地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

浅川、松川散策の写真メモから⑦~金谷川道路元標

 現福島市南体育館は、旧金谷川小学校跡地とされるようだ。
a0087378_1182750.jpg その入り口の南側の草地に金谷川村道路元標が建つ。ここの現地名は字笠松のようだが、大正時代の字幸道30の位置なのかもしれない。というのは、現福島市南体育館は字笠松だが、金谷川小学校の沿革を確認すると、旧金谷川小学校も字幸道になっているからだ。
 多少の移動があったのかどうかは分からないが、ほぼ現在の位置だったのではないかと想像する。

 金谷川小学校だが、細かい変遷を省略すれば、明治22年(1889)4月に浅川・金沢・関谷の三村合併で金谷川村となった事に伴ってできた小学校だが、ここに新築されるのは明治44年(1911)5月だ。
 この時点で、浅川村・浅川新町と関谷村は学区統合されていたが、金沢学区は、まだ第二学区として独立していたようだ。
 その金沢学区も統合されるのは昭和18年(1943)になってからのようだ。
 なお、昭和22年(1947)には、金谷川中学校が併設されるということのようだ。

 金谷川小学校を旧浅川村の視点から眺めれば次のような経緯になるようだ。「金谷川のむかし今」の学校の沿革より、要点を抜き書きさせていただく。

 浅川小学校は、明治6年(1873)5月字宮本の黒沼神社神官宅を借り受け八丁目支校として創立。(浅川新町が、清水村と学区合併で神興寺本堂を仮校舎としたことについては、先の清水村散策時に確認している)
 明治7年(1874)11月浅川小学校(八丁目小学校支校)が、字舘斎藤某宅に移るとある。ただ、浅川小学校と金沢小学校の創立は、文部省年俸では明治8年(1875)創立になっているという。
 明治9年(1876)6月に浅川村と浅川新町が合併して浅川村となり、10月には学区改正で校舎を字羽山岳2番地に新築して八丁目小学校から分離独立して浅川小学校になる。
 これが、「信達二郡村誌」に記される浅川小学校ということのようだ。

 明治22年(1889)4月浅川・金沢・関谷の三村合併で金谷川村となり、金谷川村浅川尋常小学校となる。
 明治25年(1892)4月には関谷分教室廃止統合し、明治32年(1899)金沢村を第二学区とする。
 明治44年(1911)5月に本校舎を新築する。
 昭和18年(1943)浅川金沢学区統合
 昭和22年(1947)金谷川中学校併設
[PR]
by shingen1948 | 2017-10-31 11:13 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)