地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 半沢氏の「歴史地図」をもとに土湯温泉辺りをウロチョロと散歩したのは、2007年秋頃だ。この散策をもとにして、今回和算について得た情報を加えてみる。

 まずは、確実な情報から。
 寛政3年8月に、和算家渡辺治右衛門一氏が土湯薬師堂に奉納した算額が復元されているという。 この算額が薬師堂に掲げられているとのことだ。
 この薬師堂については、「土湯温泉と高湯温泉③:薬師様(2007/9/24)」として整理しているが、確認してみるとこのことにふれていない。
 https://kazenoshin.exblog.jp/6211819/

 その復元された算額の写真を確認すると、末尾の「寛政三辛亥八月 最上流会田算左衛門安明門人 渡邊治右衛門一 印」の後に、次のような復元された趣旨が記されている。

 「原額は渡邊治右衛門一が故郷の薬師堂に奉納したもので時に二十五歳。当時薬師堂は土湯温泉発祥の名湯、中の湯の地に祀られていたが、度重なる洪水のために流出して幾星霜、昭和四十九年現在地に再興するに至る。奉納者の百五十回忌に当たり復元して懸額する。
昭和六十三年十月七日
         土湯薬師堂算額復元保存会
                  謹書 法井八夫」

 なお、「二本松市史」に記される算額の内容は、先に記した佐久間文庫などの記録をもとにしているとのことだ。

 散策時に整理した「薬師こけし堂の由来説明板」の解説と照らし合わせると、当時の薬師堂は、現湯本下の町の共同浴場「中の湯」辺りに鎮座していたということのようだ。
 御堂が流亡するのは大正2年8月27日の水害とのことなので、この原算額消失はこの時点でないのかなと想像される。
[PR]
# by shingen1948 | 2018-10-22 11:16 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 旧旧ニ本松街道近くで、和算家渡辺治右衛門の墓という標識を見つけたことがあった。
 「土湯探索余談(2007/9/29)」の記事でそのことについてふれたが、この方が、今回整理している二本松藩士最上流二伝渡辺一氏だ。
 https://kazenoshin.exblog.jp/6236962/
 この時には、その渡辺一の墓のある墓地らしいことまでは分かったのだが、渡辺一の墓そのものは分からないという事で、そのままになっていた。

 二本松市史の情報から、このことにかかわりそうな情報を確認しておく。

 まずは、二本松藩士最上流二伝渡辺一氏と土湯村との関りについての確認。
 氏は、保5年(1785)に土湯村の湯舎会津屋で生を受けている。
 そして、ここで、湯治に来ていたと思われる須永通屋(埼玉県)という方から和算を学んだとのことだ。これが19歳の時というから文化1年(1804)年頃だろうか。

 最上流の祖となる会田安明氏との出会いもここらしい。会田安明氏が、山形から江戸に戻る途中に、土湯に立ち寄ったとのことだ。この頃には、渡辺氏の名も奥羽だけでなく江戸にも知られるようになっていたとされる。
 ここで、渡辺氏の出題した問題を、会田氏は思ったよりも簡単な方法で解いてしまったという。それに感服した渡辺氏は、彼の弟子になるべく江戸に出たとのことだ。そして、最初の門人になったとのことだ。
 23歳の頃とのことなので、文化5年(1808)頃ということになるだろうか。

 この会田氏との出会いの話は土湯の散策資料にもあったのだが、そのままにしていた。その確からしさが伝説に近い話なのだろう思ったからだ。
 しかし、市史によれば、この事は渡辺氏の著書に書かれている事なのだそうだ。

 この後、氏は江戸に登るが、やがて土湯に戻る。
 この頃には、度々二本松に出て和算を教えていたようだが、文政2年(1819)には、二本松藩に召抱えられる。

 ここからが、渡辺一の墓があるらしい墓地とのかかわりも意識した情報の確認だ。
 氏は、二本松藩に召抱えられこの時に、嫡男を土湯に残し、後に二本松藩武衛流砲術家となり家禄を継ぐ二男未分氏を連れて着任したとのことだった。
 ならば、土湯の渡辺家を嫡男が継いでいるはずで、渡辺一氏の墓が土湯にある可能性はあるということだ。
 氏は天保10年(1839)72歳で亡くなるようだ。墓碑を探すなら、その法名もヒントになりそうだが、それが東嶽院不朽算額居士とのこと。
 ただ、二本松の情報では法輪寺墓地に墓碑があるということだが、こちらもあり得る情報だ。
[PR]
# by shingen1948 | 2018-10-21 09:58 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 「日本古典作者事典」に「息子未文は砲術家、孫の孫市は武衛流砲術師範」とあったことの情報確認の続きだ。
 「孫の孫市は武衛流砲術師範」の部分だが、この孫市氏は、嫡男渡辺貫氏を指しているようだ。
 この方も武衛流砲術師範とのことだが、二男の木村貫治氏も家禄65石の武衛流砲術師範のようだ。この方は木村左司馬次章氏の養子とのことだ。
 「二本松市史」では、「郡山市大槻町『安斎家文書』」を元に「幕末の二本松藩砲術の実態」を記述するのだが、天保14年(1843)5月17日に実施されたこの方が22歳の時に行われた砲術披露の様子が記されている。

