地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
a0087378_184625100.jpg
 小浜城跡には、平成17年に訪れたことがある。その時に、伊達政宗が居城としたことがあることは分かっていたが、それだけだった。ところが、今回、玉井氏と伊達政宗の関係を確認してみると、その伊達政宗が居城していたということで、想像が深まっている。そこで、訪れた時の写真をもとに整理し直してみた。すると、実感を伴った想像力が働いてくることを感じた。
  歴史を、時代を追って認識していくという正統派の学び方は、専門に学問した人にとっては、整理されたてよいのだろうが、知識で追っていくのは、私のような素人にとっては難しい。自分の調べた事をもとに、それを広げていくことにって、点が線になり、それが広がって面になるというように、実感が伴ってくるのだ。このような認識の仕方が、素人にとっては豊かに想像できる認識になることが分かった。


 さて、小浜城の概要だが、説明板には、以下のように解説されていた。
 a0087378_18471494.jpg
 小浜城は、伊達政宗の会津侵攻の拠点として天正13年(1585年)か翌年にかけて居城したことで知られる。南方小浜川の谷を隔てて上館と呼ばれる宮森城があり、小浜城は下舘と呼ばれ、両城の間に集落があって、一体化構えであった。政宗在城中に父輝宗は宮森城にあって、二本松城主畠山義継によって有名な栗ノ須の変事が起こった。
 小浜城の成立は奥州探題の置かれた塩松(四本松)城の支城として、南北朝争乱来期に創築。室町時代には大内定綱の居城となっていた。政宗は白石若狭を城代とし、天正18年以降は若松城の支城として、蒲生氏が入った。
a0087378_18493816.jpg
 現在、城跡には、蒲生氏時代の石垣が残るほか、堀切、空堀が多くの曲輪跡が認められ、戦国末期の東北地方屈指の大城郭である。昭和56年に発掘調査がなされ、桁行四間奥行き八間の大型建物をはじめ5棟分のひさし付き建物の跡が見つかっている。左のイラストれーションは、この発掘成果と一連の調査の結果に基づき、日本城郭資料館長西ヶ谷恭弘氏が復元したものである。



a0087378_18475625.jpg
 更に、本丸に建っていた政庁の建物の予想図と城郭の予想図が示されてあった。
 ここを訪れた時、案内板で確認すると共に、本丸を確認した。撮影された写真は、本丸の石積みの近景と、やや山を下ったところから撮影した城郭の全体像である。

 整理しながら、伊達政宗を想像した。この城を中心に一万五千の兵力で畠山と対峙しているとき、葦名氏の動向の情報が入った。三万で、五百川近辺に迫ってきたというのだ。とりあえず、七千の兵力をここを中心に置いて二本松の畠山に対峙させるために残して、八千の兵力を従えて、白沢の岩角山を経由して本宮に向かう。
 その岩角山を通り本宮に向かうあたりから、先日までに確認したことと結びついていくという確認だ。


 説明の中には、塩松城が、奥州探題の城との記述がある。伊達家の家柄と重ね合わせてみる。
 
a0087378_18484494.jpg
 伊達家は、室町幕府から大名と認められている。奥州で認められているのは、葦名氏と伊達氏である。 
 伊達家は、源頼朝の奥州征伐のとき、伊達郡厚樫山の戦いで、佐藤荘司元春を破った功で、伊達郡を賜った。それで、16代輝宗まで足利将軍から諱名を拝領する慣わしがあったという由緒がある。また、14代・15代の稙宗、晴宗は、奥州探題に任じられて、居城を伊達郡から米沢に移していた。

 このことから、政宗の代になる前の様子の想像をも掻き立てる。
 政宗の祖父の時代から奥州探題ならば、塩松城は伊達家の配下ということになり、ここに勢力が及んでいたはずだ。自然、大内氏と対峙していたと推定できるのではないかと。
 更に、「人取り橋」の戦いで、玉井城を拠点に、500の兵と共に前線で戦った白石氏が、この城をまかされて、据えられていたことも読み取れる。

