地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

<   2017年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 今回の散策は、松川鉱山最盛期の繁栄のなごりとして残る製錬所のために設置されたと思われる仲の内変電所の確認が主目的だった。
 ただ、頭の片隅には、その途中で、古天神地内の精錬場跡の痕跡も探れないものかという思いもあった。
 「古天神地内の精錬場」というのは、瑞宝鉱業(株)の手に移る前の「製錬所」のことだ。

 「松川のあゆみ」によると、昭和3年に瑞宝鉱業(株)の手に移ってからの松川鉱山が最盛期の繁栄を遂げるとのことだが、松川鉱山は、この前もそれなりに繁栄はしていたとのことだ。それが瑞宝鉱業(株)の手に移ることになるのは、第一次世界大戦後の不況とのかかわりという。

 瑞宝鉱業(株)前の鉱山は橋本組によって経営されていたとのことだ。
 明治初期に、三角氏が嘗て稼働していた松川鉱山の廃坑から金を採取する事業が細々と行われていたという。
 それを、大正初めに本格的に鉱山を再開発したのが橋本組とのことだ。大正3年には約2300tの精鉱が産出されていたという。
 この当時の松川鉱山も活況を呈していて、山神社のお祭りには花火が打ち上げられ、出店が並んで多くの人々で賑わったとのことだった。

 この鉱山では、主として日立製錬場に売鉱していたとのことだが、良質鉱の一部は、まだ金と銀が分離されない青金という状態まで自家製錬して売却していたとのことだった。
 その自家精錬場が古天神地内に設備されていたということだ。
 水力を利用して石臼に良質鉱を入れてスタンプで鉱石を搗(つ)き砕き、水銀アマルガムによる方法を用いていたとのことだった。
 人々は、この工場を搗鉱場と呼んでいたという。
 そして、先に記したように、松川鉱山からこの古天神までは、通路南側に12ポンドのレールを敷き、1t積みの鉱車を馬に曳かせて運搬していたとのことだ。
 ここから松川駅までは荷馬車で運んだという。

 直ぐに分かるのは、古天神から松川駅まで荷馬車で鉱石を運んだという道筋が八丁目宿から松川駅までの道筋だが、その他はなかなか想像しにくい。
 この辺り、現況では整備が進んでいるので、このままで当時を想像するのは難しい。それで、水路に着目して資料を見直してみていたのだ。
 「松川のあゆみ」から「福島の鉱山22~信夫地方の鉱山『松川鉱山』④」で「旧松川町字切図」をお借りしたところだが、この図に主な道筋と川と水路が記されている。
 http://kazenoshin.exblog.jp/22979661/
 これが、当時の川や水路の様子を表していると思うのだ。それで、現在の地区名をヒントに字界を推定し、当時の水路の様子を想像してみていたのだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-12 10:19 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 「松川のあゆみ」では、松川鉱山最盛期の繁栄のなごりとして残る現在も残る遺跡として、製錬所の廃墟の跡・六本松と仲の内変電所・山神社が紹介される。
 そのうちの製錬所の廃墟の跡・仲の内変電所を確認してきた。
 この中の六本松変電所については今のところ全く分からないのだが、山神社については、このあたりらしいという想像はついてきている。

 先に「福島の鉱山25~信夫地方の鉱山「松川鉱山」⑦」で「山神社」の位置を想像している。
 http://kazenoshin.exblog.jp/22995240/
 ここで「もともと山神社は、小金塚から関根に越える山道のそばに祀ってあった。高さ約80㎝ぐらいの凝灰岩質の石の祠であった」と表現した「小金塚から関根に越える山道」というのが、今回確認している「関根から鉱山のある峠を越える道筋」のことだ。
 前回、昭和50年のカラーの航空写真で、この道筋から左に「製錬所の廃墟の跡」へ向かう道筋が確認できることを記したが、そこから少し進んだところの北斜面上に整備された平地が確認できる。 ここが、地図の神社記号の位置と一致するようなのだ。(前回整理時には見逃している)

