地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

2007年 08月 13日 ( 1 )


今年の平和宣言では、長崎の新市長になった田上富久氏が、伊藤氏の遺志を継いで世界に核廃絶を求めると同時に、日本政府に対して訴える部分も多かった。NHKは、8日、夕方のニュースで、この平和宣言にたどり着くのに、多くの時間をかけ、内容や言葉を吟味し、深く考えて出来上がる様子を報じていた。

 新市長は、非核三原則を国是とするだけでなく、その法制化を求めることに躊躇していた。宣言の本来のあり方にこだわってのことだ。それが、日本の政治を預かる人たちが、被爆地の市民や平和を願う国民の切なる思いを理解していないかもしれないという出来事に遭遇し、この表現を決心したようである。軽軽しくお願いしているのではなく、心からお願いしているようなのだ。  その決心をさせた経緯については、平和宣言の「被爆国のわが国における「原爆投下への誤った認識」と表現されたのだなと推定する。
『日本政府は、被爆国の政府として、日本国憲法の平和と不戦の理念にもとづき、国際社会において、核兵器廃絶に向けて、強いリーダーシップを発揮してください。
北東アジア非核兵器地帯構想』の実現を目指すとともに、北朝鮮の核廃棄に向けて6か国協議の場で粘り強い努力を続けてください。
今日、被爆国のわが国においてさえも、原爆投下への誤った認識や核兵器保有の可能性が語られるなか、単に非核三原則を国是とするだけではなくその法制化こそが必要です。
長年にわたり放射線障害や心の不安に苦しんでいる国内外の被爆者の実情に目を向け、援護施策のさらなる充実に早急に取り組んでください。
被爆者の体験を核兵器廃絶の原点として、その非人道性と残虐性を世界に伝え、核兵器の使用はいかなる理由があっても許されないことを訴えてください。

すべての核保有国は、核の不拡散を主張するだけではなく、まず自らが保有する核兵器の廃絶に誠実に取り組んでいくべきです。科学者や技術者が核開発への協力を拒むことも、核兵器廃絶への大きな力となるはずです。

  これに対し、安倍首相は、挨拶で、「憲法の規定の遵守」と「非核三原則の堅持」としたようだ。
この言葉、重いか軽いかはその人の取りようなのだろうか。

長崎平和平和宣言は、長崎平和平和アピールサイトで確認できるようだ。

長崎・平和宣言 07年
[PR]
by shingen1948 | 2007-08-13 05:59 | ☆ 映画話題と視聴記録 | Comments(0)