人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 先に、このアルバムの(A―1)「バイブレーション(love celebration)」が元々はリンダ・キャリエールという女性シンガーに提供されたものだったらしい事についてふれた。確認を進めると、(B―4)「待っててティク・ミー(Laid Back Mad or Mellow)」も同じ経緯の曲であるようだ。この事情についてもう少し詳しく記す。

 19770代の後半に、YMOの一員としても有名だという細野晴臣氏が海外の女性アーティストをプロデュースしてデビューさせようという計画したという。この時にアメリカのオーディションで選ばれた女性アーティスト がLINDA CARRIERE(リンダ・キャリエール) なのだとか。
 このデビューにあたって、細野氏が4曲、吉田達郎氏が2曲、吉田美奈子氏が2曲、佐藤博氏・矢野顕子氏が1曲ずつ楽曲を提供したのだそうだ。そして、その作詞については全曲ともニューヨーク・タイムスの記者であるJAMES RAGAN が担当したのだという。
 
 この時の演奏memberの情報をいろいろ確認して重ねてみると、以下のような豪華なメンバーが浮かび上がるようだ。
 pianoが坂本隆一氏、drumsが林立夫氏、bassが細野晴臣氏、keyboardsが佐藤博氏、guitar、percussion、Solina Vibeが山下達郎氏、saxが村岡健氏、guitarが鈴木茂氏、dramsが村上秀一氏、bassが高水健二氏、guitarがこのアルバムのColgenBand memberでもある松木恒秀氏、Percussionもこのアルバムのmemberの一人浜口茂外氏、chorusが山下達郎&吉田美奈子氏。
 そして、曲提供の一人として、今回整理している「Laid Back Mad or Mellow」の矢野顕子氏がかかわっているという事。

 ところが、1977年にこの企画自体がボツになり、リンダさんのデビュー取りやめになるとともに、楽曲もお蔵入りとなってしまったのだとか。
 そのお蔵入りになったLINDA CARRIERE(リンダ・キャリエール)氏が歌う両方の曲とも、確認することができる。

 そのお蔵入りになった事情についてだが、専門家と称する方々やかかわった方々がいろいろと説明する情報を見る。ただ、素人目には、よい企画と売れる企画は別物と見た方が分かりやすい。
 日本のいろいろな分野の優れた楽曲を翻訳に長けたアメリカの方が作詞し、それに合う歌い手を発掘して製作されたものが、当時の英語圏の中でスムーズに受け入れられるものかどうかということでの挫折ではなかったかと思うが、どうだろうか。
 このアルバムの最初の「バイブレーション(love celebration)」と、最後の「待っててティク・ミー(Laid Back Mad or Mellow)」は、その時の優れた楽曲ということでの採用なのだろうと思う。

 この見え方で出来事を眺めてみると、優れた企画楽曲であるのに日本で受け入れがたいハードルとなるのは全曲が英語翻訳ということになる。それで、このアルバムは、全曲が安井かずみ氏による日本語の作詞でないのかなという素人の見え方はどうだろうか。

 なお、矢野顕子氏はこの曲を「ト・キ・メ・キ」に「TWO ON THE STAGE」として収録しているようで、これも確認できる。

 英語にも疎いので題も確認しておく。
 Laid Backは、直訳では「後ろによりかかった」という意らしいが、くつろぎに近い意味でカジュアルな表現として使われるらしい。
 Mad or Mellowの意とあわせると、その姿勢でいるのは、怒っているの、それとも、リラックスしているのという位の直訳の意だろうか。
# by shingen1948 | 2019-10-15 09:18 | ☆ 懐メロ聴取記録 | Comments(0)
 (B―1)「TOKYO SPECIAL」を整理する辺りから、聴取の中心はB面だ。
 確認を進めていくと、それまでの聴取は制作者側の思い入れを感受していなかったことが分かる。 
 特にB面についてはその傾向が顕著だ。

 さて、そのB面の三番目の曲を確認する。
 この(B―3)「ティク・ミー」の曲も、鈴木宏昌氏が率いるColgen Bandが演奏している。
 氏はこのアルバム全体の編曲者であり、全曲Colgen Bandが演奏を担当しているのだから、当然といえば当然なのだが、見方によっては特別のようにも見える。
 というのは、この曲は鈴木宏昌氏の作曲なのだ。

 自らの曲を自らが率いるBandで演奏し、笠井紀美子氏がボーカルで参加しているというふうに捉えて聴くこともできると思うのだ。
 他の曲の演奏は、このアルバムの笠井紀美子氏の歌を支えるための演奏だが、ここでは鈴木宏昌氏率いるColgen Bandが主役になっているという捉え方だ。
 そうすると、Colgen Band演奏の中のボーカルを聴くという聴き方になる。

 鈴木宏昌氏率いるColgen Bandのmemberを確認する。
 Keyboard : 鈴木宏昌
 Guitar   : 松木恒秀
Bass    : 岡沢章
Dram   : 市原康
Tenor&sopranosax: 山口真文
Parcussions: 穴井忠臣