 「松川のあゆみ」に紹介される現在残っている山神社の表現を確認すると、「瑞宝鉱業時代、平石氏が山腹に立派な山神社を新築し、道端にあった石の祠を遷宮してお祭りした」とある。その山腹に遷宮したとの表現とも矛盾しない。
 なお、「松川のあゆみ」では、道筋にあった時代の石の祠について、破風に下り藤の紋が刻まれることから、蒲生氏経営時代の建立と想像しているらしいことを再掲しておく。

※ 今回整理の「散策覚書「松川鉱山仲ノ内の変電所」跡②」で、「『信夫鉱山』は、硫黄鉱山の事のようだ」としたが、これは誤りなので、訂正する。
 この鉱山は、小池鉱山の西に金山の地名がある辺りの鉱山で、大正2年に探鉱されたらしい。ただ、詳細は不明とのことらしい。
 先に整理した「信夫地方の鉱山『松川鉱山』」でも、同じ誤りをしている。自分に思い込みがあるのかもしれない。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-09 17:47 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 「松川のあゆみ」によれば、松川鉱山の最盛期は昭和9年から昭和14年頃で、従業員数500余人を数え、社宅も設立されたという。その職種は主として坑内夫、製錬夫、雑役夫、選鉱婦なそうだ。
 当時の採鉱設備は、手掘りからコンプレッサーによる削岩機に移り、掘削作業が一段と発展していたのだという。坑内採掘は、排水ポンプ等の設備導入で水準以下の採掘が可能となり、山神竪坑では地下200mに達したのだそうだ。

 その繁栄のなごりの遺跡として現在も残るのは、製錬所の廃墟の跡、六本松と仲の内変電所、それに山神社なそうだ。そのうちの今回の確認のメインは、仲の内変電所の確認だが、その変電所は製錬所とのかかわりでつくられたものだ。
 この製錬場は、1500屯の処理能力のある青化製錬場だったそうで、ここには分析所も併設されていて、化学的に純金と純銀とに分析することが可能になっていたのだそうだ。
毎月金が20㎏、銀が400㎏産出されていたといい、国内でも重要な鉱山になっていたということだった。
 その製錬所の廃墟の跡も残るという。

 航空写真などで確かめると、その「製錬所の廃墟の跡」へ向かう道筋は、「小金塚から峠を越えて関根に向かう道筋」から左手に入っていくことが分かる。
 実際にその道筋の山際まで進んでみた。
 航空写真でみた感じでは、この辺りから左手にその「製錬所の廃墟の跡」が見えるかもしれないと思ったが、木々に覆われて何も見えなかった。
a0087378_17583385.jpg 航空写真で見ると「小金塚から峠を越えて関根に向かう道筋」は整備されているように映るのだが、実際にはこのような山道だ。
 今までならもうちょっと先まで進んでみただろうが、ここで引き返す。
 無理して藪漕ぎをするつもりがないのは、熊や猪の出没のニュースが多かったせいではなく、その元気がなくなっているのだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-08 17:59 | Comments(0)
a0087378_9191357.jpg この道筋が、tukaさんがいう「関根から鉱山のある峠を越える道筋」だ。峠を抜けて松川側に抜けた丁字路から眺めていることになる。
 「福島の鉱山⑳~信夫地方の鉱山「松川鉱山」②」でふれた「大正の初めに再開され、昭和3年瑞宝鉱業(株)の経営に移り昭和9年青化製錬場を設けたが昭和18年に旧山となった」というその鉱山の製錬所跡が、この道筋の左手の高まりにあるのだと思う。
 http://kazenoshin.exblog.jp/22969692/
 
 この奥のtukaさんがいう水原側の「関根」に高速道路が走っている。
 以下は、そちらからの視点から「松川鉱山」の解説をしたものだ。
 「東北自動車道の近くにあり、坑道の上部の松林であちこちが陥没しており坑道の多くは落盤している。近くには金谷川鉱山・松川北鉱山・松川南鉱山・小池鉱山・信夫鉱山など金や銀の鉱山跡が多数ある」

