人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

岩代清水の泉と池をめぐる⑮

a0087378_524280.jpg
 奥羽本線(山形新幹線)と高速道路が交わる辺りの110.6mの三角点が確認できるものか出かけてみた。地図で、等高線で丸く囲っていることから、この高台であるらしいとは思うのだが、そこにたどり着く正式な道筋と思われるものがみつからない。高速道路側からたどり着くことはできそうだが、何となく民地のような気もするので、ここまでにする。

a0087378_5251882.jpg
 この高台が110.6mということは、この辺りの平地自体は100m程度と想像できる。ということで、S中、刑務所、そしてこの高台のある奥羽本線(山形新幹線)と高速道路が交わる辺りに100mの等高線がのびていると概観することができそうだ。


 100mと90mの等高線の概観にこだわるのは、90m等高線付近の乱れが気になっているからだ。大きくえぐられている可能性を感じている。
 1本の川筋を追っているのも、そのこととのかかわりの可能性を何となく嗅ぎ分けてみたいという思いでもある。
a0087378_5385158.jpg
 中江渠筋と思われる川筋も数本あるが、その中の刑務所側の川筋を追ってくると、高速道路で行き止まりとなる。そこをくぐる川筋も数本あって、その中の奔流と思われる中江渠筋と思われる川筋沿いの道をたどっていたら、道標があった。その道標には、「右ふくしま」、「左せのうえ」と刻まれている。


 今までは、偶然の見つけものはそのままにしていたが、これからはそれらも雑然と中に入れて整理することにした。散歩で本当に楽しいのは、思いがけずに何かを見つけた時だ。他人眼には、余計な事に見えるだろうが、あの時見つけたのだということを思い出す記録になるということで、そちらを優先する。
a0087378_532484.jpg 
 これが、福島側から見て何街道かは分からないが、道標が移動していないとすれば、この地域からみての福島道と瀬上道の追分の地点という事になる。

 中江渠筋を追ってきた道は、福島道に相当するようだ。
 瀬上筋と思われる道は、雪で覆われてはいるが、道筋らしいものが見える。
a0087378_5335223.jpg
 家に戻って地図を確かめてみると、そこに道筋はない。その道筋をのばしていくと、刑務所前の通りにつながるような気がする。この地域からみて、これが瀬上道ということだったのだろうと想像して楽しむ。
Commented by TUKA at 2011-02-15 20:40 x
奥州本線は奥羽本線でしょうか。

この道標は半沢さんのフィールドワーク本にも出てないようですね。
雪に覆われた瀬上道の先が気になります。
Commented by shingen1948 at 2011-02-16 09:40
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

瀬上道筋ですが、高速道とのかかわりもあって、道筋が改良されたような気がします。まだ確かめていませんが、ちょっと古い地図なら分かるような気がしています。
Commented by shingen1948 at 2011-02-16 10:39
(追)
まだ整理がついていませんが、半沢さんのフィールドワーク本と違う川筋もありそうな感じがしています。
Commented by 笹谷城主 at 2011-02-18 12:50 x
お世話様です。
例の勘次郎館の地主っす。

しんさん、おしいw

瀬上道はそこを北上して高速の西側で松川を渡河するんです。

高速ができる前までは「いつ流されても一向にかまわない」くらい簡素な丸木橋があったんです。

川を渡った後は北西に道路が延びまして、例の阿部薩摩の墓より西へ200mほど道沿いにいった地点に到達します。

そこの分岐には「二十三夜」と刻まれた石の道標があります。
裏面には「至庭坂」とあるようですが、現在、私には読めませんです。
Commented by 笹谷城主 at 2011-02-18 13:05 x
http://maps.google.co.jp/maps?q=37.786975,140.417338&num=1&sll=36.5626,136.362305&sspn=21.648293,28.344727&brcurrent=3,0x5f8a8f39f090c37d:0xb0a6826d900d04c8,0&ie=UTF8&ll=37.78703,140.417247&spn=0.001899,0.003224&z=18

↑の矢印たてた地点が松川北岸の道標があるとこです。
下釜地内をくねくね行く細い道が「庭坂⇔瀬上」の古道っす。
Commented by shingen1948 at 2011-02-19 09:35
お久ぶりです。情報ありがとうございます。

笹谷の道につながるんですか。今度そちらまで確かめてみます。何となく松川を渡るかもしれないとも思ったのですが、情報を得ないと、散歩の中で川を渡るという予想をたてるのは、結構難しいですね。
Commented by 笹谷城主 at 2011-02-20 07:52 x
おらもその「二十三夜」様から先はよくわからんのですよ。
まっすぐ東へ進めば、福商通りへ行きますし。

上屋敷共同墓地の先にある三差路から笹谷小学校へ向かうルートがよさげですかね・・・。

そのまま直進北上して、平野経由で瀬上へ・・。
Commented by shingen1948 at 2011-02-20 11:16
 おっしゃる笹谷小学校へ向かうルートが、「飯坂道の今昔」でいう飯坂古道の一つのようです。今のところ、その古道にのってから、大笹生ー瀬上道に出そうな気がします。
 なお、この古道は、米沢街道と仏母寺の裏の交点がスタートで、刑務所辺りを横切って三差路につながると想定しているようです。
Commented by 笹谷城主 at 2011-03-04 14:18 x
あはは

×:北西に
〇:北東に

でしたねー
Commented by shingen1948 at 2011-03-07 06:11
高速道路ができる前の地図を確認すると、瀬上道のようなものがありますね。
土手も、要所らしきところにぽつぽつとある程度のようですね。
Commented by MASA at 2012-06-23 16:20 x
笹木野字萱場東の道標(右 ふくしま 左 せのうえ)と笹谷字下釜の「二十三夜塔」道標をやっとのことで見つけました。笹木野字萱場東の道標の道路(左 せのうえ)はほとんど使われていないようですが、迅速測図2万分の1「庭阪」(明治24年)〔県立図書館蔵〕に記載されていました。高速道路の建設、これに伴う一般道の改廃の影響でしょうか。
一方、笹谷字下釜の道標の道路は狭いためか、1万分の1の県北都市計画図24(福島市)の記載されているのみです。
これらの道標と笹谷字南綱島の石碑(6個並んでいる)を中間点とすると、笹谷城主さんがいう庭坂~笹木野(萱場)~笹谷~平野~瀬上という道筋になるのかなと考えています。
Commented by shingen1948 at 2012-06-24 05:43
情報ありがとうございます。
自分としては、笹谷城主さんのいう道筋には道標も建っていることもあって、この道筋と「飯坂道の今昔」の道筋を重ねて、そこに「笹谷~平野~瀬上という道筋」をイメージしています。
by shingen1948 | 2011-02-15 05:41 | Comments(12)