地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
 今回の散策でよく見てきたかったのは「薬師堂」だ。その主たる理由は小笠原國太郎氏とのかかわりだが、医王寺の奥の院としての「薬師堂」の雰囲気を感じたかった。

 その事ことについては、「亀岡邸の大工棟梁は小笠原國太郎⑧:福島の建築(12の2)」の中に記している。ただ、この記事の「薬師堂」の写真は、自分の撮った写真ではない。その写真を入れ替えたいということで、今回の散策の趣旨はこの時と変わらない。
 http://kazenoshin.exblog.jp/23443238/
a0087378_7145114.jpg そもそも医王寺の「医王」というのは、辞書的には、医師が病人を救うように、仏法を説いて人の悩みをいやすところから、仏・菩薩のことを意味するとのこと。薬師如来の異称という意味もあるようだ。(デジタル大辞泉)
 その「薬師如来」を確認すると、その正式名は「薬師瑠璃光如来」といい、また「医王善逝」・「大医王仏」とも呼ばれ、きわめて現世的な病気を治す功徳のある仏としているようだ。

 これらの予備知識を頭において、改めて「医王寺」を確認する。
 ここは、「真言宗の寺院で、山号は瑠璃光山。中世初期に信夫郡を支配した佐藤氏の菩提寺」とのことだ。
 その山号が、「瑠璃光山」とのことで、この薬師如来にかかわった号であることをイメージさせる。
 つまり、この「瑠璃光山」という山号は、「大鳥城記」がいう医王寺「奥の院薬師堂」ということと、「平野の伝承とくらし」がいう「鯖野薬師堂」の「薬師瑠璃光如来が鎮座する地」とかかわっているということなのではないかと、勝手に想像する。

 この医王寺本堂には本尊として大日如来が祀られているそうだが、この「薬師瑠璃光如来」も寺にとって重要な仏様なのではないかという事だ。

 そういう視点から、明治37年(1904)に焼失した「奥の院薬師堂」を、大正4年(1915)12月に竜和和尚が大勧進となり再建されるという事業は、その本来的な意味とかかわっているのではないかというという見え方だ。

 なお、帰り際に、主たる目的である小笠原國太郎氏と医王寺のかかわりを頭において、案内所でいくつか訊ねてみた。
 まずは、医王寺本堂の大改修があったかどうかということ。それに大正4年(1915)の「奥の院薬師堂」再建の大工さんにかかわる情報をお持ちかということ。
 そのどちらも回答いただけなかったので、次に大工さんのかかわりを確認する方法はないかどうかも訊ねてみた。こちらの回答も得られなかった。
 医王寺と小笠原國太郎氏とのかかわり確認という意味では今回も空振りだったが、散策としての満足感はあった。
[PR]
by shingen1948 | 2017-06-23 09:09 | ★ 季節便り | Comments(0)
 寛文4年(1664)信夫郡と伊達郡が上杉領から天領となった時点で、後ろ盾が弱まったことが想像できる。
 「奥の細道臨地研究資料(福島県教育センター)」では、芭蕉が訪れたという元禄2年(1689)には、医王寺はわびしい古寺でしかない景色になっていたのではないかと想像していることと符合する。

 そんな中、「亀岡邸の大工棟梁は小笠原國太郎⑦:福島の建築(12の2)」で整理したように、この寺は何度も火災に遭っては再建されるということを繰り返しているようだ。
 「大鳥城記」によると、現在の立派な本堂や庫裏は、文化2年(1805)に建てられたものと推定されているようだ。
 http://kazenoshin.exblog.jp/23441079/

 その本堂の右側に位牌殿がある。
a0087378_614520.jpg ここに佐藤一族の位牌が安置されているという。その両脇に、昭和37年に作成された右に継信の妻「若桜」と左に忠信の妻「楓」の武将の装いをした像がたっている。

