地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

戦国の山城 八丁目城④

 八丁目城の成立とその変遷については、入り口の案内板の説明が、簡潔で分かりやすい。
 その中で注目したのは、稙宗と晴宗の天文の乱の時に、ここに稙宗が在城したことだ。そして、この乱の影響で城主の交代劇がるのだが、それが、晴宗の兄弟でもあり、乱の原因の一因ともなった実元が隠居する城という関わりもいい。
 先に大森城に行き、次に西山城に行ったことのまとめをしているような感じだ。

 戦国の山城 八丁目城
 八丁目城は戦国時代の16世紀伊達稙宗(陸奥守護・桑折西山城主)の支城として築かれた。
子息晴宗と戦った天文の乱には、天文12年(1543)8月から1年半ほど稙宗が在城している。
 城主は初め堀越能登守だったが、天文の乱に勝利した晴宗(奥州探題米沢城主)は清野備前守遠江守父子を城主にすえた。
 遠江守が、晴宗の子輝宗に切腹させられた後、復帰した堀越能登守はやがて伊達氏に背き、二本松畠山氏に通じたが、天正2年(1574)大森城主実元(晴宗の弟)が、この城を奪回した。
 実元が八丁目城に隠居した後は、その子成実が、また、天正14年以降は政宗の重臣片倉小十郎景綱が、大森城主として八丁目城を支配した。
 天正18年、秀吉の奥羽仕置により城は破棄されるが、おおよその城構えは残されて現在に至り、貴重な文化遺産となっている。
 築城に際し南約1kmの字宿地から移されて成立した八丁目の城下町(本町・中町・天明根町・向町)は築城後の江戸時代には宿場町として、奥州街道で屈指のにぎわいをみせた。
                                福島大学名誉教授  小林清治

a0087378_633551.jpg
 この城の前の道を土湯方面に進むと、この城の南側の様子が見える。こちらからは、城のそんざいすら見えない。守りの堅そうな城である様子がよく分かる。

 この城を回り込んだ所が、米沢街道の追分け地点になっている。
[PR]
by shingen1948 | 2008-06-07 06:09 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)