地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:福島の鉱山 ( 12 ) タグの人気記事


 「散策覚書「松川鉱山仲ノ内の変電所」跡⑦」では、地図上に描いた水路とのかかわりから古天神地内の精錬場跡を推定してみている。
 http://kazenoshin.exblog.jp/23812599/
a0087378_5531379.jpg この写真は、その鉱石の集積地を予測した宿地の☆印辺りの水路を西側から眺めたところだ。
 現地では、鉱石を砕く水車小屋を想像するには細いなと思ったのだが、家に戻って確かめると、この位の水路で充分機能する水車設置は可能らしいことが分かった。
 いろいろな水車の写真を確認してみると、水車の幅程度しかない水路に設置された水車小屋の風景も結構多い。水量や地形に合わせた設置の工夫や、水路の太さを改変して勢いを調整したりすることができるらしいのだ。

 先の推理では、製錬場自体はもう少し東側に予測しているのだが、これは地名に引きずられているところがある。というのは、この辺りの地名がまだ宿地なのだ。古天神はこの写真に写る民家付近からなのだ。それで、古天神地内になるように精錬場跡を予測したところだった。
 しかし、現地では、この辺りが精錬場跡であってもおかしくないなという感じになっている。

 精錬場跡あたりがこの辺りとすれば、松川鉱山からここまで通路南側に12ポンドのレールが敷かれていたという情報が重なる。そのレール上の1t積みの鉱車を馬が曳いて鉱石は運搬されていたとのことだ。そして、ここから松川駅までは荷馬車で運ばれていったという。
 
 この時代、八丁目宿は鉱石を運ぶ荷馬車の往来が激しかっただろうし、鉱山関係者や運搬車で結構賑わっていたのだろうことも想像される。
[PR]
by shingen1948 | 2017-08-12 09:51 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 今回の松川散策では、奥州街道の境川から八丁目宿の南端である八丁目村から天明根村あたりを概観したいと思った。それと共に「松川鉱山」の散策の続きで、人々が搗鉱場と呼んだ自家精錬場跡も探ってみたいとの思いもあって、そちらも散策している。

 この「自家精錬場跡」が古天神地内にあったという精錬場だ。
 こちらの精錬場は、先に散策した松川鉱山の最盛期である宝鉱業(株)経営の精錬場以前の橋本組経営時代の精錬場だ。
 「松川のあゆみ」によれば、明治初期に三角氏が嘗て稼働していた松川鉱山では、その廃坑から金を採取する事業が細々と継続されていたという。それを、大正初めに橋本組が本格的に再開発したという。その時代の製錬所だ。
 この当時の松川鉱山も結構活況を呈していたとのことだ。
 大正3年時点で、約2300tの精鉱が産出されていたとのことだ。山神社のお祭りには花火が打ち上げられ、出店が並んで多くの人々で賑わったとのことだった。

 この鉱山では、主として日立製錬場に売鉱していたとのことだが、良質鉱の一部は、まだ金と銀が分離されない青金という状態まで自家製錬して売却していたとのことだった。
 今回の散策は、その自家精錬場跡を探る試みだ。

 手掛かりとなるのが、古天神地内の水路だ。
 というのは、その精練場では水力を利用して石臼に良質鉱を入れてスタンプで鉱石を搗(つ)き砕いて、水銀アマルガムによる方法で精錬していたようなのだ。
 少なくともこの自家精錬場跡には、鉱石を搗き砕く水車を回すための水路があったはずなのだ。

 これが、その古天神地内に入る水路の現況だ。
a0087378_3551025.jpg

 「奥州街道:八丁目天満宮情報から⑦」でふれたように、この水路の右側の民家前に墓碑が並んでいる。
 http://kazenoshin.exblog.jp/237312646/
 そして、この水路が横切る道筋の先の左手には「散策覚書「松川鉱山仲ノ内の変電所」跡⑧」で整理した「社掌渡邉伊佐美碑」が建っているという状況だ。
 http://kazenoshin.exblog.jp/23815576/
 それで、「奥州街道:八丁目天満宮情報から⑦」では、この同じ場所を「八丁目天満宮情報」とみて、ここは明治以降神社の神官としてかかわった多宝院がかかわる処なのか、あるいは八丁目天満宮の旧地がかかわる場所と整理したところだ。
 この事を、自家精錬場跡を探るという観点から見つめ直せば、当時流れていた水路と大きな変化はなさそうだということでもあると思えたということでもある。

