地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

2017年 10月 10日 ( 1 )

 散策時には必ずデジタルカメラを持って出かけていたが、最近はできるだけ持たないように心掛けている。まずは自分の目で確認する。そして、整理するのに写真が欲しいなと思った時には、もう一度撮りに行く。
 そんな風にしている。特に理由はないのだが、結果的には、確認したい事が明確になってきているようにも思っている。

 しかし、そのもう一度撮りに来た時に、何となく気になった事はメモ代わりに撮り溜めているということには変わりない。それでも、その撮る枚数はかなり減っている。
 そのメモ代わりに撮った写真を整理する。
a0087378_9181948.jpg これは黒沼神社の境内の東側にあった建物群の一つだ。
 気になったのは以下の奉案殿情報とのかかわりだ。
 一つは、終戦直後撤去された金谷川国民学校の奉案殿は、一時JA新ふくしま金谷川支店の東の木立の中の浅間神社に移され、昭和24年には黒沼神社本殿東側に「御霊殿」として再建されているとの情報。
 もう一つは、昭和21年2月21日に金谷川国民学校の奉案殿が撤去され、一時宇佐八幡神社境内内に仮移転され、昭和24年黒沼神社に移されるとの情報。
 いずれにしても、黒沼神社本殿東側に移されているという情報だ。

 確認はしていないし、うかつなことは言えないとも思いつつ、とりあえずメモということで、……。
[PR]
by shingen1948 | 2017-10-10 09:20 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)