地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
 先の地方紙の報道では、「遺族らの高齢化が進み、民間での慰霊祭は継続できず断念することになった」との報道だった。
 毎日新聞の地方版では、今後の在り方についても報じられていた。
 https://mainichi.jp/articles/20171013/ddl/k07/040/056000c
a0087378_6261524.jpg 市は関係者の要望を受け、市主催戦没者追悼式典の関連行事などとして存続させられないか検討中だとのことだ。ただ、追悼の在り方として、神式の式典の継続には課題があるとのことで、関係者と協議しているとのことだ。

 また、こちらの報道では、今まで慰霊祭を主催してきた顕彰会についても次のように紹介されている。
 顕彰会は元特攻隊員で戦後、この地で暮らした故八牧通泰さんが設立に尽力。2013年に通泰さんが死去してからは、妻の美喜子さんが事務局を取り仕切っていた。美喜子さんも昨年10月の慰霊祭直前に87歳で急逝した。

 この美喜子さんが急逝されたことについて「原町特攻の花八牧美紀子さん死去…戦没者慰霊に尽力」と報道されたことは、原町飛行場を確認している時に目にしていた。
 これを目にしていたから、今回の報道にも目にとまったということでもある。
 http://mainichi.jp/articles/20161013/k00/00m/040/124000c
 「原町特攻の花八牧美紀子さん死去…戦没者慰霊に尽力【毎日新聞(2016/10/13/福島版】」
 太平洋戦争末期、陸軍の原町飛行場(福島県南相馬市原町区)から飛び立つ特攻隊員を見送り、「原町特攻の花」と呼ばれた八牧(やまき)美喜子さん=同区上町3=が5日、87歳で亡くなった。10代のころ、実家の牛乳店を訪れた特攻隊員たちと交流を重ね、戦後は元隊員の夫と戦没者の慰霊に尽くす人生だった。
山形県生まれ。幼くして父を亡くし、南相馬で牛乳店を営む母の実家に移り住んだ。アイスクリームが人気で、飛行場で訓練を重ねる若い隊員が息抜きのため連日集まった。病弱だった美喜子さんは療養の傍ら、母と一緒に当時貴重だった砂糖で大福を作って振る舞ったり、得意の琴を演奏したりして、「みきちゃん」と家族同然に親しまれていた。1996年には、当時書き連ねた自身の日記を基に「いのち 戦時下の一少女の日記」(白帝社刊)を出版。死を覚悟して戦地へ飛び立った特攻隊員から届いた手紙も収録され、美喜子さんに淡い恋心を寄せながら南の海に散った若者への追慕の思いをつづった。
 71年夏には、夫通泰さん(2013年に死去)の奔走で市内に特攻隊員らの慰霊碑を建立。美喜子さんは、毎年10月に開く慰霊祭で世話役を務めながら、平和の尊さを語り続けてきた。
 親族によると、美喜子さんは5日午前、自宅でテレビの国会中継を見ている時に気分が悪くなり、病院で死亡が確認された。急性大動脈解離だった。
 死去の5日後には46回目となる慰霊祭が市内であり、鹿児島県知覧町(現南九州市)で「特攻の母」と呼ばれた故鳥浜トメさんの孫の赤羽(あかばね)潤さん(49)も6年ぶりに参加。「祖母が開いていた食堂で、多くの特攻隊員と交流があった母と全く同じ経験をされた方。お会いできるのを楽しみにしていたのに」と悼んだ。
 戦前から美喜子さんと交流があった南相馬市の森敏子さん(88)は「若い特攻隊員のマドンナ。白いマフラーを巻いた隊員を送り出した、あのつらい光景が私たちの青春時代でした」と語った。
 葬儀は13日午前、同市内で営まれる。【大塚卓也】


 ここで報じられている46回目の慰霊祭というのが、昨年の慰霊祭だ。今年の報道は、その関連性の中で報じられているという事のようだ。
 地元への密着度が高いと感じる。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-15 09:24 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)
 散策したり、散策した人の軌跡をたどったりするのには、見取り図から地図に落として、遺跡として残っているものを確かめる必要がある。
 その資料となるものを探したら、「街道web」の「福島県浜通りの飛行場跡1」として、「原町飛行場」のページに、それを見つけた。
 http://kaido.the-orj.org/air/hara.htm
a0087378_1417955.png  遺蹟として残るのは、その飛行場全体の東側である事が分かる。
 具体的には、正門の門柱・軍堺標・雲雀ケ原神社(航空神社)入口標柱・第1~3格納庫の地面・第4格納庫のコンクリート基礎と地面・第5格納庫の南北両側のコンクリート基礎等が残っている事が紹介される。
 更に、正門の門柱の様子が紹介されている。

「南相馬市博物館」のページには、この中の当時の正門の門柱の様子と第4格納庫のコンクリート基礎・雲雀ケ原神社(航空神社)入口標柱が写真で紹介されていた。
 更に、原町飛行場関係戦没者慰霊碑銅像の写真等も紹介される。
 https://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/24,26513,137,html