 「平野の伝承とくらし」に、「奥の細道」の平野地区にかかわる本文を児童向けに現代の文に直したものがある。
 その医王寺の部分は次のように訳されている。
 「また、直ぐそばの古寺には、佐藤庄治一族の石碑が残っていました。中でも二人の嫁(継信・忠信の妻)のしるしはあわれな話です。女ではあるが、かいがいしいふるまいにまた涙を流しました。
 寺に入ってお茶を飲むとここに義経の太刀・弁慶の背負った笈があり、寺の宝としています。
 笈も太刀も五月にかざれ帋幟(かみのぼり)」

 しかし、「奥の細道臨地研究資料(福島県教育センター)」によると、ここにはいくつかのフィクションがあるという。
 その一つは、「曽良日記」と照らし合わせると、芭蕉一行は寺に立ち寄っていないのではないかという。
 寺に入ってお茶を飲んだり、寺の宝を観たりはしていないのではないかと想像されるらしい。
 その二は、他の医王寺を訪れた方の記録や「曽良日記」からは、この時代の医王寺には「二人の嫁(継信・忠信の妻)のしるし」の存在が確認できないという。
 「曽良日記」からは、宮城県白石市の甲冑堂に立ち寄ったことが分かる事と、ここには当時2人の像があったらしいことが伺えるという。
 このことから、「奥の細道」本文ではここの像を医王寺の場面に挿入したフィクションだろうとされているようだ。

 「奥の細道」のフィクションの世界が、あたかも現実にあった世界かのように感じられるように環境が整備されている。

 なお、その甲冑堂に散策で立ち寄った事については、先に「斉川宿③~甲冑堂」と「斉川宿④~坂上田村麻呂伝説と共存する甲冑堂」で整理している。
 〇 「斉川宿③~甲冑堂」
 http://kazenoshin.exblog.jp/8341623/
 〇 「斉川宿④~坂上田村麻呂伝説と共存する甲冑堂」
 http://kazenoshin.exblog.jp/8346063/
[PR]
by shingen1948 | 2017-06-22 09:57 | ★ 季節便り | Comments(0)
 先に確認したように、今年になって散歩で医王寺へ出かけたのは2017/4/27のようだ。
 地元の散策資料では「医王寺」についての確認をしているが、もうちょっと引いてwebで確認してみる。
a0087378_948459.jpg ウィキペディアでは「真言宗の寺院で、山号は瑠璃光山。中性初期に信夫郡を支配した佐藤氏の菩提寺」と紹介され、地元の紹介と変わりない。その沿革についても、ほぼ地元の資料で確認できることだが、その中興にかかわる紹介の一部は、地元の資料ではふれられていない。
 それが、(寺の縁起によれば)「寛永期に福島真浄院の快翁が『重興す』と記されている」という部分だ。「増補 大日本地名辞書 奥羽【富山房(1988年)】」を参考文献に挙げている。

 まだ確認していなかったが、別資料で上杉時代医王寺は信達惣奉行 平林蔵人によって 寺領30石が寄与されているという情報はみていた。この情報と重なるような気がしている。
 というのは、快翁は福島真浄院を慶長5年(1600)に中興開基するのだが、この方は、米沢藩の平林正恒氏の弟ということのようなのだ。
 この平林正恒氏が、信達惣奉行 平林蔵人氏だ。

 平林正恒氏を確認すると、次のような経歴のようだ。
 元々は武田氏家臣で、信濃国の平林城城主を勤めていたが、天正10年(1582)に武田氏が滅亡すると、上杉景勝に250石で仕えるようになる。
 その後、直江兼続に算勘を認められて1000石を給される。慶長3年(1598)の上杉景勝の会津移封によって白河小峰城(5360石)に移り、慶長6年(1601)には福島城二の丸に入り、伊達・信夫両郡の奉行となる。
 慶長13年(1608)には春日元忠の後を継いで郡代と奉行を兼ねた執政となり、直江の下で藩政諸般を統括した。

 上杉氏が会津から米沢に移封後も、信夫郡と伊達郡が上杉氏の所領の時代は続いている。それは、信夫郡と伊達郡が江戸幕府に召し上げられて一時的な天領となる上杉綱憲家督相続時(1664)まで続く。
 福島真浄院の快翁が重興したとする寛永(1624~1645)時代は、信夫郡も伊達郡も上杉氏所領の時代だ。
 まだ確認はできていないが、矛盾はなさそうではある。
[PR]
by shingen1948 | 2017-06-21 09:50 | ★ 季節便り | Comments(0)
 現農業総合センター果樹研究所内となる福島県生活改善展示実験室は、小字下原で、その北面の道筋が、その小字下原と小字田下との字界道になっている。
 その小字田下と小字北原と続く集落と接する小字下ノ壇、上ノ原、中原との字界道を進む。