 ここまでたどると、先に整理した「二本松少年隊の悲劇」の話と繋がるようだ。
 この「二本松少年隊の悲劇」の話では木村銃太郎さんが有名だが、この方の父親が木村左司馬次章氏の養子になられた最上流和算家渡辺治右衛門(東岳)の孫である貫治氏という事だ。

 先に「大河ドラマ視聴「八重の桜」~第24話「二本松少年隊の悲劇」で、それまでに整理した二本松の戊辰戦争関係の記事を概観している。
 https://kazenoshin.exblog.jp/17970618/
 その中の「大壇口古戦場を訪ねる」が、木村銃太郎さんかかわりだ。
 https://kazenoshin.exblog.jp/5755201/
 
 他の戦いの記述にも「武衛流砲術」が登場する。これも、最上流和算家渡辺治右衛門(東岳)の子未分氏の流れをくむ二本松藩砲術ということで繋がるということだ。
 また、「大河ドラマ視聴「八重の桜」~第24話「二本松少年隊の悲劇」②」で、木村門下生とあるのは、木村貫治氏の門弟ということになる。
 https://kazenoshin.exblog.jp/17976158/
[PR]
# by shingen1948 | 2018-10-19 10:05 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 前回は、「十文字岳温泉」引湯工事の引き湯設計が、二本松藩士最上流二伝渡辺一氏の仕事であることの情報確認をした。
 今度は、「日本古典作者事典」に「息子未文は砲術家、孫の孫市は武衛流砲術師範」とあったことの情報を確認する。

 「二本松市史」の「幕末の二本松藩砲術の実態」の前項で、他の武芸よりも砲術が足軽芸として一段低く見られていた風潮が解説される。更に、その本項に入って、二本松藩の伝統的な砲術について解説された後、幕末に新たな流派が加わったとして次のように解説される。
 「二本松砲術師範として、さらに文政年間「武衛流」が加わることになる。文政2年(1819)、二本松藩は最上流和算家渡辺治右衛門(東岳)を召抱える。治右衛門の子未分は江戸に登り、武衛流砲術の渡辺次左衛門の門に入り、奥義を極め師範代となり、帰藩後は砲術方として教授を始めたと見てよい」

 「息子未文は砲術家」であることの確認としてこちらの解説を引いたが、興味深いのは、和算と砲術の関係についての紹介だ。
 この時代、一流の和算家の多くはすでに弾道学や爆圧力の計算をてがけていたといわれているそうだ。渡辺治右衛門氏も、砲術修業の功をなした息子に算法書各所から必要事項を抜抄して「砲器製作算法」と名付けて与えたとある。
 未分氏の深い砲術力学の知識は、砲術の師から未分氏に砲筒の割合、筒圧、筒玉などを相談する書簡が残っているという事などで確認できるとのことだ。この知見の深まりには、和算家渡辺治右衛門氏のおかげもあっただろうことが伺える。

 ここまででは分かりづらいのは、家系的な繋がりだ。結論的には、「治右衛門の子未分」とされる未分氏は、治右衛門氏の二男のようだ。
 それが分かるのは、次のような事情説明だ。
 
 砲術の師から未分氏への相談の書簡など二本松藩の幕末の砲術に関する資料が残るのは、「郡山市大槻町『安斎家文書』」とのことだ。
 何故この安斎家にそれが残るのかということだが、大槻下町名主となる安斎太郎右衛門氏は、安斎家に婿入りした未分氏の兄の子なのだそうだ。
 つまり、文政2年(1819)に最上流和算家渡辺治右衛門(東岳)が二本松藩に召抱えられ時に、嫡男を土湯に残し、二男未分氏を連れて着任したということだ。その二男未分氏が家禄を継いだ二本松藩武衛流砲術家ということのようだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2018-10-18 10:39 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)