地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

浅川、松川散策の写真メモから②

 奉案殿情報とのかかわりで、黒沼神社の境内の東側にあった建物群の一つをメモったことを記したところで、原町飛行場のニュースが気になってそちらに飛んでしまった。
 その続き。

 浅川黒沼神社の前から金沢村の馬場地域に向かう道筋を地図で確かめていたら、浅川に架かる橋の脇に橋供養塔らしきものが建っているようなので確かめに出かけた。
a0087378_5535499.jpg 確かに「石橋供養塔」だった。石塔の周りを見渡したがいつ頃建てられたのかは分からない。

 この橋が架かる道筋が主要な道筋だった可能性は二つある。
 その一つは、金沢村と浅川村を結ぶという意味で主要だった可能性だ。
 黒沼神社前の道筋は阿武隈川の東岸と西岸を結ぶ鮎滝渡舟場跡から浅川沿いに奥州街道まで続く道筋の旧道だ。しかも、その浅川黒沼神社が浅川村の中央部に位置するという関係にある。
 その浅川村の中心と金沢村を結ぶ主要な道筋だったという可能性だ。

 もう一つは、浅川黒沼神社の縁起にかかわって馬場地区と浅川黒沼神社を結ぶ道筋として主要だったという可能性だ。

 今までの橋供養塔にかかわる記事の整理

 〇 奥州街道:境川から八丁目村へ②
 http://kazenoshin.exblog.jp/237146873/

 〇 山田村の散策振り返り⑤~山王道筋沿いの鹿島神社
 http://kazenoshin.exblog.jp/21340837/

 〇 羽黒山の新登拝路~祓川橋
 http://kazenoshin.exblog.jp/7926383/

 こちらはちょっと異質だが、とりあえず橋供養塔として記録しておく。
 〇 のりしろ散歩~天戸堰~天戸中堰の風景③と二枚橋情報②
 http://kazenoshin.exblog.jp/19885751/
[PR]
by shingen1948 | 2017-10-17 09:51 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)