 その道筋が、小字道添との字界まで進むと、医王寺前から「医王寺が案内される小字道添と字界道に出て、ここから医王寺まではお馴染みの道筋を進むことになる。
 この道筋は、先に「飯坂古道探索道草「奥の細道」~五郎兵衛館跡から医王寺」として整理した道筋だ。
 http://kazenoshin.exblog.jp/5544425/
 ただ、この時には、芭蕉は星の宮から河岸段丘の道筋をたどってきたという説が頭にあって、その河岸段丘から続く道筋というイメージで整理している。
 しかし、地図を眺めてみると、この道筋東の六角から平野地区でいわれる瀬上道のすぐ北から続く道筋だ。しかも、医王寺付近は細長く小字道添に接している。古道と称されてはいないようだが、字界の古い道筋のような気がする。
a0087378_924079.jpg 2007年5月7日に「飯坂古道探索道草「奥の細道」~五郎兵衛館跡から医王寺」として整理した時点では、この道筋を進むとお地蔵様に突き当たった。
 ここを右折して医王寺に辿り着くのだが、この突き当たった道筋が、飯坂古道の西街道の道筋だ。


a0087378_925677.jpg この飯坂古道の西街道と交わる地点を、西街道側から2012年5月14日に撮った写真を見ると、お地蔵さまがなくなっている。


a0087378_9261055.jpg
 これは、その角を2017年4月27日に医王寺駅方面から撮った写真だ。
 
 どうでもいいことだが、この地点のほぼ10年間の定点変化。
[PR]
by shingen1948 | 2017-06-20 09:28 | ★ 季節便り | Comments(0)
 写真を確認したら、散歩で医王寺へ出かけたのは2017/4/27のようだ。
 いつもなら飯坂古道を中心に散策をしながら医王寺を目指すのだが、この時はわざとその東側の道筋を進んでみた。何か別な見え方をするかもしれないという期待感だ。
 この道筋、果樹試験場の裏側の道筋になるのだが、その角の建物の表札が「福島県生活改善展示実験室」となっている。


家に戻って、その仰々しい「福島県生活改善展示実験室」なるものを検索してみたら、「福島教育情報データベース「ふくしまの動画」の「民友ニュース No.24」に、「脱皮する農村」その5として紹介されていた。
http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db/mov/20037.024/20037.024.00001.html

a0087378_6163422.jpg この県の生活改善の展示実験室というのは、理想的農家の模型や合理化した台所などのモデル展示場ということのようだ。
 「因習と頑迷を打ち破って、合理的な明るい豊かな農村へ、今県下の農家は大きな転換を始めています」と解説される。

 小さい頃、農村だけでなく、地方の都市化が進んだ地域でも、冠婚葬祭や日常生活の因習と頑迷を打ち破ることで、明るい近代的な生活を目指すと称して、冠婚葬祭にかかわる簡素化、合理化を図ための行政的な取り組みがあったことを思い出す。

 この時代、確かに生活の重荷になっていた因習と頑迷を打ち破る成果はあったように思う。その一方で、合理化とか簡素化、能率化といった価値では測れない心の豊かさにかかわる祭とか、集落の集いといったものも失われていく時代だったという印象もある。
 農村風景としては、藁ぶき屋根にトタンを被せた農家が一般的になったという印象を持つ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-06-19 09:15 | ★ 季節便り | Comments(0)
 結局、医王寺の建設工事と小笠原國太郎氏とのかかわりは確認できなかった。
a0087378_644086.jpg ただ、その確認の中で自分の視点が薬師堂に向けられた時、医王寺についての自分の偏った見え方に気づいた。それは、「奥の院薬師堂」についての思い入れを感じながら、理解できていないこととかかわる。
 (手持ちの写真は家族が写りこんでいるので、この「奥の院薬師堂」の写真は、福島市の観光のページからお借りした)

