人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

飯坂古道―大笹生~平野②

a0087378_4454699.jpg
 石の中央やや右側に、「右せの上」その左側に「左飯坂」と刻まれている。自分は、読めた時点で満足してしまっているが、本格的に調べながら散策する人は、ここで間違いなくそうなっているかを確かめているようなのに感心する。
 これは、佐藤氏が確認したものだ。

 なお、案内板にもあるように、この石碑は上部が欠落している。本来はこの上の部分があったということだ。その形状について、地域では「 右 瀬ノ上 左 飯坂 」と刻まれた三角石という言い方をしている。

 道標について、長々と記録してきたが、実は、これは7~8年前の話だ。写真もその時のもの。
a0087378_4475490.jpg
 先日何気なく見に行ったら、現在はこのような状態だった。
 国民の要請で学力向上に舵を切ったことで存在価値がなくなったことと、不審者対応で施設への出入りを厳しくしたかったこと、それに環境整備の一環であろうか。


 ただの石ころになる日もそう遠くはなさそうだ。
Commented by 東風吹かば at 2010-07-28 00:35 x
あぁ・・・
残念ですね。

地域の、地元の歴史や物事の変遷を知る上で大切なものなのに・・・
悲しい現実なんですね・・。

こういった「遺物」があること、そしてどんな扱いになっているのかすら知らなかった地元民として恥ずかしく思います。
Commented by shingen1948 at 2010-08-01 10:01
 散歩をしている者としては、事実を受け止めるだけという態度です。どうするかということは、それぞれの立場の方の考えであって、それを批判をするつもりはありません。
 失おうとしていると感じた時には、記憶より記録を優先させるのは、あくまでも自分中心です。
by shingen1948 | 2010-07-17 05:02 | ◎ 飯坂街道・古道 | Comments(2)