地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

早寝・早起き・朝ごはん

 早寝早起き朝ごはん運動が、国のレベルで推進されようとしている。生活の習慣については、本来個人的な問題であったはずだが、公的なレベルの問題に格上げされている。しかも、そのことに関して異議を唱える動きは弱いように思う。
 直接的ではないが、このことに関連するような記事が、福島民報に載った。それは、朝なかなかおきられない症状として現れるという「起立性調節障害」のことである。概要を以下のように受け止めた。

 日本小児心身医学会が9月9日までにつくった起立性調節障害の初の診療指針を作ったという。それによると、怠け癖や夜更かし、学校嫌いと誤解されやすく、指針は【根性だけでは治らない】と適切な診療を求めているいう。

 診断基準を以下のようにしたとのこと。
  ① 学校を休むと症状が軽くなる。
  ② 身体症状が再発・再燃を繰り返す。
  ③ 気にかかっていることを言われると悪化する。
  ④ 1日のうちで身体症状の程度が変化する。
  ⑤ 身体的訴えが二つ以上にわたる。
  ⑥ 日によって身体症状が次から次へと変化する。
 このうち4項目が週1~2回以上みられる場合、起立性調節障害と診断するとしたという。

 原因は、
 自律神経の働きが悪くなる、立ったときに体や脳への血流が低下して起き、精神ストレスも関与するという。

 この記事を読んで、「早寝・早起き・朝ごはん運動」を実際に推進する立場で指導をする人は大変だろうと同情したくなった。
 
 公的機関を通して、「早寝早起き」を指導するように言われ、実際に指導してみると、朝起きられない、全身がだるいと言われたら、医療的に素人の指導者は、どう指導するのが正しいのだろうか。

 怠けぐせや夜更かしはいけないよと指導せねばならない者もいるし、そんなことを気にするなと指導せねばならない者もいる。そして、相手には、これが一貫性のある指導態度であることも示さなければならない。

 どちらにするかを一人一人判断して、ある子には「あなたは無理しないでね」と声を掛け、ある子には「あなたは努力しなさい」、またある子には、「あなたは‥‥‥。」と対応することが求められるのだ。その上に、どうして相手によって指導を変える理由を、全員にわかるように説明もしなければならないということになりそうだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2006-09-23 04:45 | ☆ 教育話題 | Comments(0)
 橋げたが道路にかかっているのですが、川は流れていません。それどころか、向かえは、家の塀になっています。

 恐らく昔は川が流れていたのでしょう。川の道筋を変えて、川はなくなったのですが、橋げたを削り取る必要が無かったので、そのまま残っていたのでしょう。

 残念ながら、現在は拡張工事で道路が広くなり、それにともないこの景色は消えてしまいました。a0087378_4251237.jpg
[PR]
# by shingen1948 | 2006-09-22 04:25 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 飯坂電車が、福島駅から飯坂街道沿いに走っていたのに、ややしばらく離れていきます。ある地点から折れて、また、飯坂街道にそっていくことになります。

 電車に乗っていても、車で走っていても気づきませんが、飯坂街道を何度かあるいているうち気がつきました。

 平行に走っていた東北本線を横切らなければならないのです。 そのためには、すたこらと信夫山を登って、ある高さを確保して、横切ることが必要だったのです。a0087378_521239.gif
[PR]
# by shingen1948 | 2006-09-21 05:01 | ◎ 飯坂街道・古道 | Comments(0)
 9月19日付「毎日新聞」によると、2006.9.17に宮崎県延岡市で発生した竜巻は、海に面する延岡市緑ケ丘付近の住宅街で発生し、北西方向に進行。商店街のある市中心部を直撃後、山すそに広がる田園地帯の上空で消えたという。
 被害地域は距離6㎞幅150~200m。竜巻が駆け抜けた時間は15分間とのこと。

 宮崎県延岡市別府町の特急「にちりん9号」脱線横転は、この竜巻が原因とみられている。重量40トンの列車も、風速40数mで倒れる可能性があり、竜巻は急激な気圧低下を伴うので、より横転しやすくなるとも。

 この記事で、注目しているのは、東京工芸大の田村幸雄教授が指摘したという「竜巻発生が多い地域に、地上から雲の動きをとらえるレーダーを取り付け、10~20分前に発生を予測できる体制を整えるべきだ」とあることである。今回の日豊線の横転列車は、05年12月のJR羽越線脱線事故の列車と同じという。

 NHK「知るを楽しむ」の番組の失敗に学ぶ番組で、事故後、JRで線路沿いに風速計を設置したのに対して、畑村洋太郎氏は、線路上をいくら細かに観測する体制を整えようとしても限界があり、面として観測体制を整えて、予測態勢を作るべきだと指摘したが、今回の事故は、まさに氏が言った危機管理体制の必要性の証明のように思えるのだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2006-09-19 17:31 | ☆ 教育話題 | Comments(0)