地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

奥州街道:八丁目宿「眼鏡橋」のある風景④

 橋の欄干に刻まれる工事関係者の代表は、田村郡三春町の「松本亀吉」氏だが、案内板では、主として川俣町の石工「布野」氏の視点から解説される。
 この方は、明治18年7月に完成した「十三眼鏡橋」とも称された第2代目の信夫橋工事にもかかわっていたことが記される。

 橋に刻まれた田村郡三春町の「松本亀吉」氏は、今のところ確認はできていない。
 「八丁目家主一欄」の中町に「石工 亀吉」が記されるが、この方と名前が同じだなと思ったが、かかわりあるのかどうかも分からない。

 情報が得られるはずはないと思いつつ、「川俣町」・「石工」・「布野」をキーワードに検索すると、「街道Web」の「福島市の石橋(4) 柴切田川橋 (福島市飯野町)」に辿り着いた。
 http://kaido.the-orj.org/hasi/siba1.htm

 このページの後半に、川俣町の布野氏が信夫橋建設工事にも、松川橋の建設工事にも三春町の松本亀吉と共に参加していたことが、「福島市史」別冊「福島の文化」に紹介されているとの情報が記される。
 更には、明治22年(1889)に架けられた川俣町の「旧壁沢眼鏡橋」は、故郷に帰った布野氏の「信夫橋架橋記念」であることが紹介されている。

 「奥州街道:八丁目宿「眼鏡橋」のある風景」で記したように、「うつくしま土木建築歴史発見」では福島近郊の石橋として、旧秡川橋・松川橋・信夫橋、旧壁沢眼鏡橋が紹介されるが、この川俣町の布野氏が松川橋・信夫橋・旧壁沢眼鏡橋にかかわっているということのようだ。

 検索の中で、川俣町の布野という石材工業所がかかるのだが、これらと関係するのかどうかは、今のところ分からない。

 ※ 2017/8/15以下を付け加わえる。

 「川俣町の文化財」の「旧壁沢川石橋(眼鏡橋)」解説で、松川の眼鏡橋にかかわった布野氏について、以下のような詳しい情報を見つけた。
 「設計施工者は布野宇太郎義成,弟源六義和兄弟で,布野氏は上杉氏家臣の家柄でその祖は西根堰工事の功労者と伝えられている。兄弟は「ぷっちの宇太郎,字彫りの源六」とうたわれた当地方きっての名工で、宇太郎の作には信夫橋(眼鏡橋)、飯野新橋、金華山の灯台等がある」

 参照させていただいた「街道Web」が、柴切田川橋と命名した飯野町の「広表のめがね橋」について、次のように締めくくられていた。
 「もしかすると、この柴切田川橋も布野氏の手によるものではなかろうか。そう思えてならないのである」
 これが、「川俣町の文化財」がいう「飯野新橋」だと思う。

 つまり、「川俣町の文化財」では、「街道Web」さんが想像したように柴切田川橋は、布野氏の仕事だと言っているということだ。

 なお、この「旧壁沢川石橋(眼鏡橋)」は、現在機織神社の大清水の池の間に架設されているとのこと。
 ここは機織御前堂旧跡地で、明治12年機織神社と改称し明治43年に現在の御庵館の地に移されたのだとか。
 
 旧壁沢川石橋(眼鏡橋)」は、明治22年の川俣、月舘間の県道工事の際に、壁沢川に架設された橋だが、大正2年8月の大洪水で下流側半分が流され,さらに翌3年軽便鉄道が敷設された時に幅員を広くし修理補強されたという。
 昭和50年県道拡張工事により取払われる運命にあったのだが、地元有志の方々や関係機関の尽力により大清水に神橋として復元されたということだ。
[PR]
Commented by TUKA at 2017-08-07 23:25 x
お役に立てたようで幸いです。
信夫橋、松川橋で架橋技術を習得した布野氏が、故郷に帰って若い衆に伝授し、
「地元にも立派な石橋を」、と彼らと共に壁沢川に架橋したのでしょう。
そんな逸話の残る石橋が今でも残ってるなんて、ちょっと嬉しいですね。
Commented by shingen1948 at 2017-08-08 10:09
確認作業のなかで、かなりの頻度で「街道Web」の情報に助けられています。ありがとうございます。
多分、当時の最新技術なのだろうと思われる石積みの技術が布野氏を通して伝授されているということなんでしょうね。
石橋を、今までそういう思いまで感じてみていなかったような気がします。
川俣地区に出かけたのは、東和側から何度か訊ねた程度ですが、今回の確かめで出かけてみようかなと思うようになりました。
by shingen1948 | 2017-08-07 09:27 | ◎ 奥州街道 | Comments(2)