地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

奥州街道:八丁目村から天明根村辺り

 川の中から天明根集会所辺りまでが、「八丁目家主一覧」がいう「天明根名主川岸屋佐平」宅あたりかなと想像する。半沢氏の「歴史地図」では、「天明根村名主検断遠藤佐平(川岸屋)」とされるお宅だ。
a0087378_551280.jpg
 西光寺と接する南端は、現在水原川本流になっている川中であることの想像は容易だ。「川岸屋」は、西光寺の南側を流れる川筋とのかかわりなのだろうとも思う。

 そこからどこまでの範囲を想像するかが曖昧なところだ。
 今回は、「八丁目家主一覧」が描く用水路が街道を横切る位置から想像してみようかなと思った。

 西光寺の南側を流れる川筋が水原川本流だった時代、西光寺を回り込む地点から天明根村の用水路への取水がなされていたようなのだ。
 この用水路が、天明根から街道を横切り鼓岡―桜内を経由して、久保前で水原川本流に排水される川筋になるのだが、現在は大きく改変されているようで、その水路筋は確認できない。
 ただ、用水路と小字との関係図と現在の地域名とを照らし合わせてみると、天明根から鼓岡にかけて用水路沿いの道筋の痕跡らしき道筋が見える。

 それで、西光寺を回り込む地点とこの道筋をつないだ線が街道を横切る地点を「八丁目家主一覧」が描く用水路が街道を横切る位置と推定してみたということだ。
 この位置から、大工十蔵宅と仕立屋喜十宅の二軒分とった南側を「天明根村名主検断遠藤佐平(川岸屋)」宅として想定してみたのだ。
 それが、不確かだが天明根集会所辺りかなと思えたという事だ。

 ただ、この範囲は「八丁目家主一覧」が示すお屋敷よりも広い範囲になるようではある。しかし、当時は半農半商が普通であったとのことであり、その半農の耕地部分が現在の川筋の中だったと想像すれば自然ではあるかなとも思えたのだ。
 なお、「維新館」情報からは、この遠藤佐平氏は明治になっては、酒造業を営み、郵便局長も勤めたことが読み取れる。
[PR]
by shingen1948 | 2017-07-15 09:49 | ◎ 奥州街道 | Comments(0)