地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

2017年 07月 31日 ( 1 )

 「奥州街道:『ハンドメ』にかかわる情報」の題では分かりづらいので、「八丁目宿」の「ハンドメ」について確認していることが分かるように題を修正した。
 前回は、「ハンドメ」の意味が治安維持をになう番所であるらしいことが分かったのだが、二本松側から眺めていると、いわゆる「口留番屋」とのかかわりが気になってしまう。
しかし、「八丁目家主一覧」図に描かれる時代のこの宿は二本松藩領である。「口留番屋」は、他領との接点側にあることを考えれば、石合町の先にある「ハンドメ」が、その役割を担っていると考えるのが普通なのだろうと思う。
 奥州街道のこの先に福島藩があるだけでなく、こちら側には相馬街道がつながっているという状況だ。
 治安維持の観点からは、宿の西側の米沢街道とつながりが気になる所だが、宿に入る手前には八丁目城址があり、その登り口付近が幕領時代から代官屋敷になっていたとのことだ。

 この時代、宿の八丁目村側は二本松領内ということだ。領内の宿の入り口ということでしかないようだが、「八丁目家主一覧」図にはこちら側にも「ハンドメ」があったことが記される。
 福島藩領と二本松領が接していた時代の名残という事なのか、全ての宿の入り口に番所があったということなのかは分からない。

 その位置だが、「ハンドメ」が柵を意味していると勘違いしていたので、先に八丁目村検断名主兼帯渡辺権左衛門のお屋敷斜め前と記したところだが、これを訂正する。
 こちらの「ハンドメ」は、八丁目村検断名主兼帯渡辺権左衛門のお屋敷前にあったということになるのだと思う。

※ タグだが、今まで、「奥州街道・地域の散策・松川」としていたところだが、八丁目宿にかかわる地域の散策の整理になっているので「奥州街道・八丁目宿・松川」というふうに修正したい。
[PR]
by shingen1948 | 2017-07-31 09:18 | ◎ 奥州街道 | Comments(0)