」と称された水遊び場に行ったという。
 この「土人島」については、今のところ説明するものを見つけない。ただ、その位置については、案内板の説明と半沢氏の地図で確認できる。

 案内板では、八木田旧橋地点の上流側とする。この橋は、旧ぬる湯街道の延長線上から現在の八木田橋のたもとあたりに昭和5年から架かっていたようだ。
a0087378_5454758.jpg
 今の八木田橋は、そこよりやや下流側に昭和63年(1987)に架けられたという状況のようだ。
 半沢氏の地図をたよりに、現在の八木田橋から、その「土人島跡」の方向を眺めると、今でも右側の岸沿いに中州が広がっている。この中州が「土人島跡」に近い風景なのだろう思う。


a0087378_5475792.jpg
 自分は、河川工事で整備された後の荒川の風景しかみていない。現在も右岸の国体記念会館や公民館等のある方の堤防は、新たに整備中のようだ。
 近々、左岸の方も整備されて公園風になるのだろうと思う。


 昨年の夏から秋にかけて、上流から信夫橋までこの左岸を何度も歩いた。工事前の原風景に近いイメージをつかんでおきたいという思いがあった。それと、整備されていない所が残るこの左岸だけでいきつけるか試したということもあった。a0087378_5513571.jpg
 その時に、涼しい風を受けてほっとしたのがこの辺りだ。
 暫く休んでいると、鳥の鳴き声がしたり、蝶が飛んだりしてホッとする場所だった。
 そのイメージと、「土人島」と称された水遊び場のイメージが重なってくる。
by shingen1948 | 2011-03-06 06:00 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)