 ここでいう「金谷川鉱山」は、その前に「小池鉱山」とした鉱山を指す。
 「松川北鉱山」は、その「小池鉱山」と「松川鉱山」との間と想像される。ということで、それが、この道筋の右手の高まりにあたる。
 また、「松川南鉱山」は板山あたりと想像できるので、製錬所跡の更に南側付近と想像される。
 つまりは、ここに写る高まり全体が「松川鉱山跡」付近ということになるようだ。
 なお、ここでいう「信夫鉱山」は、硫黄鉱山の事のようだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-07 09:22 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 先に、信夫地方の鉱山の一つとして「松山鉱山」について調べていたことがある。その精練所とのかかわりで変電所が存在していたことは分かったのだが、その具体的な位置までは分からなかった。
その事については、「福島の鉱山25~信夫地方の鉱山「松川鉱山」⑦」で整理した。
 http://kazenoshin.exblog.jp/22995240/

 これに、tukaさんが「仲ノ内の変電所」の具体的な位置情報を教えてくださるコメントを頂いた。
 「関根から鉱山のある峠を越えたところに丁字路。そこから北に300m進むと左カーブがありますが、その道路西側に「松川変電所」とあります」。
 この「松川変電所」が、「仲ノ内の変電所」とのことだった。

 先日、この情報をもとに確認してきた。写真記録を確認すると、昨年の2016年10月26日だったようだ。
 a0087378_11413126.jpg
 tukaさんが、現在「松川変電所」とあるとしたのが、ここだと思う。ただ、「松川変電所」の表記もないし、配線されていた様子もない。ただ、内部に侵入できないようなにされる厳重な警戒跡が残っているだけだった。


 a0087378_11424648.jpg 変電所跡の南側の鉄塔というのが、こちらだと思う。
 右手の柵が「松川変電所」のものだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-06 11:43 | 福島の鉱山 | Comments(0)
 昭和33~4年に世界新記録を更新し続けた頃、山中選手が会津若松にやって来て、自分の母校に立ち寄ってくださった。
 その当時、いわゆる団塊の世代が中学生であり、母校はマンモス校となっていた。確認はしていないが、生徒数は千人近かかったのではないかと思っている。
 しかし、その思い出を語る人を今のところ確認できない。自分が受けた衝撃は他の人に比べると過剰だったということなのかもしれない。

 今回の整理をしていく中で、山中選手のふるさとでは、「山中毅さんの訃報に接して」氏の活躍の思い出が語られていることが確認できた。その情報も整理しておく。

 石川県の競泳界で五輪出場選手は5人なそうで、そのうちの3人は輪島市出身なそうだ。
 山中選手が会津若松の母校にやって来る前年のローマ大会では、その3人がそろって出場しているとのことだ。
 自分の記憶には、自由形とリレーで銀メダルをとった山中選手しかないのだが、そのうちの大崎剛彦選手は平泳ぎとリレーで銀と銅、井筒賢造選手がバタフライで8位に入賞しているのだそうだ。
 いずれも輪島出身だったということで、この3人の選手が好成績をあげて凱旋した時の輪島駅前の様子が、「能登のうみやまブシ(西山郷史)」というページに写真紹介されているのを見た。
 http://d.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20170215

 その下段には、山中選手が高校3年の時に、メルボルン五輪で2個の銀メダルを獲得した活躍を記念して造られたという「塩水プール」も紹介されている。
 「郷里の名スイマー【憂楽帳(毎日新聞2017/3/13)】」によると、このメルボルン五輪時には、市民500人が山中選手の実家までちょうちん行列をし、花火も打ち上げられたという新聞記事もあるとのことだ。
 https://mainichi.jp/articles/20170313/ddf/041/070/034000c

