人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

信夫三山22 ~ 熊野山⑥


a0087378_5324547.jpg
 丸子の古峰神社への参道口近くに「三条院」という呼称がついた公園がある。
 「信夫山巡り」では、この熊野山の新旧いくつかの北坂口登拝路の中の一つに三条院口と紹介される参道口がある。このコースは、羽黒山に直進する参道と、斜行して熊野山へ向かうコースがあったように紹介される。
 その先達三条院は、はやく廃れて、その詳細は分からないという。

 地図で、このあたりに金鉱跡をプロットしたのは、この三条院を紹介したかったためのように思う。
a0087378_5361163.jpg

 金鉱跡への道は、ここのような気がして登ってみる。


a0087378_5432685.jpg
 地図と照らし合わせてみると、このあたりだと思うのだが、よく分からない。

 改めて信夫山の金鉱についての情報を確認しても、なかなかみつからない。
 「福島の鉱山」には、金竜抗、古峰抗、通せん抗、弥生抗、本抗という名称と、大日本鉱業という近年の鉱山を運営していた企業名が紹介される。
 この情報の古峰抗が、この金鉱だと想像する。そして、先の信夫山地下工場と関わるのが、金竜鉱であろうことが分かる。

 「ふくしまの歴史と文化の廻廊集鉱山を求めて~地底の贈り物」では、「古くから金の採掘地として知られ、昭和10年代まで採掘が行われていた。金山の坑口跡やズリ捨て場がある」としている。 これが、大日本鉱業という近年の鉱山を運営とかかわる情報らしいと想像する。
 ちょっと気になるのが、駐車場があり、問合せ先が福島市教育委員会と紹介されていること。
 信夫山金鉱についてどんな紹介がいただけるのか興味深いが、今のところ問い合わせるつもりはない。
by shingen1948 | 2010-04-15 05:49 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)