地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
 「明治学院百年史」がいう「信と同じ第一次「学徒出陣」組で特捜2期生だった力石丈夫(神奈川県在住)」氏と「下北沢X物語(3137)~終章:悲運のと号第31飛行隊~」が消息不明者として挙げる「力石文夫少尉 見習士官(特操2期)」は、同じ方ではないだろうか。
 一字違いで、しかも誤ってもおかしくない感じの違いなので、可能性は高いと思う。

 この方の情報を「明治学院百年史」から拾ってみる。
 まずは、「明治学院百年史」が発行された時点で生存者として紹介されている。
 次に、本土から台湾に向かう時に、無事に台湾についたことの記述が見える。
 4月12日信氏を含む第2陣が敵機と遭遇するのだが、その第1陣4機は、4月11日夕刻に出発していてる。その第一陣が「力石少尉を含む第1陣4機」と紹介されてる。従って、氏は無事台湾に着いている。戦後生存からは、出撃して不時着か、出撃それ自体ができなかったかは不明なのだろうと思う。

 もう一方、「明治学院百年史」の中村メモの「中村敏男(大分県在住)」氏は、信氏の上官で、台湾に向かう時の交戦で、右肩撃ち抜かれ左腕に盲貫、顔面に破片による裂創を負い戦闘不能となり、低空飛行で与那国島に向かい不時着された方だが、この方もこの冊子が発行された当時健在だったとされる方がいらっしゃる。
 この方が、「下北沢X物語(3137)~終章:悲運のと号第31飛行隊~」が消息不明者として挙げる「中村欣男少尉 幹部候補生」とは別人なのだろうか。
 この方も一字違いだが、力石のように誤ってもおかしくない感じとも言い難いところはあるが、可能性としてはあるなと思う。

 実は「Web東京荏原都市物語資料館」では、別の意図があって敢えて消息不明者を挙げているのではないのかなと思うところがある。
 例えば、「明治学院百年史」では台湾へ渡った機の数を13機としているのだが、武揚隊の出発前の宮崎神社祈願参拝者が13名である事まで確認している記事がある。他にも記事の隅々にからは「明治学院百年史」を十分に確認していることが読み取れるのだ。
 ということは、敢えて消息不明者を掲げることで、別の情報を得たいという意図があるように感じられなくもない。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-05-23 13:44 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)
 信氏の戦死は、公式記録では「4月12日与那国島北方洋上戦死」とのことだ。
 「明治学院百年史」では、中村メモをもとに、その様子を解説する。その概要は次のようだ。

 松山から新田原に向かった武揚隊は、熊本建軍飛行場を経て済州島へ、さらに上海、枕州へと進んだという。ここから目的地台湾への最後の移動は分散で行われたとのことだ。
 4月11日夕刻に力石少尉を含む第1陣4機は無事台湾に着いたという。
 そして、第2陣山本隊長以下信氏も含めて残り9機が12日5時出発予定だったが、隊長機の接触事故で5時半出発になってしまったという。夜明け前に台湾着の予定が、洋上に出て30分で夜が明けてしまったのだという。
 そのせいもあって、グラマン機20機と遭遇して、編隊を解いて戦闘準備体制となり交戦、第1回目3機が火を噴く、第2回目2機、1機と、……。残る3機となる。
 この時、中村氏は右肩撃ち抜かれ左腕に盲貫、顔面に破片による裂創を負い戦闘不能となり、低空飛行で与那国島に向かい不時着したのだということだ。
 だいたいこんな様子が読み取れる。

 この辺りの事を「下北沢X物語(3137)~終章:悲運のと号第31飛行隊~」の情報と照らし合わせてみる。
 http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52030134.html#more

 こちらの情報では、もともとの武揚隊は15機とあり、一機、長谷部良平機は各務原で機が不調だったらしくこれに遅れて離脱したとある。
 彼は、知覧にたどり着いて、4月20日に、第31振武隊と名を変えて特攻出撃していったそうだ。
 「明治学院百年史」の情報と照らし合わせると、こちらの台湾に向かう機は13機のようだ。1機少ない。
 3月25日にこの誘導機に当たった飛行第108戦隊の菱沼俊雄大尉の情報に、台湾まで付き添ったそうだが、済州島で吉原香機が機のトラブルで不時着するとある。このあたりとのかかわりだろうか。

 4月12日の交戦についての情報を照らし合わせてみる。
 上海から台湾へ前進中与那国島で敵機に遭遇し3名が交戦戦死する。爆装改修で銃器は降ろしている。なすすべもなく撃たれた。長谷川信少尉、西尾勇助軍曹、海老根重信伍長だ。このときに山本薫中尉他も与那国島に不時着し、大発艇で海路台湾にやっと渡った。
 「明治学院百年史」では、山本隊長の不時着と、その後についての情報がなく、こちらの情報では、「明治学院百年史」にある中村氏の与那国島への不時着は記載されていない。

 ここからは、長谷川信氏が抜けた後の武揚隊の情報だ。
 台湾に到着した武揚隊の残存部隊は、八塊飛行場から順次出撃したという。
 5月13日、5機出撃。山本薫中尉、五十嵐少尉、柄沢伍長の3名が特攻戦死とのこと。
 5月17日、3機出撃。高畑保雄少尉、五来軍曹の2名が特攻戦死。高畑機には飛行108戦隊の宮崎義次伍長同乗出撃したという。

