地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

2017年 05月 20日 ( 1 )

 2017年の参院選結果をお隣の新潟県の知事選の結果を受けて整理しているのは、東北の参議院選の結果から読み取るべきものがあると感じたからだと思う。福島県に限定して眺めてみれば、現職の岩城法務大臣が落選していることも付け加えておく。

 最近、田舎から眺める全国ニュースは、我々とは別の国の出来事のように感じる。
 現在のトップが牽引する内閣支持率もべらぼうに高く感じる。
 ネットで拾える比較的最近の情報は、3月の支持率。
 べらぼうに高い支持率が、「日経」の62%。「産経」、「読売」、「共同通信」などが、それに次いでいる。「産経」が57.4%、「共同通信」が55.7%、「読売」が、その間を取って56%。
 そして、「朝日」の49%、「毎日」の50%、NHKの51%。
この時期の「福島民報」が34.9%で、これでも高いなと思うが、全国的にみれば低めの情報のマイナス27%から15パーセントだ。
 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/03/post_14921.html

 要点を整理する。
 国論を二分させた集団的自衛権容認は目立った争点にならず、与党は改憲に触れようとせずに参院選は行われた。
 その結果、東北、新潟、北海道など北日本の支持は得られなかったが、全体的には関東から西の地域の方々の支持を得て、自公与党が圧勝した。
 改憲派「3分の2」を意識した各報道の見出しが躍ったが、今になって思えば、3分の2を取ったことで一瀉千里に改憲に進むのは勘弁してほしいという願いの様なものも感じる。

 しかし、……。
 平和憲法に象徴される戦後レジームを「東京オリンピック」を大きな節目に変えたいという動きが活性化しているように感じる。

 この動きに、ネットで拾える最新情報は、時事通信の5月の世論調査結果。
 安倍内閣の支持率は前月比3.4ポイント減の46.6%とある。
 同じ様な傾向を想定して、前月の「福島民報」の情報から3.4ポイント減じてみると福島県内の支持率は31.5%程度かな。結構高い。
 
 これを会津の「わたつみ」がどう聞いているのかは、想像すらことすらできないでいる。
 
[PR]
by shingen1948 | 2017-05-20 08:41 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)