人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

飯坂花ももの里

 昨年、飯坂駅前に「飯坂花ももの里」についての案内を見つけたが、そのままになっているのを思い出して、出かけてみた。
a0087378_544532.jpg

 場所は、大鳥城跡の北側の畑だ。

a0087378_5453755.jpg
 平成15年に、宇都宮大学農学部の前教授吉田氏が世界中から集めた40品種300本を植樹し、「飯坂花ももの里」として整備したという。


a0087378_5473814.jpg
 4月から5月まで一月に渡って咲き続けるとのことだ。


 時間が経って、木々がたくましく育てば、もっと貫禄が出てくるのかな。
Commented by 東風吹かば at 2010-05-06 02:24 x
いつも楽しみにして拝見しております。

私も先日花ももの里行ってきました。
合わせて花見をかねて、大鳥城公園を散策しつつですが。

近くに住んでいながら、初めて行ってみました。
確かに木がまだ若いのですね・・・正直イマイチな気分になりました(笑)

その足で大鳥城本丸にも行ってみた際、時間は午後4時ころでしたか、
夕暮れ時にザワザワと風に吹かれる木々に圧倒されました。
まるで武者の魂のざわめきのようで・・・。

色々と想像させられましたが、
よくよく思ったのは、当時よく甲冑を身にまとい、
こんな山城を攻め登ったなぁ、とつくづく思いました。

余談ですが、ここは本格的な発掘もされておらず、
研究も、観光地化もいずれも中途半端になっているそうです。
なんかもったいない話ですよね。
Commented by shingen1948 at 2010-05-11 17:03
 コメントありがとうございます。
 確かめながら歩いていると、知っているつもりが知らなかったり、いろいろなことに出会えたりして楽しいですね。
 
 山城ですが、確かに散策していると、よくこんなところにと思いますね。しかし、当時の武将にとっては、逆に平城などは落ち着かなかったのかもしれないとも思いますね。
 
 大鳥城は、公園化が先になっているようですね。まずは、地元民が親しめる環境と考えたのでしょうかね。
Commented by shingen1948 at 2010-05-13 10:09
 (追)
 別な用件で資料確認していたら、大鳥城の調査についての記述見ました。十分ではないようですが、昭和47年に本丸北側、平成6年に本丸南東側が発掘調査されているようですね。
Commented by 東風ふかば at 2010-05-14 01:48 x
そうなんですか!?
あれれ??地元の方の話もいい加減なもんですね(笑)

確かに公園として楽しむには良い環境に感じます。
でも、宝の持ち腐れな感じもしました・・・
もったいないですよね。

樹木の維持も大事なんでしょうが、本来山城である特徴も考えれば、適度な伐採をすればかなりの眺望も期待できるでしょうに・・・

ご丁寧なレスありがとうございました。


Commented by shingen1948 at 2010-05-15 06:59
 調査は、公園化に伴って実施されたのかもしれませんね。地元の方にとっては、公園ありきではなく、研究的に取り組んでもらいたいと思っているのではないでしょうかね。
 ただ、古い絵地図は存在するようですが、解明するための資料は少ないようですね。 
by shingen1948 | 2010-04-29 05:55 | ★ 季節便り | Comments(5)