 この後、Bandは、The・Playersになるようだが、そのmemberを確認すると、Dram市原康氏が渡嘉敷 雄一氏に代わるだけで、大きく変化はなさそうだ。
 あえてその大きな違いを探すと、Colgen Bandが吉田美奈子・山下達郎・坂本龍一・日野皓正・渡辺貞夫らのサポートであるback・bandであるのに対して、The・Playersはインスト(install mental band)であるという事らしいのだ。
 この曲は、そのThe・Playersを聴くという聴き方で聴いてもよさそうに思うが、どうだろうか。
 
 なお、ここで岡沢章氏のBassがよく分からないので確認したら、エレキベースギターのバリエーションの一つである5弦baseを使用しているという事らしい。
# by shingen1948 | 2019-10-13 08:19 | ☆ 懐メロ聴取記録 | Comments(0)
 前回は、MANHATTAN SPECIALと置き換えてTOKYO SPECIALの曲にかかわる事を探った。今回もSequoia Forestと置き換えて、木もれ陽の曲にかかわる事を探る。
 そのSequoia ForestのSequoiaはセコイアという高さ100mにもなる大高木のようだ。そして、Forestが、鳥獣が住む自然界の広い森を意味するようだ。つまり、人工的な林ではなく自然林ということで、原生林を意味するらしい。
 確認してみて分かった事だが、アメリカに詳しければ、セコイアは西海岸の海岸山脈に自生し、そういった森は公園になっていることは常識らしい。その中の一つ、世界で一番大きな木があるという「セコイア国立公園」の旅行記を眺めて、その雰囲気を想像した。

 その上で、またもや中村照夫氏の以下の演奏情報を介して、森士郎氏のSequoia Forestという曲を確認する。

 「Teruo Nakamura Quartet :"Sequoia Forrest(Original Number)"」
 丸の内でのライブで、森士郎氏の作曲で中村照夫とThe Rising Sun Bandのオリジナルナンバーと解説される。森士郎氏もguitar奏者として参加しているようだ。

 前曲同様、安井かずみ氏(けめこさん)が作詞することにともない、これを「木もれ陽」としたのだろうと推測できる。
 この確認後は、このSequoia Forestのイメージも重ねて「木もれ陽」を聴いているが、それまでは単に「木もれ陽」ということからのイメージだけで聴いていたわけだ。
 しかし、安井氏をはじめこの曲にかかわっている制作側の方々は、このSequoia Forestは常識としていらっしゃるはずだ。その意味で、この曲に少しは近づけたという事かなと思う。

 なお、森士郎氏の経歴で、鈴木良雄氏ともかかわりあったことが記されていたが、その鈴木氏との以下の演奏活動も確認できた。
 「Blues For Edith from "VA DA DU?" by Yoshio "Chin" Suzuki & Shiro Mori」
 
 鈴木良雄氏bass、森士郎氏guitarのミルト・ジャクソンとの事。
# by shingen1948 | 2019-10-11 10:31 | ☆ 懐メロ聴取記録 | Comments(0)
 このB面の最初の曲が、アルバムのタイトル「TOKYO SPECIAL」に係っている。自分の感覚ではB面は裏面という感覚があるが、その感覚ではない見え方がよさそうだ。

 A面の5曲のから続いて6曲目の曲とみれば、真ん中ということになるのかな。その見え方だと、この2曲前に日野皓正氏のtrumpetをspecial guest soloistに向かえ、1曲挟んで再び日野皓正氏の演奏になるということでもある。
 A面のスタートを「バイブレーション(love celebration)」でスタートし、B面の最初をこの「TOKYO SPECIAL」で飾るという見え方もできそうだが、その真意は分からない。

 この作曲者は森士郎氏とあるが、この曲を「TOKYO SPECIAL」として探すと、このアルバムの情報しか確認できない。一度「MANHATTAN SPECIAL」と置き換えて探ることで、その関連性が見えてくる。

 森士郎氏のホームぺージで、その経歴を探ると、次のような紹介になっている。

 19歳でアメリカに渡り、ボストンのバークリー音楽大学を卒業。その後、1975年から1979年にかけて中村照夫&ザ・ライジングサンにギタリスト・作曲家として参加する。「RISING SUN」「MANHATTAN SPECIAL」の2枚のアルバムを発表しニューヨークでプロとして活躍を開始する」とある。
 ここにある「MANHATTAN SPECIAL」が、「TOKYO SPECIAL」なのだろうと思う。

 氏が所属していたというTeruo Nakamura Rising Sun Bandの「Manhattan Special(1978)」が確認できる。それを聴くと、この曲で間違いないことが分かる。
 安井かずみ氏(けめこさん)が作詞することにともない「TOKYO SPECIAL」としたのだろうと推測できる。
 MANHATTANという都会的なイメージのモダンさの雰囲気を、TOKYOに置き換えるという和訳なのだろうと思うが、どうだろうか。

 ここでは、森士郎氏はギタリスト・作曲家として紹介されているが、「70年代熱い時代にボストン・バークリーにいた方」が紹介される映像ではpianistとしての演奏活動が確認できる。
# by shingen1948 | 2019-10-10 10:32 | ☆ 懐メロ聴取記録 | Comments(0)