地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

さいで地蔵尊③

a0087378_4524998.jpg 
 「さいで地蔵尊」を確認するきっかけになったのが、この清水のさいで地蔵尊だ。
 先に、清水の泉と池をめぐる中でみつけた念仏講碑を記事にした。その中で、これが半沢氏の紹介する碑ではないかとしたが、それはこちらだとご紹介いただいた。
 確かに半沢氏が紹介するのは、こちらの方だと分かった。

 向かって右よりニ十三夜塔(安永6年1777年)地蔵尊・さいで地蔵尊(文化13年1816年)百万遍供養塔(文化11年1814年)で、平成3年4月「福島西土地区画整理事業」によって整備したとのことだ。
a0087378_4555051.jpg
 この時点での興味は、百万遍供養塔とニ十三夜塔だったのだが、説明されるのは「さいで地蔵尊」の方だった。
 ここには、地蔵尊が2体並んでいて、「さいで地蔵尊」は舟に乗っていらっしゃる。散歩人が、他の地蔵尊と区別するのには、一つの目安になりそうだ。


 「さいで地蔵尊」は、幕末にできたのですが、いつのころからか首がなくなり後で補修されたもので「さいで」とは田植え等の農作業によって手首が赤く腫れあがる関節炎のことで、ひどい痛みのため農作業ができなくなるのでその平癒をこの「さいで地蔵さま」にお祈りいたしました。
平成9年6月清水地区郷土史研究会

 ここで初めて「さいで」という言葉に接した。
 方言なら古語辞典で確認できないかと思ったが、「さいで」そのものには行きつかない。「さきて」あるいは「さきで」ならかかわりそうな言葉もあるが、その症状が「手首が赤く腫れあがる関節炎」となると随分違う。今のところ深追いしないでおく。


a0087378_4592784.jpg
 元々は、大笹生道の旁らにあったが、平成3年に土地整備事業とのかかわりで移動したとのことだ。

 
Commented by さんくるげ at 2011-03-04 00:10 x
「さいで(才手・支手)」とは手の使いすぎなどによっておこる腱鞘炎の一種で、地方によっては「そらで(空手・虚手)」とも、また現代医学ではド・ケルバン(デケルバン)病などとも呼ばれているようです。

『ふるさと探訪』春季号(福島市清水公民館、1986年)25頁
『さいで』というのは田植えどきに手首がはれ、指の関節が痛むソラデのことで、昔は田植えどきになると庭坂・八島田からもここにやってきて、サイデにならないようにとの願いをこめて、お米やお餅などをお供えしたものでした。

また『すぎのめ』第3号(福島市杉妻地区史跡保存会、1980年)には伏拝の「さえで(支手)地蔵」が紹介されており、「手を支える手首が痛んで苦しむ人々を、救済する」とあります。同誌の写真から推測するに、現在の共楽公園にある「支手(さえて)地蔵」がそれかもしれませんね。
http://8tagarasu.cocolog-nifty.com/sakamitisannpo/2010/09/index.html
Commented by shingen1948 at 2011-03-05 05:39
情報ありがとうございます。
共楽公園にもいらっしゃるんですね。見落としています。今度出かけてみます。

手持ちの古語辞典に「そらで(空手)」がありました。「これといった理由もなく手が痛む病気、神経痛の類」とのことでした。
 こちらから想像すると、今でいう関節リュウマチなども含まれているような気がしますが、どうでしょうね。
Commented by さんくるげ at 2011-03-05 23:46 x
> こちらから想像すると、今でいう関節リュウマチなども含まれているような気がしますが、どうでしょうね。

なるほど、神経痛の総称的な意味合いもあるようですね。
勉強になりました。

伏拝のさいで地蔵は、昔は首が胴体に乗っかっているだけで、ついていなかったそうです。「地蔵さんの首を取って下に置き、なおってからもとのように首を戻す」(『すぎのめ』第3号)という風習があったようです。

吉倉のさいで地蔵は、縄で縛って祈願する風習があったことを以前資料で読んだ記憶があります。
Commented at 2011-03-07 00:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shingen1948 at 2011-03-07 05:39
いろいろな祈願方法があるんですね。
さいで地蔵のいらっしゃる付近のお地蔵様も見て歩くと、その願の強さが伝わってきます。たくさんの削り取られた跡とか、お世話をし続けているらしいこととか、(信仰が現在進行形で)案内板をたてるほど史跡化できないようだとか、等々です。
関節リュウマチもイメージしたのは、資料にもよりますが、それらの実感もあります。

いろいろ情報ありがとうございます。
資料を見つけられるの速いですね。参考にさせていただきます。

 
 

by shingen1948 | 2011-03-03 05:04 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(5)