 
[PR]
by shingen1948 | 2017-08-11 09:51 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 今回はtukaさんから頂いた「仲ノ内の変電所」情報を確かめに来たことを整理してきた。
 その散策の中心は、瑞宝鉱業時代の松川鉱山を意識しての散策であり、「仲ノ内の変電所」を確認した後は、「製錬所の廃墟の跡」や「山神社」を意識しながら付近を散策した。

 ここに来るのに、奥州街道八丁目宿から「奥洲八丁目天満宮」脇の道筋を通って来たのだが、確認を進めるとこの道筋が橋本組時代の松川鉱山とかかわっているらしいということのようだった。
 まずは、この道筋が、松川鉱山から古天神まで通路南側に12ポンドのレールが敷かれた道筋であり、ここを馬に曳かせた1t積みの鉱車が通っていたのだろうと想像した。
 そして、「古天神」には、搗鉱場と呼ばれていた自家精錬場があったのだろうという想像を膨らませたところだった。

 この道筋の「竹ノ内」集落の神社境内に、「西郷の夫婦桜」の案内板が建っていた。
 多分、この北側が「古天神」の搗鉱場にかかわる水路の取水口あたりのはずだ。
a0087378_10232346.jpg 写っている桜は、夫婦桜のうち女「シダレザクラ」の方のようだ。
 高さ約11m、幹回りは約5.3m、根本周6.2mが案内されている。
 近くに男「エドヒガンザクラ」があったようだ。高さ約12.5m、2本に分かれた幹は太いもので約3.5m、根本周4.4mが案内されている。
 推定樹齢は750年から800年と推定が案内されるが、別資料で約600年の解説もみる。平成22年3月に県の緑の文化財に登録されているようだ。
 案内板では、文治5(1189)年の源頼朝の奥州征伐の際、宿地千軒として栄えた大集落を焼き払った成果として神社境内にサクラを植えたとされる伝承を中心に解説される。

 ここでは案内されないが、天正年間(1573~1592年)に伊達政宗が仙台の榴岡公園に植樹するため、江戸から運んだサクラの苗木を途中の宿場町で分け与えたとの説もあるようだ。
 先に八丁目城を散策した時に、その付近が城下町になる前は、門前町だったのではないかとの想像から諏訪神社に立ち寄って「八丁目城① 八丁目宿の諏訪神社」として整理した。
 http://kazenoshin.exblog.jp/7167126/

 ここでの桜の案内に、分け与えられた3本のうち1本がここに植えられて、ほかの一本が竹之内の狐水稲荷の桜と伝えられているとのことだった。それが、ここの桜ということになるはずだ。
 ここでの樹齢は伝承に合わせて400年という事だった。

 今頃が見ごろかな。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-18 10:24 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 松川鉱山のシンボルである山神社のお祭りには、花火が打ち上げられ、出店が並んだとのことだが、この時に八丁目の天満宮付近も賑わったのではないかと想像しているが、今のところ確認はできていない。

 その八丁目の天満宮だが、地図には「奥洲八丁目天満宮」と仰々しい名称が記されるのだが、「松川のあゆみ」以外、その沿革を記すものを見ない。
 ここでは、八丁目出身で安永7年(1778)に真浄院で寂した「忍憧律師」がかかわると紹介される。
 この「忍憧律師」が、大宰府の筑紫天満宮に籠り、その飛梅の分木を頂き、当地に送ったのだとか。
 また、天満宮の本地仏として安置されていた「十一面観音」は、安永7年(1778)に師慧海に願い出て与えられたと紹介される。この安永7年(1778)は、先の「忍憧律師」が亡くなられた年であり、師慧海が、師+「慧海」なのか「師慧海」なのかは分からない。

