地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

会津戦争は悲惨だったが、 庄内藩は無血開城である

戊辰戦争は、一般的に、いくつかの段階に分けて認識しているようだ。
a0087378_18234344.jpg その中で、自分の身近なフィールドの関係から、松平容保の処分の問題に起因する会津戦争の段階を中心に確認している。特に、二本松城が落城し、母成峠の戦いで旧幕府軍の防衛線が突破され、新政府軍は若松城を包囲するあたりを中心に確認していた。
  そこには、日本を改革するという正義の名目とは縁遠い、私憤によって世の中を動かそうとする傲慢が勝ち誇る歴史が見えてくる。※写真は二本松大隣寺の少年隊の碑である。

  そんな中、2007.6.23の「福島民報」書評に佐高 信著「西郷隆盛伝説」~《敗者から見た人間像》について鈴木由紀子氏の書評が目に付いた。

  会津と同じように、徳川幕府を支えた東北の雄藩でありながら、庄内藩は無血開城していることに触れているからだ。書評によれば、そこには、西郷の寛大なる処置があったという。以来、庄内藩は西郷に傾倒し、西郷を慕って鹿児島に渡り、西南戦争で命を散らせた若者もいたというのだ。

 作品で描きたかったことも、書評したかったことも、以下の西郷の心情だろう。

 戊辰戦争の前、西郷は薩摩藩邸の浪士相楽総三らに江戸を攪乱させ、江戸の警備に当たった庄内藩は挑発に乗って薩摩藩邸を焼き討ちにした。
西郷はこれで戦端が開けたと喜んだという。そして、西郷は謀略にはまった庄内藩へは温情をかけ、相楽総三らの「赤報隊」は見捨てる。
  薩摩藩が幕府を敵視し、幕府側から戦争を起こさせて大義名分を得てから、葬り去ろうという作戦であり、現代から見れば騙しあいである。
  西郷がいかに軍事的手腕に卓越した人材であったかということでもある。

 しかし、会津の悲劇との対比という観点からは、薩摩の西郷は、策略としては「赤報隊」を利用しながらも、最後の正義の判断としては、相楽ら赤報隊を「偽官軍」として葬るという大きな視野の正義を採用する対応をしたことである。長州藩の大将達は、世羅に代表される近視眼的私憤による対応であり続け、会津に向かう薩摩や長州兵の残虐行為を抑えるリーダーがいなかったということである。

先日の安倍首相はそのへんも見込んで頭を下げる度量あるリーダーぶりを発揮したのだろうか。それとも、選挙に勝ちたい一心だったのだろうか。
[PR]
by shingen1948 | 2007-06-30 18:32 | ◎ 会津への路(戊辰戦争) | Comments(0)