地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
 薬師堂の欄干に石が吊るされている。
a0087378_9302512.jpg これが気になるところだが、「7日本の民族『福島』(岩崎敏夫)【第一法規】」の「8民族知識」の「3呪(まじな)い」の項に、いろいろな呪いの例が列記される。その本文には記述されないのだが、たくさんの石が吊り下げられている写真があって、その解説に「耳石 薬師様に耳の悪い人があげる(伊達郡保原町)」とある。
 伊達郡保原町は現伊達市保原町で、近くの町村だ。この事とかかわるのだろうと想像する。

 ネットで「『耳石』とは」と検索すると、「ブリタニカ国際大百科事典小項目事典」の次のような解説に出会う。

 平衡石,聴石ともいう。
 無脊椎動物の平衡器官である平衡胞内にある小さい粒。耳石は体の傾きに応じて重力の方向に移動し、感覚細胞の感覚毛を圧迫し、その圧迫の変化によって体の傾きを感じるようになっている。この粒は胞壁の細胞から分泌されたもので1~数個あり、炭酸カルシウム、フッ化カルシウムなどから成る。クルマエビ類では砂粒その他外界の異物を取入れて耳石とする習性があり,脱皮ごとに取替えられる。脊椎動物の平衡器官の前庭内のものは、小さく、聴砂という。

 魚の「耳石」は誰でも見ることができるようなので、更に、ネットで「耳石とは 魚」と検索すると「耳石」についてのいろいろな知見が得られる。

 また、「薬師・耳石」で検索してみると、全国的に行われている呪いであることが分かる。
 先に整理した仁井町薬師瑠璃光如来(笹谷)と上戸内薬師如来(大笹生)も、第七願 除病安楽の中の耳病平癒にまで特化していたが、それらもこのこととかかわるのかもしれないとも思う。しかし、こちらには、この「耳石」の呪いの風習はなさそうではある。

 この医王寺薬師堂もこの呪いを許容はしているようだが、薬師堂の案内板などを確認すると、決してこの耳石に特化しているということではなさそうだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-06-26 09:35 | ★ 季節便り | Comments(0)
 今回は、この寺の歴史的な背景にかかわる意識をできるだけ取り除いて、この寺の雰囲気を感じてみたいという思いがある。
a0087378_5405044.jpg そういう視点で「薬師堂」の案内板の写真を眺めていたら、医王寺に歴史上かかわりのある方も深く信仰なされた霊験あらたかな薬師如来であるとの解説の後の次の解説が気になった。
 「声がたたねば鯖野の薬師 七日こもれば声がたつ等々と唱えられ」との部分だ。

 今のところ確認できていないが、そういう里歌があるということなのだろうか。
 それはともかく、この部分、地域の方々の民間信仰としての「鯖野(さばの)」の薬師様への期待感が感じられるような気がするのだが、どうだろうか。
 昔、地域の人々はその地域の薬師様にどんなパワーを期待していたのかを確認してみる。

 「МASAの道中日記」という地元紹介のブログに、この近くの大笹生・笹谷の薬師様が詳しく紹介されている。その記事から、その地域の人々の願いと薬師様のお力にかかわる部分を拾わせていただいてみる。 
 その部分は「笹谷大笹生地区の文化財(大笹生笹谷文化財保存会)」からの引用のようだ。
https://blogs.yahoo.co.jp/ssyinb27/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%CC%F4%BB%D5+&sk=0
 〇 仁井町薬師瑠璃光如来(笹谷)
 古くより耳病平癒の祈願の神として今なお地元民の信仰厚く、毎年四月十五日(以前は旧三月八日)祭事を行っている。

 〇 荒古屋薬師(大笹生)
 この荒古屋の薬師は瑠璃光薬師如来で、堂を字中谷地に建て野寺方から分置されたと伝えられているが年代は不詳である。
 この時代建立の「子育て地蔵」・「瑠璃光」を、「光瑠璃、ころり」と呼び、信者の奉納した丸石が小山のようになっている。縁日は、旧十一月八日である。

 〇 上戸内薬師如来(大笹生)
 この薬師は、土地の人々が耳の難病厄除のために建てたもので、上戸内薬師瑠璃光如来といわれ、近隣信者の外、耳疾に悩む遠来の信者の日参薬師堂になったという。

 〇 久地木薬師堂(大笹生)
 この薬師は瑠璃光如来で、もとは久地木・羽根通部落の尊仏であったが、現在は久地木部落有志によって維持されている。
 仏像は一つずつ十二支をもつ薬師の十二神将と習合し、男根の突起物が着いていて、昔から花嫁の通らぬ所となっていたという。

 〇 安養寺薬師(大笹生)
 平安時代の様式を残した木造の仏像17体がまつられているそうです。昔より安養寺薬師として厚い信仰があり、この仏像を借りて病気を治したとされています。

 自分なりに整理してみる。
 まず、久地木薬師堂(大笹生)と安養寺薬師(大笹生)については、「薬師の十二神将と習合」とか、「木造の仏像」とかとかかわってとかという捉えで、以下の「薬師如来 大願」にかかわる大きな捉えで見ているのかなと思わせる。
 第一願 光明普照・第二願 随意成弁・第三願 施無尽仏・第四願 安立大乗・第五願 具戒清浄・第六願 諸根具足・第七願 除病安楽・第八願 転女得仏・第九願 安立正見・第十願 苦悩解脱・第十願 苦悩解脱・第十一願 飲食安楽・第十二願 美衣満足