 ここでは、願い出て与えられたという主語にあたる方が紹介されていない。
 「幕末の八丁目家主一欄」を見ると、天満宮の隣に大巌屋を挟んで八丁目村名主渡邉権左衛門明屋敷がみえる。半沢氏の「歴史地図」では、この方が八丁目村検断名主兼帯渡邉権左衛門と紹介されている。
 それで、この方が願い出た代表者なのではないのかなと想像するが、どうだろうか。

 なお、天満宮の本地仏として「十一面観音」が安置されていたことについては、これは当時の一般的な神仏習合の形だと思う。これが、明治維新政府による宗教改革とされる神仏分離の政策を受け容れて西光寺に移されたようだ。はじめは般若堂に移されたとのことだが、後に本堂に安置されたのだという。
 また、「幕末の八丁目家主一欄」には、八丁目村分には、盛光院と多宝院が記されているが、今はない。廃寺になっているようだ。この時の廃仏毀釈政策とかかわるのだろうか。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-17 10:41 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 自家精錬場跡地を推定したところの道を挟んだ◇印を付した付近に、懐かしさを感じる消火栓がある。その脇に、勢至、金毘羅、足尾山等々の石塔が並んでいる。
a0087378_1394152.jpg 今回気になったのが、右端の社掌渡邉伊佐美碑だ。

 その「社掌」だが、これは旧制の神職の称号らしい。
 府県社や郷社にあっては社司が1人いて、その下に若干名の社掌が置かれることになるようだが、村社以下無格社にあっては、この社掌が一切の社務を司ることになるらしい。

 神社がかかわるということで、思いつく近くの神社は八丁目天満宮だ。
 この神社の管理についての現況は知らないが、少なくとも昭和初期には、ここの一切の社務を司る「社掌」がいらっしゃったのではないかと想像してもよさそうに思えたのだ。

 それなら、その方が、鉱山にかかわる山神社の祭祀の任を委託される状況になるとも思うのだ。
 橋本組の松川鉱山も活況を呈していて、山神社のお祭りには花火が打ち上げられ、出店が並んで多くの人々で賑わったとのことだったが、その山神社も八丁目の天満宮の「社掌」が兼務していたのではないかとの想像だ。

 ならば、山神社の祭には、八丁目の天満宮付近も出店が並んで多くの人々で賑わったとも思えるのだが、今のところ確認はできていない。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-15 13:15 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 当時の「古天神」付近の水路を想像で、漠然とこの辺りに自家精錬場があったのかなという見当がついたが、ここからは空想になる。

 現在の様子から、自家精錬場があった位置を具体的に想像する。
 自家精錬場跡地が耕地に戻ることはないだろうとの仮説で「古天神」付近の水路脇を探せば、〇印の辺りとその左手の宿地の☆印付近から〇印まで間しかない。奥州八丁目天満宮の裏の☆印部分も雰囲気的に似ているが、ここは「八丁目」かもしれない。
 図示してみると、こんな感じの想像だ。
a0087378_531261.png 〇印の位置を搗鉱場として、「松川のあゆみ」の紹介と照らし合わせてみる。

 ここから「松川駅までは荷馬車で運んだ」というのが茶色の線で示した「八丁目宿」のメイン通りの道筋とすれば、奥州八丁目天満宮の裏の☆印付近に鉱石の集積場があってもよさそうに思える。
 「松川鉱山からこの古天神までは、通路南側に12ポンドのレールを敷き、1t積みの鉱車を馬に曳かせて運搬していた」という道筋候補としては、奥州八丁目天満宮脇に抜ける道筋が有力になるかな。
 こちらの道筋を中心に想像を膨らませると「宿地」の☆印に鉱石の集積場があってもよさそうに思えてくる。

 搗鉱場跡の位置の仮説から膨らむ想像はこの辺りまでかなと思うが、今回の散策で◇印の位置にあった石塔群の中に「社掌碑」をみつけた。
 次回は、このことから関連する空想を膨らませてみる。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-14 09:29 | 福島の鉱山 | Comments(0)
a0087378_6202286.png 「松川のあゆみ」の「旧松川町字切図」を参考に、、現在の地区名をヒントに字界を推定し、当時の「古天神」付近の水路を想像してみたのがこの図だ。