 これで原町飛行場と陣ケ崎公園墓地慰霊碑訪れたきたむら氏の散策は大体追えたのだが、陣ケ崎公園墓地慰霊碑の位置確認はできなかった。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-13 14:20 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)
 相馬野馬追のメイン会場なので、雲雀ヶ原には行ったことがある。しかし、その西に広がる平地が原町飛行場跡地であるということを知らなかった。
 きむら氏が訪れる記事を具体的にイメージすることができていなかったのだ。
 それで、原町飛行場についての確認だけはしていたのだ。ただ、散策予定がないので整理はしていなかったということだ。
a0087378_14145577.png 散策資料に紹介される原町飛行場の見取り図は、どれも青田信一氏が提供されるとした昭和15年当時の様子だ。
 これは「はらまち九条の会」会報紙からお借りした。

 武揚隊隊長の山本薫氏も、訓練兵として、この「学生舎」で生活していたのだろうと想像する。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-12 14:17 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)
 地方祇を眺めていたら、原町飛行場の最後慰霊祭の記事があった。

 先に「会津のわだつみ」長谷川信氏について「会津の『わたつみのこえ』を聞く」として整理し、その情報を元に、会津での長谷川信氏の情報を整理したところだった。
 原町飛行場は特攻隊がかかわる飛行場だが、長谷川信氏が直接かかわるわけではない。かかわるのは信氏が所属した武揚隊隊長の山本薫氏だ。

 「会津のわだつみ」長谷川信氏について整理している中で、会津でも「長谷川信少尉」の手記をもとに非戦平和を訴えてこられた信氏の菩提寺ご住職が亡くなられているという情報を耳にしていたところだった。会津でも信氏の話を元に非戦平和が意識される機会が減るだろうなと思っていた。
 こちらも、慰霊祭が無くなれば報道される機会はなくなるだろうから、忘却が進むのだろうと思う。

 きむらけん氏も「忘れられた特攻隊: 信州松本から宮崎新田原出撃を追って」脱稿後に原町飛行場と陣ケ崎公園墓地慰霊碑訪れているようだ。
 次のように整理されている。
 〇 下北沢X物語(3354)―旅での瞑想:原発と特攻―
 http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52052801.html#more
 〇 下北沢X物語(3356)―鉾田陸軍飛行学校原ノ町分教場へ―
 http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52052973.html
 〇 下北沢X物語(3357)―鉾田陸軍飛行学校原ノ町分教場へ2―
 http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52053056.html
 〇 下北沢X物語(3358)―機械と神・航空神社と鉄道神社―
 http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52053155.html

 「最後の慰霊祭 原町飛行場関係戦没者【福島民報(2017/10/11)】

 http://www.minpo.jp/news/detail/2017101145819
「 太平洋戦争中、南相馬市にあった原町飛行場で訓練し特攻隊などで亡くなった戦没者らを慰霊する「第47回原町飛行場関係戦没者334柱慰霊祭」は9日、同市原町区の陣ケ崎公園墓地慰霊碑前で行われた。遺族や関係者の高齢化で今回が最後の慰霊祭となる。全国から訪れた遺族や関係者が最後の慰霊祭を惜しみながら平和を願い、静かに玉串をささげた。
 同慰霊顕彰会の主催で、大東亜戦争原町関係戦没者465柱慰霊祭を兼ねている。約80人が参列した。同市鹿島区の伊勢大御神の森幸彦宮司が斎主を務め、八牧将彦顕彰会事務局長が「慰霊祭は今年度で最後になる。長期にわたるご支援ありがとうございました」とあいさつ。細田広南相馬市議会議長、衣笠陽雄特攻隊戦没者慰霊顕彰会専務理事、高野光二県議、佐藤則彦県隊友会南相馬支部長、大場盛子県遺族会副会長らが追悼の言葉を述べた。原町メンネル・コールのメンバーが鎮魂歌を献歌した。
 原町飛行場は1940(昭和15)年に開場し、戦時中多くのパイロットを育て、戦場に送り出した。飛行場を支援する住民との交流の思い出を胸にたくさんの特攻隊パイロットが飛び立っていったとされる。顕彰碑は原町飛行場で訓練を受け、戦後、南相馬市原町区に住んだ故・八牧通康氏らが中心となり1971年に建立した。毎年、顕彰会が主催して慰霊祭を実施してきたが、戦後72年を経て、遺族らの高齢化が進んだことなどで、民間としての慰霊祭の継続を断念することになった。
 特攻隊戦没者慰霊顕彰会の衣笠専務理事は「慰霊祭が継続できないのは残念。原町飛行場は特攻隊の歴史を語る上でも重要な場所であり、何らかの形で慰霊祭を復活されることを願っている」と話していた。」
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-11 17:17 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)