 そして、昨日整理の7月19日の八塊飛行場から4機の出撃。
 1機は基隆沿岸に墜落、藤井清美少尉のみが特攻突撃したとのことだった。また、この4機の中に飯沼芳雄伍長がいるので、ここでの不明は2機だ。

 「下北沢X物語(3137)~終章:悲運のと号第31飛行隊~」では、最後に、消息不明として、中村欣男少尉 幹部候補生、力石文夫少尉 見習士官(特操2期)、春田政昭兵長 少年飛行兵15期を挙げている。
 ここも、「明治学院百年史」の情報と照らし合わせてみたい。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-05-22 09:00 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)
 特攻にかかわって有名なのは「知覧特攻平和会館」なそうだが、会津の長谷川信少尉の場合は、かかわらないようだ。

 最近、道徳心について評価をすることが決められたようだが、特攻隊員の亡くなり方にもランク付けがあるのだという。
 「特攻戦死」という評価になれば、二階級特進となって、「陸軍特別攻撃隊員名簿」に載せられるようになるのだそうだ。そして、遺品や写真などが「知覧特攻平和会館」に永久に保存されるということになるのだそうだ。
 当然、遺族年金も違ってくるそうだ。

 これは、「下北沢X物語(3248)~1036柱という価値軸への疑義~」に教えられたことだ。その「特攻戦死」と評価されたのは、1036柱で、これ以外は「知覧特攻平和会館」では扱われないとのことだ。
 http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52041850.html#more 

 信氏の武揚隊で特攻戦死と評価されたのは、15名のうちの6名だけだとか。特攻に向かっても、戦果が確認できなければ、一般戦死扱いとなるのだそうだ。
 武揚隊員で特攻出撃と戦死が確認できるのは7名いらっしゃるそうだが、飯沼伍長の戦果が確認できずに、特攻戦死とは評価されていないのだそうだ。それで6名の特攻戦死ということになるそうだ。
 その状況は、沖縄特攻の最後の日(7月19日)、飯沼伍長は「陸軍沖縄戦特別攻撃隊出撃戦死者名簿」に載る藤井清美少尉等と共に、台湾八塊飛行場から薄暮「16時30分」に発進しているのだそうだ。
 敵機に撃墜されたか、機の不調で墜落したとの想像もできるが、とにかくこの時に戦死しているのは確認できるが、一般戦死扱いなそうだ。

 さて、会津の長谷川信少尉の場合だが、4月10日、台湾に渡るため武揚隊の一隊はその飛行をしている最中に敵機に遭遇して、西尾勇軍曹、海老根重信伍長と共に艦載機に撃墜されているという。交戦死ということで、彼もまた特攻戦死という評価はなく、「知覧特攻平和会館」対象外なのだそうだ。
 ◇       ◇         ◇        ◇        ◇

 昨日整理の中の世論調査による内閣安倍正支持率の全国と福島県の差についてだが、2017年1月調査についての「共同通信」と「福島民報」の世論調査も確認できた。

 「共同通信」が59.6%の内閣支持率で、「福島民報」が39.6%だったようだ。この時の差が20ポイント。
 メディアが報じる内閣支持率から15~20ポイント減じて認識するのは、地方紙を見ている福島県内の方にとっては当然の事のようだ。
 なお、この時の全国では前回調査に比べ支持率が+4.8%で、福島県内ではー3.9%だたとのことだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-05-21 09:39 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)
 2017年の参院選結果をお隣の新潟県の知事選の結果を受けて整理しているのは、東北の参議院選の結果から読み取るべきものがあると感じたからだと思う。福島県に限定して眺めてみれば、現職の岩城法務大臣が落選していることも付け加えておく。

 最近、田舎から眺める全国ニュースは、我々とは別の国の出来事のように感じる。
 現在のトップが牽引する内閣支持率もべらぼうに高く感じる。
 ネットで拾える比較的最近の情報は、3月の支持率。
 べらぼうに高い支持率が、「日経」の62%。「産経」、「読売」、「共同通信」などが、それに次いでいる。「産経」が57.4%、「共同通信」が55.7%、「読売」が、その間を取って56%。
 そして、「朝日」の49%、「毎日」の50%、NHKの51%。
この時期の「福島民報」が34.9%で、これでも高いなと思うが、全国的にみれば低めの情報のマイナス27%から15パーセントだ。
 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/03/post_14921.html

 要点を整理する。
 国論を二分させた集団的自衛権容認は目立った争点にならず、与党は改憲に触れようとせずに参院選は行われた。
 その結果、東北、新潟、北海道など北日本の支持は得られなかったが、全体的には関東から西の地域の方々の支持を得て、自公与党が圧勝した。
 改憲派「3分の2」を意識した各報道の見出しが躍ったが、今になって思えば、3分の2を取ったことで一瀉千里に改憲に進むのは勘弁してほしいという願いの様なものも感じる。

 しかし、……。
 平和憲法に象徴される戦後レジームを「東京オリンピック」を大きな節目に変えたいという動きが活性化しているように感じる。

 この動きに、ネットで拾える最新情報は、時事通信の5月の世論調査結果。
 安倍内閣の支持率は前月比3.4ポイント減の46.6%とある。
 同じ様な傾向を想定して、前月の「福島民報」の情報から3.4ポイント減じてみると福島県内の支持率は31.5%程度かな。結構高い。
 
 これを会津の「わたつみ」がどう聞いているのかは、想像すらことすらできないでいる。
 
[PR]
# by shingen1948 | 2017-05-20 08:41 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)