 人々が搗鉱場と呼んだ自家精錬場が、この古天神地内に設備されていたということだ。
 水力を利用し、石臼に良質鉱を入れてスタンプで鉱石を搗(つ)き砕いたとのことで、水車利用を想像する。また、水銀アマルガムによる方法を用いての精錬ということでもあったとのことだ。
 いずれにしても、水路が重要な役割を担っているのだと思う。

 地図を確かめると、現況の水路は、もっと直線的に整備されているようだが、水路の道筋としてはそれ程の変更ではなさそうだ。ただ、航空写真などで確認すると、水車利用で鉱石を搗(つ)き砕くほどの勢いや水量を感じない。

 よそ道に逸れるが、「旧松川町字切図」では水原川が西光寺の南側を流れているのが分かる。寺の北側を流れる現在の川筋が改良されたもののようだ。
 「旧奥州街道:日本柳宿から八丁目宿まで」でふれた明治18年に架けられたというメガネ橋の位置に納得する。
 http://kazenoshin.exblog.jp/5865241/
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-13 09:19 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 今回の散策は、松川鉱山最盛期の繁栄のなごりとして残る製錬所のために設置されたと思われる仲の内変電所の確認が主目的だった。
 ただ、頭の片隅には、その途中で、古天神地内の精錬場跡の痕跡も探れないものかという思いもあった。
 「古天神地内の精錬場」というのは、瑞宝鉱業(株)の手に移る前の「製錬所」のことだ。

 「松川のあゆみ」によると、昭和3年に瑞宝鉱業(株)の手に移ってからの松川鉱山が最盛期の繁栄を遂げるとのことだが、松川鉱山は、この前もそれなりに繁栄はしていたとのことだ。それが瑞宝鉱業(株)の手に移ることになるのは、第一次世界大戦後の不況とのかかわりという。

 瑞宝鉱業(株)前の鉱山は橋本組によって経営されていたとのことだ。
 明治初期に、三角氏が嘗て稼働していた松川鉱山の廃坑から金を採取する事業が細々と行われていたという。
 それを、大正初めに本格的に鉱山を再開発したのが橋本組とのことだ。大正3年には約2300tの精鉱が産出されていたという。
 この当時の松川鉱山も活況を呈していて、山神社のお祭りには花火が打ち上げられ、出店が並んで多くの人々で賑わったとのことだった。

 この鉱山では、主として日立製錬場に売鉱していたとのことだが、良質鉱の一部は、まだ金と銀が分離されない青金という状態まで自家製錬して売却していたとのことだった。
 その自家精錬場が古天神地内に設備されていたということだ。
 水力を利用して石臼に良質鉱を入れてスタンプで鉱石を搗(つ)き砕き、水銀アマルガムによる方法を用いていたとのことだった。
 人々は、この工場を搗鉱場と呼んでいたという。
 そして、先に記したように、松川鉱山からこの古天神までは、通路南側に12ポンドのレールを敷き、1t積みの鉱車を馬に曳かせて運搬していたとのことだ。
 ここから松川駅までは荷馬車で運んだという。

 直ぐに分かるのは、古天神から松川駅まで荷馬車で鉱石を運んだという道筋が八丁目宿から松川駅までの道筋だが、その他はなかなか想像しにくい。
 この辺り、現況では整備が進んでいるので、このままで当時を想像するのは難しい。それで、水路に着目して資料を見直してみていたのだ。
 「松川のあゆみ」から「福島の鉱山22~信夫地方の鉱山『松川鉱山』④」で「旧松川町字切図」をお借りしたところだが、この図に主な道筋と川と水路が記されている。
 http://kazenoshin.exblog.jp/22979661/
 これが、当時の川や水路の様子を表していると思うのだ。それで、現在の地区名をヒントに字界を推定し、当時の水路の様子を想像してみていたのだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-12 10:19 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 「松川のあゆみ」では、松川鉱山最盛期の繁栄のなごりとして残る現在も残る遺跡として、製錬所の廃墟の跡・六本松と仲の内変電所・山神社が紹介される。
 そのうちの製錬所の廃墟の跡・仲の内変電所を確認してきた。
 この中の六本松変電所については今のところ全く分からないのだが、山神社については、このあたりらしいという想像はついてきている。