 次に、仁井町薬師瑠璃光如来(笹谷)・上戸内薬師如来(大笹生)については、この中の第七願 除病安楽の中の耳病平癒にまで特化した祈願の神としているように思われる。

 そして、「薬師の十二神将と習合」したという久地木薬師堂(大笹生)は、道祖神信仰とも習合しているようだが、荒古屋薬師(大笹生)については、「ころり」薬師様とのことで「ころり」信仰あたりとの習合かな?。
 
 純粋にこれが薬師様信仰とは言い切れないいろいろな要素が入り混じっているようだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-06-25 09:39 | ★ 季節便り | Comments(0)
 「平野の伝承とくらし」では、「大鳥城記」で「奥の院薬師堂」と紹介される薬師堂を「鯖野薬師堂」と称している。
 奥の院薬師堂にお祀りされる薬師如来が「鯖野の薬師様」と呼ばれるのは、この地域が小字鯖野だからだ。
 「医王寺」のホームぺージでは、その地名が鯖野と呼称されるのは、福島市飯坂町に温泉を発見した鯖湖親王を祭るお宮があったからだとする。このことによって、鯖湖温泉の薬効や歴史のイメージが付加されることを意図しているように思われる。

 ここは大きくくくれば「佐場野(さばの)村」だ。その中心地が小字「さばの」という捉えがあってもよさそうに思うが、どうだろうか。
 「さばの」という音に「鯖野」の字を当てたという捉えだ。
a0087378_1493990.jpg 合併で平野村になる前の平野地区の小字分布図に、先に整理した「福島県生活改善展示実験室」をプロットして確認すれば、その北面の道筋(現農業総合センター果樹研究所北側の道筋)が隣村である「井野目村」と医王寺のある「佐場野村」との村界の道筋であることが分かる。 
 この道筋の北側が「佐場野(さばの)村」だ。寺近くの小字「鯖野(さばの)」と読みが一緒なのだ。

 単に「佐場野(さばの)村」の中心地「鯖野(さばの)」という位置づけで、この村の薬師堂という単純な捉えがあってもよさそうにも思う。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-06-24 14:12 | ★ 季節便り | Comments(0)
 今回の散策でよく見てきたかったのは「薬師堂」だ。その主たる理由は小笠原國太郎氏とのかかわりだが、医王寺の奥の院としての「薬師堂」の雰囲気を感じたかった。

 その事ことについては、「亀岡邸の大工棟梁は小笠原國太郎⑧:福島の建築(12の2)」の中に記している。ただ、この記事の「薬師堂」の写真は、自分の撮った写真ではない。その写真を入れ替えたいということで、今回の散策の趣旨はこの時と変わらない。
 http://kazenoshin.exblog.jp/23443238/
a0087378_7145114.jpg そもそも医王寺の「医王」というのは、辞書的には、医師が病人を救うように、仏法を説いて人の悩みをいやすところから、仏・菩薩のことを意味するとのこと。薬師如来の異称という意味もあるようだ。(デジタル大辞泉)
 その「薬師如来」を確認すると、その正式名は「薬師瑠璃光如来」といい、また「医王善逝」・「大医王仏」とも呼ばれ、きわめて現世的な病気を治す功徳のある仏としているようだ。

 これらの予備知識を頭において、改めて「医王寺」を確認する。
 ここは、「真言宗の寺院で、山号は瑠璃光山。中世初期に信夫郡を支配した佐藤氏の菩提寺」とのことだ。
 その山号が、「瑠璃光山」とのことで、この薬師如来にかかわった号であることをイメージさせる。
 つまり、この「瑠璃光山」という山号は、「大鳥城記」がいう医王寺「奥の院薬師堂」ということと、「平野の伝承とくらし」がいう「鯖野薬師堂」の「薬師瑠璃光如来が鎮座する地」とかかわっているということなのではないかと、勝手に想像する。

 この医王寺本堂には本尊として大日如来が祀られているそうだが、この「薬師瑠璃光如来」も寺にとって重要な仏様なのではないかという事だ。

 そういう視点から、明治37年(1904)に焼失した「奥の院薬師堂」を、大正4年(1915)12月に竜和和尚が大勧進となり再建されるという事業は、その本来的な意味とかかわっているのではないかというという見え方だ。

 なお、帰り際に、主たる目的である小笠原國太郎氏と医王寺のかかわりを頭において、案内所でいくつか訊ねてみた。
 まずは、医王寺本堂の大改修があったかどうかということ。それに大正4年(1915)の「奥の院薬師堂」再建の大工さんにかかわる情報をお持ちかということ。
 そのどちらも回答いただけなかったので、次に大工さんのかかわりを確認する方法はないかどうかも訊ねてみた。こちらの回答も得られなかった。
 医王寺と小笠原國太郎氏とのかかわり確認という意味では今回も空振りだったが、散策としての満足感は十分にあった。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-06-23 09:09 | ★ 季節便り | Comments(0)