人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

安江繁家⑥

 今日も暑くて実際の散歩を控えて、書物の中の散歩だ。
 手元にある安達地域の資料の中から、安江五郎左衛門を拾ってみる。
 まずは、「大玉村史」上巻に1行見つけた。ちょっと曖昧なのは、「安江五郎左衛門」ではなくて、「字江五郎左衛門」となっている。それでも、「石栗将監」と対になっていて、一字違いなので勝手にこれを安江五郎左衛門と判断するのは素人の特権。
この支城(二本松城)は、慶長3年8月19に日に直江山城守の支配地で、その知行宛行状を石栗将監、字江五郎左衛門に出している。その内には、二本松知行分、安田上総介1万石、下條駿河守4千石以下10人である。

 更に、そこで掲げられた表に石栗将監500石が記載されている。ここでいう「字江五郎左衛門」についての詳細は見えない。
 恐らく、塩之松支城の項の山浦源吾景国6500石(本文では500石とあるが、表に6500石とある)、2480石、市川左衛門尉房綱6700石、同心給分として2480石が記載される中に、この「字江五郎左衛門」分があるように思う。
 この表の二本松と塩之松支城の項に、空白の欄があって、そこに石高の記載があるのが気になった。
 これにかかわる情報は、「大玉水利事業誌」で見つけた。
 概観すると、この時代の仙道地域の支城は、浅香城・二本松東城・二本松西城・塩ノ松東城・塩ノ松西城・森山城・長沼城であるらしい。
 これを、蒲生の時代の長いスパンで見た時(この地域では、上杉時代は蒲生時代に挟まれた3年間でしかない)に、二本松東城と二本松西城、塩ノ松東城・塩ノ松西城が、統合されるという歴史があるようだ。
 ここからは、またしても素人の推測だが、恐らく統合された時代の資料を活用しているのだろう。この本が専門書であるため、私意を加えるのを避けて整理したので空白になっているのだろうと思われる。
 その推測を元にして、「大玉水利事業誌」に掲げられるこの時代の城将を中心にして整理された表を見ると合点がいく。
 その表によると、安田氏が浅香城将で城番は栗田監物、二本松東城将が下條氏、二本松西城将が秋山氏、塩ノ松東城将が山浦氏、塩ノ松西城将が市川氏、森山城将が竹俣氏(初め須田氏、慶長4年から本荘氏、それについで竹俣氏)、長沼城将が嶋津氏ということになるようだ。
by shingen1948 | 2010-07-28 05:20 | ◎ 信夫の里(天地人の時) | Comments(0)