人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

大笹生⑪と豊かな水系④~栗本堰

 先に栗本堰について次のように整理しているが、これも松川の水利用だ。
 ○ 「新しい時代の波に埋没する栗本堰の文化」
 ○ 「栗本堰と松川堰堤改良の共存」
 ○ 「阿倍薩摩開村笹谷~栗本堰の由来と概要から」
 ○ 「栗本堰の円筒分水」
 a0087378_4573749.jpg
 これは、その栗本堰の近年の取り水口だ。


a0087378_54350.jpg
 今回の散歩とのかかわりでいうと、この奥に、大笹生ダム利用があって、それらの水と湧水の加水があって、ここにたどり着いた水を、栗本堰が取水するということだ。
 その続きが、先に整理した栗本堰ということになる。


a0087378_5101531.jpg
 ここで取水した水は、こんな施設に運ばれ、恐らくここで水量の調整を行っているのだろう。


a0087378_513545.jpg
 勢いよく流れる水は、いくつかトンネルをくぐっては現れして松川沿いの高台を進む。


a0087378_517811.jpg
 そして、このトンネルから出た水は、先に整理した水路に流れ込んでいく。
by shingen1948 | 2010-07-03 05:19 | ◎ 水 | Comments(0)