地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

タグ:六角石 ( 2 ) タグの人気記事

 吾妻山を感じながら東屋沼神社へ向かう道筋を、西の六角石のある道筋にした。
a0087378_5375944.jpg
 その位置的は、「『西の六角石』」でも記録しておいたが、六角石の整理には、このページを使いたいので、もう一度確認しておく。
 この道筋は、地元の案内誌によると、大森街道筋で、籠内から舘の方に抜けて、この六角石の前を通るとある。字名に西六角が見える。


 この六角石のある地点は、堰が横切る地点だ。
a0087378_541628.jpg
 少し進むと道筋の東側に集落の墓地が残る。その道筋を南に進むと、八反田川を渡るのだが、これが茶畑橋で、付近に茶畑の字名が残る。何となく寺のイメージが浮かぶがよく分からない。

 この道筋は、地図をみただけだと高速道路で切れるように見える。しかし、散歩の中では、図示した砂利道につながっているように感じる。少なくとも、ここから団地に入れれるのはこの砂利道しかない。この道筋は、団地造成にも関わらず残ることを主張した道筋のように感じている。

a0087378_5584075.jpg
 その高速道路の南側からは、吾妻山が見えるが、高速道路をくぐると、震災で中断した清水とかかわる台山が、羽山よりは少しだけ奥山の感じで見えてくる。


 この道筋だが、先に整理した神社前の懐かしさを感じる風景に出合うのだが、そこから進んで、能面道路を横切り、次の団地内も住宅の間の脇道として残り続けている。
 この道筋は、その後、ヨークの裏道となって万世退路を横切った所で、再び道らしい道になる。その着きあたりで松川にぶつかるが、そこには歩道のみの橋が架かっていて、松川を渡ることができる。この道筋が、南沢又城の前を通る。

 この道筋が、地元の案内誌がいう大森街道筋かどうかは今のところ確認できないが、団地が造成されても、新しい街道筋ができても、しぶとく生き延びた感じのする道筋だなとは思う。
[PR]
by shingen1948 | 2012-01-12 06:02 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(3)
 先に、それまで見つけた六角石については、「奥の細道を探る⑤~六角石(宮代一丁田)」で概観している。これは、この「宮代一丁田の六角石」には六角石についての案内板が建っていたからだ。六角石についてはいろいろな解説をみるが、本当のところは分からない。
 宮代一丁田の六角石
 この碑は「笠塔婆」といわれる供養塔の一種で鎌倉時代に造られたものとされています。
かつて奥州平泉の藤原氏全盛の頃清衡公が中尊寺を中心に白河の関から外浜(青森)まで路すじに一町毎に「笠塔婆」を建立したと伝えられていますが、吾妻鏡によればその一つではないかといわれています。それと同じものと言われているものに宮代日枝神社境内や渡辺墓地の北さらに平野字六角の六角石などがあります。
 造られた当時の形は六角形の石柱の上部に細長い穴を六面に彫り六地蔵を安置し頂上に笠を置いた「笠塔婆型六地蔵」であったらしく通称六角石と言って伝えられてきました。しかし、造られた年代も不明であり同種のものも少ないため、確証が得られないままですが、近隣近郷の人や道行く人々は香華をたむけて無病息災旅の安全などを祈願したものと考えられ、俳聖芭蕉もこの塔の傍らを通ったものと思われます。

 この付近の六角石は、平野にある六角石、六角にある六角石、宮代日枝神社の六角石、渡辺墓地の六角石とある。
 その中の渡辺墓地の六角石は、自分にとっては幻の六角石でもあった。渡辺墓地付近に六角石があったことは確実らしいのだが、それがなかなかみつからなかったのだ。
a0087378_6214894.jpg
 その六角石をみつけた。
 実際にみつけたところは、瀬上から河岸段丘を下って飯坂に向かう道筋だ。

a0087378_623858.jpg
 なかなか見つからなかったのは、木の陰になって道筋からは見えにくかったためのようだ。

 この六角石、「渡辺墓地の六角石」とすると、河岸段丘上のイメージが強くなる。それよりは飯坂に下る道筋という感じだ。それに、地区名も下飯坂だ。
 「渡辺墓地の六角石」としていたのを、「下飯坂の六角石」と修正したい。

 この時点で、「平野にある六角石」の「東の六角石」は確認している記憶はあるが、「西の六角石」の確認はその後かもしれない。残念なのは、平野の東の六角石の上部がかけて、その脇に置かれた状態になっていることだ。興味深いのは、ここに掲げたこの付近の六角石は石質形状共に同質のものということだ。他でも六角石は見かけているが、同質のものではない。
[PR]
by shingen1948 | 2011-12-28 06:24 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(4)