人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

信夫三山~谷山

 信夫山についての情報はたくさんあるのだが、自分に合った情報をキャッチするのは案外難しい。自分の感覚とそれぞれの情報が絡み合わない。

 「信夫三山暁まいり」に出かけて、気になりだしたのが信夫三山とか、ハレの信夫山とかということだ。
 まずは、信夫三山。情報では、宗教的な意味合いを込めて三山とする。しかし、単純に自然の山「信夫山」の三つの頂きを想定してみる。
 信夫山の頂は幾つもあって、他所者にとっては、どの頂を代表とするのかが分かりずらい。

 理屈っぽくこだわり出したのは最近だ。
 観光用の地図の山頂の印と地図の山頂が合わなかったのだ。観光用の山頂は、熊野山と湯殿山になっている。確かに、熊野山の頂では三角点を見つけたが、湯殿山の山頂にはいくら探しても三角点は無い。これが始まりだ。

 それで、改めて地図を眺めると、三角点が3っつ。ということで、その三角点の位置を探り、そこを山頂とした3山を確認してみようと思ったのだ。
 例のごとく、詳しく地図を見ずに、勘を頼りにということで探すものだから、なかなか見つからなかった。最後の3っつ目の三角点を見つけたのは、ごく最近。しかも、最後はお手上げで、ここは地図を頼りにたどり着いた。
 その最後に見つけた三角点から整理してみる。
a0087378_512840.jpg
 この山は、信夫山第一展望台近くの案内図では「谷山」と表記されている。今のところその他にこの山の呼称にかかわる案内をみつけない。
 当初、この谷山の山頂は、「薬師の峰」あたりのはずだろうと見当をつけた。その辺りに三角点があるはずと探したが見つからなかった。


a0087378_5153155.jpg
 勘だけで探すのを諦めて、地図を詳しく見ると、第一展望台脇の高台あたりだった。公園化された平場があって、そのあたりに見当をつけて探してみたが、そうではなかった。
 ここが、山頂への入り口だ。


a0087378_5174065.jpg

 ここが、その山頂だが、単なる荒れ地。展望もよくない。


a0087378_5183552.jpg

 それでも、この三角点を見つけて、この山を制覇したような気分に浸っている。
Commented by ジュラの召使い at 2011-09-19 16:27 x
初めまして
日曜日に信夫山を走ったのですが,どこへ行けば良いのか分らず非常に悩みました.やはり分かり難いところなんですね.最後まで分らなかったのが,薬師堂から御神坂へ直接行く道です.地図ではあるのですが,薬師堂の裏にまわっても,薬王寺の墓の方へ行っても分りませんでした.またチャンスがあれば,再チャレンジで走ってみようと思います.
Commented by shingen1948 at 2011-09-20 07:13
 コメントありがとうございます。
 案内板確かに分かりずらいですね。
 地元では、羽黒神社参道が頭にあって、その旧参道へ向かう道が案内されているとみるので、この図でもなんとなく分かった気分になっています。
 薬師堂から御神坂への道筋ですが、薬王寺の東階段を下りていくと、羽黒山旧参道に出ます。<案内図にはこの道筋書いてありません>
 貴ブログ9/19の下の案内図の羽山駆け道の延長線の道筋は、薬師堂の北側に鐘つき堂があって、その前に墓地の間を下る急な坂道があったと思いますが、それです。
 目標は、多分下方にコンクリート製の鳥居が見えたと思いますが、これが案内板にある大鳥居です。その坂を登りきったところが、羽黒神社です。
 余計なことですが、この山は市のシンボルで、四季折々のよさが実感できるところで、例年何度となく登るのですが、今年は放射線量が高い地点が所々にあるという情報が気になって震災以降一度も登っていません。
 
Commented by ジュラの召使い at 2011-09-20 16:36 x
情報ありがとうございます.薬王寺梵鐘の裏の方まで調べたのですが,墓地のところはよく調べませんでした.放射線量心配ですね.福島市の市街地でも苔が生えているところが放射線量が高かったりしますし (知り合いがわざわざ調べてくれました) ,さらにそれを取り除いたとしても捨てることが出来なかったり,ホントどうしようもありません.年齢が年齢なので,あまり気にせずまた挑戦したいと思います.
Commented by shingen1948 at 2011-09-24 18:14
薬王寺の谷山から東の山に行くのには、思ったよりも急な下り坂なので、羽山駆けに適していたのでしょうね。このことを、登山の練習に使っている方と出会った事があります。

個人的には、この山の魅力は子供の頃の冒険心を思い出させることかなと思っています。この山を案内する方は、車道とか公園とかに目が行くようで、その案内とのズレで何度か戸惑いました。
今のこの山の状態は、自然を恐れぬ人間の愚かさで山を汚す人間の罰あたりの愚かさを象徴している状況だと思っています。
by shingen1948 | 2010-03-18 05:24 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(4)