 医王寺と言えば、中世初期に信夫郡を支配した佐藤氏の菩提寺だとか、境内には佐藤基治とその子佐藤継信と佐藤忠信の墓とされる板碑が残るとか、後年、奥の細道の松尾芭蕉が訪れたというイメージしか持ち合わせていないということにかかわる見え方しかなかった。
 多分、解説する人にとっては常識的な見え方なのであえて説明しなかった知識を、自分には持ち合わせていなかったということなのだと思う。

 そもそも医王寺の「医王」というのは、辞書的には、医師が病人を救うように、仏法を説いて人の悩みをいやすところから、仏・菩薩のことを意味するとのこと。薬師如来の異称という意味もあるようだ。(デジタル大辞泉)

 その「薬師如来」を確認すると、その正式名は「薬師瑠璃光如来」といい、また「医王善逝」・「大医王仏」とも呼ばれ、きわめて現世的な病気を治す功徳のある仏としているようだ。

 これらの予備知識を頭において、改めて「医王寺」を確認すると、「真言宗の寺院で、山号は瑠璃光山。中世初期に信夫郡を支配した佐藤氏の菩提寺」とある。
 その山号までも瑠璃光山ということで、薬師如来にかかわっているということだ。
 つまり、この「瑠璃光山」という山号と、「大鳥城記」がいう「奥の院薬師堂」、「平野の伝承とくらし」がいう「鯖野薬師堂」の薬師瑠璃光如来が鎮座する地とかかわるということなのではないのだろうか。

 医王寺本堂には本尊として大日如来が祀られているそうだが、確認していくと、この「薬師瑠璃光如来」が重要な仏様らしいということだ。
 そういう視点を加えることで、明治37年(1904)に焼失した「奥の院薬師堂」を、大正4年(1915)12月に竜和和尚が大勧進となり再建されるという事業が、本来的な意味を持つ見え方で眺められるようになったのだと思ってる。
 次の機会には、この「奥の院薬師堂」をよく見てきたいなと思っている。
[PR]
by shingen1948 | 2016-12-05 09:43 | ◎ 福島の建築 | Comments(0)
 飯坂温泉の「なかむらや旅館」「旧花水館奥御殿」が、小笠原國太郎氏の仕事らしいという事で整理してきた。
 他に「医王寺本堂」の建築も氏の仕事との紹介がある。しかし、手持ちの散歩資料からは本堂の明治時代改修が読み取れないでいる。
a0087378_851511.jpg 「大鳥城記」では、確かにこの寺は何度も火災に遭っているようで、そのたびに再建を繰り返していることは読み取れる。元禄7年、享和3年、文化2年等の本堂や客殿の建立は、古文書で確認できるという。これらは、火災による焼失だろうと想像されるようだ。
 ただ、現在の本堂や庫裏は、文化2年に建てられたものと推定されているようだ。この建物の改修が明治時代に行われたということなのだろうか。

 この寺の明治から大正にかけての気になる改修がある。
 大正4年(1915)に行われたといわれる薬師堂の改修だ。
 明治37年(1904)に「奥の院薬師堂」が焼失し、大正4年(1915)12月に再建されたことが記される。しかも、「竜和和尚が大勧進となり再建した」との表現で、大きな仕事であったことが想像される。
 こちらなら、年代的にはあいそうに思う。

「平野の伝承とくらし」では、「大鳥城記」で「奥の院薬師堂」と紹介される薬師堂を「鯖野薬師堂」と称して、次のように解説される。
 この薬師堂は、佐藤基治がいたく薬師仏を信仰して、弘法大師の御作といわれる薬師仏の尊像と、玄心僧都の献上した薬師仏の尊像とを鯖野の里に御堂を建て併安し、これを鯖野薬師と称したのである。医王寺の門を入ると老杉が立ち並ぶ古い参道をまっすぐに進むと、杉森の中にこの御堂がある。 基治が建てた御堂は結構の贅美をつくした実に立派な御堂であったが、明治36年火災に罹り、さしも壮麗な御堂が烏有に帰してしまったのである。それから久しく再建できないでいたが、大正4年12月竜譲和尚が大勧進となり、非常な苦心努力を払って再建したのが今の御堂である。
 
