地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年 11月 05日 ( 1 )

 稲荷神社境内に松川村道路元標がある。
a0087378_7264275.jpg  このアングルは、松川村と記されている部分を意識したというよりは、手前の石橋も気になって一緒に写し込みたかったということだ。

 「信達二郡村誌」の里標の項には「元標を中町1等道路の側に建つ」とある。道路脇に建てられたとのことなで、移動されたものだろうと思われる。大正9年時点での建てられていた位置が字中町33とのことだ。現時点でのその位置との照らし合わせなので確実ではないが、Т字路ではないのかなと想像する。

 ここ稲荷神社だが、「信達二郡村誌」が村社菅原神社と共に村社として掲げる「稲荷神社」ではなさそうだ。というのは、この社は「北部稲荷に鎮座す」とされるからだ。恐らく小字稲荷にその社はあったのだろうと思う。ならば、現南体育館東側付近ということで、ここは旧松川小中跡地であり、ハ丁目城跡の東側の位置ということになると思う。

 現稲荷神社の社は、「信達二郡村誌」に「(その稲荷神社の)遥拝所卯辰の間に面す(字中町に在り)東西5間半南北2間 明治八乙亥年九月十九日村社に列す」と記された遥拝所ではないのかなと思うが、どうだろうか。
[PR]
by shingen1948 | 2017-11-05 09:24 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)