 本日の「福島民報」は、三百年以上の歴史を誇る伝統行事「白沢の岩角寺の大梵天祭」を報じていた。
[PR]
# by shingen1948 | 2007-01-04 18:52 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)
  一月というのに、今日は温かかった。今年初めて自転車に乗ってみた。 「風に乗って自転車で」というと格好いいが、実際は「風に乗ってママチャリで」神社に行ってみた。
a0087378_18164621.jpg  今年はちょっと自転車に拘ってみようと思っている。それは、昨年の安達太良登山で、歩くときに使う筋肉と、山に登るときに使う筋肉が違うことにきづいたからだ。
  今年の安達太良登山に苦労するとは考えていなかった。コースが初心者向きであることもあるが、もともと長時間歩く習慣があったからだ。歩くのは、散策が目的で、身体を鍛えるためではなかったが、それでも他の人よりは歩いていると思っていたのだ。
  ところが、登りはそれほど感じなかったのだが、山を下る時に、膝のあたりの筋肉に痛みが走り、その痛みが3日も取れなかったのだ。ショックだった。
 登り下りのために使う筋肉と平地を歩く筋肉が違うことを実感したのだ。それなら、できるだけ階段を使おうと思った。デパートに入ると、階段で上り下りすることを基本とした。しかし、実際には、デパートは散歩コースには不向きだ。
 そうこうしていたら、あるテレビ番組で、自転車に乗る健康法というのをやっていた。その番組を何気なく見ていたら、この筋肉の鍛え方は、登り坂の筋肉の使い方に似ていることに気づいたのだ。散策を自転車に変えればいいと思ったのだ。散歩よりもスピードがあって見逃す景色があることだが、何度も散歩で歩った道なら、スピードを変えて景色を見ることもいいかも知れないと思った。歩きの散策と組み合わせれば、距離の伸びも違っておもしろいかも知れないと思った。登山も考えれば、一石二鳥ではないかとの思いもあって、自転車にこだわるチャンスを考えていたのだ。
a0087378_18173962.jpg  今日、その事始めとして出かけてみたのである。

  神社は、もう三ケ日だというのに、入り口からお参りする人が並んでいるという混みようであった。
[PR]
# by shingen1948 | 2007-01-03 18:18 | ★ 季節便り | Comments(0)
<教育再生会議>「ゆとり」見直し明記へ 来月の中間報告に [ 12月29日 02時17分 ] Excite エキサイト : 政治ニュース
この記事には、二つの意味が込められている。一つは、確かに見直しの内容であるが、もう一つは、ここで提言する意味である。「ゆとり教育見直し明記」の見出しが、内容であり、副見出しの「首相の意向受け」が提言の意味である。
 内容の提言は、具体的には、以下の考えに対する批判である。
「ゆとり教育」が導入されたときの理念は、ただ授業数を減らすのではなく、詰め込み型の暗記教育から、議論する力や自主研究を通して課題を発見する力、そして芸術や技術を通した表現力などを重視する教育に変えたいということだったと思う。
理念的には、無尽蔵に増えていく「知識」を詰め込むだけの教育は限界がくる。知識を取捨選択し、それを活かすことができる能力を身につけるような教育にシフトしていかなければならないということだったような気がする。そのためには、主体的な意識や思考は不可欠であり、そういう能力を育てるのには、熟成を待つような教育観が必要である。だから、時間的余裕と総合学習的な学習の時間を確保する。

その変革の間にも、未履修問題で明らかになったように、一流といわれる高校を中心に、受験戦争を理由に、「知識」を詰め込むだけの教育は水面下では継続されていたのだ。
  このことの現在の状況は、方針違反については批判に晒されているものの、受験優先の考え方ができない進学校に同情する報道が多いのが現状ではないかと思う。
これは、改革推進中にも、学力低下が問題との知識が少なくなったという各界からの批判が後押ししている。この批判で方針の迷走が始まって、今回の提言となるという道筋が現状との認識をしている。

  提言の意味であるが、記事には、以下の二点について記述されている。
① 「基礎学力向上のため、学習指導要領を改める象徴的な意味がある。」(委員の1人)と明記を決めた。
② 運営委員会には下村博文副長官も出席。下村氏は事務局の再生会議相当室に対して、
「メッセージ性が弱い」との意向を伝えており、踏み込んだ提言を求めたとみられる。

