地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

示現(慈現)太郎神社を訪ねる

 柳田国男の世界にふれようとして示現(慈現)太郎神社を訪ねた。
a0087378_1032396.jpg どうにか見つけた示現(慈現)太郎神社へ続く道筋だったが、御覧の通り、残念ながら最終的に断念せざるを得なかった。
 この道筋の先が、示現(慈現)太郎神社が鎮座する浅川字壷根沢なのだと思う。その雰囲気は、周りの風景からも感じることができる。

 「松川の今昔」によると、浅川最古の神社と伝えられ、祭神は事代命で、天安2年(858)寅三月、下野国(現栃木県)二荒神社に飛び移ったとされるとのことだ。
 ここは、古浅川村の草分け在家の一つ浅川屋敷の近くというのも一つの見え方のようだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-09-23 10:33 | ◎ 信仰と文化 | Comments(0)