 
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-04 16:53 | ☆ その他の話題 | Comments(0)
 昭和33~4年に世界新記録を更新し続けた後の頃、山中選手が会津若松にやって来て、自分の母校に立ち寄ってくださった思い出を家族に語ったのは2年ほど前だ。
 多分、「家族に乾杯」というテレビ番組を家族で一緒に視聴していたのがきっかけだったと思う。
 その番組の中で出演者が出会った地元の方が、山中選手の家が近くだと紹介した場面があったと思うのだ。番組では、この事にはふれずに進行したのだが、自分としては、彼は今何をなさっているのかなという思いが起きて家族に話したのだと思う。
 それで、今回の山中毅さんの訃報の報道をみた家族が、声をかけてくれたということだ。

 家族に話している中で、その頃の楽しい思い出もいろいろ語ったのだが、真っ先に思い出して語ったのが、N先生演出で中学校の文化祭で菊池寛の「父帰る」の父の役を演じた事があるという話。
 自慢話の積もりだったのだが、家族の反応は、中学校の演題として内容的に似つかわしくないということと、当時マンモス校だったはずなのに、出演人数の配慮が足りないという批判になった。
 それでも、話としては盛り上がって楽しい会話にはなったという事だった。

 今回、山中選手の話のきっかけになったと思っている番組を紹介するページを確認しているが、今のところ山中選手にかかわる紹介部分は確認できていない。
 なお、山中選手のその後の経歴を確認したら、引退後もふるさとには戻らず、東京都内で活動なさっていらっしゃったことは分かった。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-03 09:04 | ☆ その他の話題 | Comments(0)
 会津高等学校の春の選抜甲子園出場に貢献したのは、黒沢投手と渋谷捕手のバッテリーだという大人達の会話だが、このバッテリーにかかわる思い出がある。
 ただ、この記憶は曖昧だ。
 少なくとも渋谷捕手が投球練習の球を受けている姿を見かけていると思っている。ただ、これが中学校の校庭だったという記憶なのだ。

 走り幅跳びの砂場前の助走路だったと思うのだ。
 その助走路の脇の低鉄棒近くで見ていたのだが、これが衝撃的な体験だった。
 投手が投げた球が、渋谷捕手のミットにおさまる瞬間の音だ。球と空気が擦れ合う音が鮮明に聞こえると直ぐに、その球がミットにおさまる衝撃音のすごさだ。かなり離れているはずなのに、思わずのけ反ってしまったのだ。

 しかし、この記憶どこか納得いかないところがあるのだ。
 まずは、何故見かけたのが中学校の校庭だったのかということだ。次に、それが事実だとして、自分が見かけているのが何故渋谷選手と分かっているのかということだ。

 今回整理していく中で思ったのが、N先生とのかかわりだ。
 N先生が中学校の先生だった時には、野球部の顧問だったのだ。その野球部は、県大会だと思うのだが、そこで優勝している。この記憶に間違いないとおもうのは、その壮行会と報告会に自分もかかわりがあるからだ。

 この会、野球部の保護者達が企画したようなのだが、ちょっと配慮しなければならない事が起きたのだ。
 昔、放送陸上大会というのがあったのだが、それに全会津代表として出場する選手がいたのだ。こちらは個人的な話なのでそんな計画はない。それで、その会にその選手もまぜてあげたのだ。
 その選手というのが自分なのだが、こちらとしてはいい迷惑だというのが本音だったのでよく覚えているのだ。

 先に整理したように、その野球部顧問N先生は、幼馴染のS.Y一郎君のお宅の部屋を借りて住んでいらっしゃたのだ。そして、そのS.Y一郎君のお父さんが会津高等学校野球部にかかわりのある方だったのだ。その上に、N先生は、3年後には会津高等学校に転勤になるという経緯もあった。
 それらのかかわりで、実践指導の援助を受けたのではないのかなと想像だ。その時に見た事なのだろうとの想像だ。
 だとすれば、この時の渋谷選手は大学生のはずで、黒沢選手は肩を痛めてしまっている頃になる。
球の勢いに度肝を抜かれてしまった投手は、中学生ではなかったのは確かなので、まだ高校生だったという可能性が高いかな。
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-01 09:51 | ☆ その他の話題 | Comments(0)