これは、次年度の改定指導要領で、文科省が今進めている改定作業の中で、基礎学力向上の視点から、授業時数や指導内容を改定しているのだが、それを、再生会議が提言したからという錦の御旗で、堂々と授業時数や指導内容の変更をうたうことができるようにするという意味合いを持たせるということだと思っている。
  急いで変えた教育基本法には、具体的な改定の文言の陰になっているが、時の政府が教育に提言できるようにするねらいがあり、これとの関連を感じる。時の政府のイメージアップのため、「改革をアピールしたい」という政治家の都合の推定である。
  少なくも、昔のように教育というものには骨太のヴィジョンが必要で、良くも悪くも私意で左右されるようなものではないということではなくなった。政治活動のための手段としても活用できる分野になり、改善していくという地味な分野ではなく、改革というアピール性が重要な時代になったということを意味していると思っている。

<教育再生会議>「ゆとり」見直し明記へ 来月の中間報告に [ 12月29日 02時17分 ] 記事

政府の教育再生会議は28日、東京都内で運営委員会を開き、来年1月の第1次中間報告に「ゆとり教育の見直し」を明記することを確認した。大学の9月入学も、来年末の最終報告に向けた検討課題として明記する。いずれも21日公表した素案では見送ったが、同会議に「具体的な目標と検討課題」の提示を求める安倍晋三首相の意向を受けて明確化した。

 ゆとり教育の見直しは、学校教育の改革を協議する第1分科会が提唱。運営委は「基礎学力向上のため、学習指導要領を改める象徴的な意味がある」(委員の1人)と明記を決めた。文科省は来年度以降の指導要領の改訂に向けて作業を進めており、再生会議が授業時間や指導内容の充実を促す意味合いがある。

 大学の9月入学も、安倍晋三首相が9月の自民党総裁選で提唱した。自民党内に賛成意見があるほか、大学や大学院の国際競争を促す効果があると判断した。ただ、いじめなど反社会的行為を繰り返す児童・生徒への「出席停止」措置は、再生会議でも賛否が分かれていることを踏まえ、見送る可能性がある。

 運営委員会には下村博文官房副長官も出席。下村氏は事務局の再生会議担当室に対し「メッセージ性が弱い」との意向を伝えており、踏み込んだ提言を求めたとみられる。【平元英治]

[PR]
# by shingen1948 | 2007-01-03 06:34 | ☆ 教育話題 | Comments(0)
硫黄島からの手紙 | Excite エキサイトシネマ
例年なら、街に出ると一日は、元朝参りで、二日が初荷初売りとの感覚だが、実際に街に出てみたら、商店も初売りで賑わっていた。一日は映画の日でもあるなと思って確認したら、間違いなかった。「硫黄島からの手紙」が、15時40分からということなので、街でぶらつき、喫茶店で休んで時間を調整した。久しぶりに映画館で映画を観た。お年寄りが多く、「硫黄島からの手紙」は確かに正月映画らしくはないかもしれないとは思ったが、観た後の充実感は久しぶりだった。
 この映画は、クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』のうち、日本側から見た硫黄島の闘いを描いたものである。アメリカでつくられた映画ではあるが、全編日本を舞台に、日本語で展開する。
 物語は、1944年、陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立ったところから始まる。この時、日本兵は、場当たり的な作戦で疲労していた。アメリカ留学の経験のある栗林は、島のすみずみまで歩き、練りに練った作戦を立てた。     
 硫黄島に米国が来襲し、壮絶な闘いが長期に及ぶ。その闘いは厳しく、その残酷さに思わず目をそむけてしまうシーンも多い。しかし、戦争の悲惨さや残酷さをリアルに描いているのであって、そのことを直視する映画が少なかったことを改めて思い知らされる。
渡辺謙演じる栗林中将はじめ、西郷と彼をとりまく若者たちの人間模様を演じきっている。西郷が、むなしい戦争であることを知りながら、戦場でも自分を見失わないように懸命に生きる姿を、兵士が、やさしさゆえに挫折を味わう若者の姿等々を……。それぞれの人間性を感じ取れるように描かれている。これが、イーストウッド監督というアメリカ人の演出であるというのだから驚きだ。
 戦争兵士たちは何を思ったか。それは、出されることのなかった家族への手紙にしたためられていた…との暗示で幕が降りる。
 新年早々いい映画を観たという充実感に浸っている。
「硫黄島からの手紙」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
# by shingen1948 | 2007-01-02 15:53 | ☆ 映画話題と視聴記録 | Comments(0)