地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

山中毅さんの訃報に接して⑮

 昭和33~4年に世界新記録を更新し続けた頃、山中選手が会津若松にやって来て、自分の母校に立ち寄ってくださった。
 その当時、いわゆる団塊の世代が中学生であり、母校はマンモス校となっていた。確認はしていないが、生徒数は千人近かかったのではないかと思っている。
 しかし、その思い出を語る人を今のところ確認できない。自分が受けた衝撃は他の人に比べると過剰だったということなのかもしれない。

 今回の整理をしていく中で、山中選手のふるさとでは、「山中毅さんの訃報に接して」氏の活躍の思い出が語られていることが確認できた。その情報も整理しておく。

 石川県の競泳界で五輪出場選手は5人なそうで、そのうちの3人は輪島市出身なそうだ。
 山中選手が会津若松の母校にやって来る前年のローマ大会では、その3人がそろって出場しているとのことだ。
 自分の記憶には、自由形とリレーで銀メダルをとった山中選手しかないのだが、そのうちの大崎剛彦選手は平泳ぎとリレーで銀と銅、井筒賢造選手がバタフライで8位に入賞しているのだそうだ。
 いずれも輪島出身だったということで、この3人の選手が好成績をあげて凱旋した時の輪島駅前の様子が、「能登のうみやまブシ(西山郷史)」というページに写真紹介されているのを見た。
 http://d.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20170215

 その下段には、山中選手が高校3年の時に、メルボルン五輪で2個の銀メダルを獲得した活躍を記念して造られたという「塩水プール」も紹介されている。
 「郷里の名スイマー【憂楽帳(毎日新聞2017/3/13)】」によると、このメルボルン五輪時には、市民500人が山中選手の実家までちょうちん行列をし、花火も打ち上げられたという新聞記事もあるとのことだ。
 https://mainichi.jp/articles/20170313/ddf/041/070/034000c

 
[PR]
by shingen1948 | 2017-04-04 16:53 | ☆ その他の話題 | Comments(0)