 今のところ、福島側からの散歩情報では曖昧なままで、確認がとれていない。
[PR]
by shingen1948 | 2016-12-04 08:52 | ◎ 福島の建築 | Comments(0)
 芭蕉が飯坂を飯塚としたことについて、芭蕉が「飯坂」と書くべきところを「飯塚」と誤ったとする一般的な考えを前提に話を進めてきた。
 しかし、これを誤りではないとする説もあるようだ。
 「旅あるき『奥の細道』を読む(麻生磯次)【明治書院】」では、「飯塚」でも誤りではないという説を紹介している。
 飯野氏は「基礎研究」で、伊達政宗の「飯塚温泉入湯記(伊達文書)」の例をあげ、横沢氏は「芭蕉講座紀行編」で、「伊達家治家記録」天正17年4月28日の条に「飯塚より温泉を汲寄せ浴せらる」とあるのを例としている。
 思うに、古い時代には、その辺りを広く飯塚村といったものではないだろうか。現在は「飯塚」の名は、平野村(今は飯坂町に合併)の大字平塚の小字としてわずか名残りをとどめているにすぎないが、もとは飯塚村と称したらしく、現在の飯坂温泉あたりまでもその名で呼ばれたのであろうか。
とし、芭蕉の頃、飯坂温泉は「飯坂」と呼ばれていたのは、「曽良日記」からも明らかだが、時には飯坂・飯塚両様に呼ばれた可能性と、芭蕉の好みから古く飯塚といわれたことをもとに旧い呼び名を用いた可能性を想像しているようだ。
a0087378_951195.jpg 「平田舘」を整理した頃には、散歩の感覚から「瀬上―下飯坂―高梨―飯塚六角―星の宮」のコース取りに不自然さを感じていたので、この説に積極的に賛同しただろうと思う。
 http://kazenoshin.exblog.jp/13680821/
 ただ、コース取りの不自然さを感じるのは「飯塚六角→星の宮」の部分が大きかったようにも思う。「曽良氏は入江野村中村氏をメモってる」とすれば、この辺りで「瀬上道」とするそのまま進行する道筋での想像であり、不自然さは薄まる。

 これを読む人にとっては揺らぎと感じるだろうが、整理する立場では、いろいろなコース取りができて、想像が膨らむということでもあると思っている。
[PR]
by shingen1948 | 2016-08-30 10:58 | ◎ 芭蕉の足跡 | Comments(0)
 何度もこの辺りを散歩したものにとっては、医王寺に向かうのには「福島―岡部渡しー山口(信夫文知摺)―瀬上―上高梨―高石仏板碑群の脇道」まで古道の筋道に沿ってきて、ここから河岸段丘縁を経由して「星の宮」に向かうというのが自然のように思う。山形道の道標に突き当たる道筋でもいい。
 しかし、「奥の細道臨地研究(県教育センター)」資料では、「瀬上―下飯坂―高梨―飯塚六角―星の宮―五郎兵衛館(上飯坂)―鯖野―医王寺」のコース取りがいいとする。「奥の細道」を文学的に考察する方々には、このコース取りを想定することが多いように思う。
 その根拠になるのが、芭蕉が飯坂を飯塚に聞き誤っていることだ。
 この聞き誤りにはそれなりの理由があるはずだとする。少なくとも、「イイズカ」の地名を耳にする可能性があるのは「飯塚六角」を経由することだということだ。
a0087378_10244037.jpg 「曽良氏は入江野村中村氏をメモってる」ことが、このこととかかわるのかもしれないと思ったのだ。
 もしかかわるのだとすると、本来的に目指す道筋は、この辺りで「瀬上道」とする道筋ではないのかなと想像する。飯塚村から鯖野村と入江野村の村界に沿った道筋だ。
 この道筋にスムーズに入り、入江野村中村氏に出会えていたのなら、この道筋とクロスして飯坂に向かう西街道に入り、その道筋を進めば医王寺に辿り着く。しかし、「飯塚の里鯖野と聞て尋ね尋ね行に」ということであり、入江野村中村氏に出会った様子もなさそうだ。
 それなら、飯塚村からの道筋の途中から鯖野村側に逸れて進んで、どこからか西街道の道筋に入って医王寺に辿り着いたのではないのかなと勝手な想像を膨らませている。
 そうすると、こんな行程想像はどうだろうか。