 先に「福島の鉱山25~信夫地方の鉱山「松川鉱山」⑦」で「山神社」の位置を想像している。
 http://kazenoshin.exblog.jp/22995240/
 ここで「もともと山神社は、小金塚から関根に越える山道のそばに祀ってあった。高さ約80㎝ぐらいの凝灰岩質の石の祠であった」と表現した「小金塚から関根に越える山道」というのが、今回確認している「関根から鉱山のある峠を越える道筋」のことだ。
 前回、昭和50年のカラーの航空写真で、この道筋から左に「製錬所の廃墟の跡」へ向かう道筋が確認できることを記したが、そこから少し進んだところの北斜面上に整備された平地が確認できる。 ここが、地図の神社記号の位置と一致するようなのだ。(前回整理時には見逃している)

 「松川のあゆみ」に紹介される現在残っている山神社の表現を確認すると、「瑞宝鉱業時代、平石氏が山腹に立派な山神社を新築し、道端にあった石の祠を遷宮してお祭りした」とある。その山腹に遷宮したとの表現とも矛盾しない。
 なお、「松川のあゆみ」では、道筋にあった時代の石の祠について、破風に下り藤の紋が刻まれることから、蒲生氏経営時代の建立と想像しているらしいことを再掲しておく。

※ 今回整理の「散策覚書「松川鉱山仲ノ内の変電所」跡②」で、「『信夫鉱山』は、硫黄鉱山の事のようだ」としたが、これは誤りなので、訂正する。
 この鉱山は、小池鉱山の西に金山の地名がある辺りの鉱山で、大正2年に探鉱されたらしい。ただ、詳細は不明とのことらしい。
 先に整理した「信夫地方の鉱山『松川鉱山』」でも、同じ誤りをしている。自分に思い込みがあるのかもしれない。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-09 17:47 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 「松川のあゆみ」によれば、松川鉱山の最盛期は昭和9年から昭和14年頃で、従業員数500余人を数え、社宅も設立されたという。その職種は主として坑内夫、製錬夫、雑役夫、選鉱婦なそうだ。
 当時の採鉱設備は、手掘りからコンプレッサーによる削岩機に移り、掘削作業が一段と発展していたのだという。坑内採掘は、排水ポンプ等の設備導入で水準以下の採掘が可能となり、山神竪坑では地下200mに達したのだそうだ。

 その繁栄のなごりの遺跡として現在も残るのは、製錬所の廃墟の跡、六本松と仲の内変電所、それに山神社なそうだ。そのうちの今回の確認のメインは、仲の内変電所の確認だが、その変電所は製錬所とのかかわりでつくられたものだ。
 この製錬場は、1500屯の処理能力のある青化製錬場だったそうで、ここには分析所も併設されていて、化学的に純金と純銀とに分析することが可能になっていたのだそうだ。
毎月金が20㎏、銀が400㎏産出されていたといい、国内でも重要な鉱山になっていたということだった。
 その製錬所の廃墟の跡も残るという。

 航空写真などで確かめると、その「製錬所の廃墟の跡」へ向かう道筋は、「小金塚から峠を越えて関根に向かう道筋」から左手に入っていくことが分かる。
 実際にその道筋の山際まで進んでみた。
 航空写真でみた感じでは、この辺りから左手にその「製錬所の廃墟の跡」が見えるかもしれないと思ったが、木々に覆われて何も見えなかった。
a0087378_17583385.jpg 航空写真で見ると「小金塚から峠を越えて関根に向かう道筋」は整備されているように映るのだが、実際にはこのような山道だ。
 今までならもうちょっと先まで進んでみただろうが、ここで引き返す。
 無理して藪漕ぎをするつもりがないのは、熊や猪の出没のニュースが多かったせいではなく、その元気がなくなっているのだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-08 17:59 | Comments(0)