 「飯塚六角」までは「奥の細道臨地研究(県教育センター)」資料④の通りだが、ここから星の宮へ向かうのではない。そのまま西に進んで「瀬上道」に入るのだ。飯塚村の中心地を左手に経由し、石堂へ南下する道筋辺りで混乱するというのはどうだろうか。ここをそのまま西進して鯖野村に入ってしまうのだ。道筋から外れるとすると、この辺りでないのかなと思うのだ。
 ここから尋ね尋ねて西街道の道筋に出会う。その道筋をたどって、無事医王寺に着いたというコース取りの想像だ。
 こんな想像が可能だと思うのだが、どうだろうか。
[PR]
by shingen1948 | 2016-08-29 10:29 | ◎ 芭蕉の足跡 | Comments(0)
 芭蕉一行が信夫の里に入るのは5月1日だ。
 翌5月2日、福島宿で朝を迎えた一行は、「岡部の渡し」で阿武隈川を越え文知摺観音を尋ねる。そこから、「月の輪の渡し」で再び阿武隈川を船で渡り、瀬上宿を横切り鯖野の里に向かう。
 その行程について、「奥の細道」本文では「飯塚の里鯖野と聞て尋ね尋ね行に、丸山と云に尋あたる。是、庄司が旧館也」とする。
 芭蕉一行は、信夫の里からの道中、人に道を聞きながら大鳥城跡の丸山(館山)に行って、その足で麓の医王寺を訪ねたことになる。
 曽良氏の「随行日記」では、「瀬ノ上ヨリ佐場野(鯖野)ヘ行。佐藤庄司ノ寺有」を記す。

 今回整理したいのは、「曽良氏は入江野村中村氏をメモってる」ことが、この瀬上宿を横切り鯖野の里へ入る具体的な道筋推定にかかわる可能性について想像することだ。
 この道筋の定説については、先に散策で整理しているところだが、簡単に整理し直す。

 「奥の細道臨地研究(県教育センター)」資料によれば、古地図や古石碑等をもとにすると次の4つとそのバリエーションが想定されるとのことだ。
 ①瀬上―下飯坂―小川―上飯坂―鯖野―医王寺
 ②瀬上―下飯坂―高梨―平田―鯖野―医王寺
 ③瀬上―下飯坂―高梨―小川―上飯坂―鯖野―医王寺
 ④瀬上―下飯坂―高梨―飯塚六角―星の宮―五郎兵衛館(上飯坂)―鯖野―医王寺

 要は、古道の道筋のどこから小川の河岸段丘の道筋に入るかということだが、参考にさせていただいている地域の散策資料の多くは「瀬上―下飯坂―高梨」までは古道の道筋をたどり、そこから先が微妙に違うのだが、その後「星の宮」を経由して五郎兵衛館(上飯坂)―鯖野―医王寺へ至るという道筋を想定しているように思う。
 このことに詳しい平野地区の古山氏が、児童用に解説する資料では、「福島―岡部渡しー山口(信夫文知摺)―瀬上―上高梨―平田―平塚―鯖野(医王寺)―丸山(舘の山・大鳥城跡)―飯坂温泉(泊)」とする。そのうちの「平田―平塚―鯖野(医王寺)」が平野地区内だと強調する。
a0087378_9573595.jpg 「平塚」とあるのは、先の④でいう「飯塚六角」のことかなと思いきや、その図示されたものを確認すれば、「上高梨」からこの高石仏板碑群の脇道を抜けて「八景」を経由して「星の宮」に向かうとしている。半沢氏の「歴史地図」も、ほぼ同じような道筋を想定しているようだ。
[PR]
by shingen1948 | 2016-08-28 09:59 | ◎ 芭蕉の足跡 | Comments(0)