地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

山中毅さんの訃報に接して②

 少年の頃お話を伺う機会を得た事を思い出した。
 学校の体育館での講演で、みんなの質問に答えるという形式だったことは覚えているが、その内容は覚えていない。
 覚えているのは、自分とはかけ離れた世界の方が自分目の前で対話されているという空気感だ。
 もっと強烈な印象は、胸板の厚さに圧倒されたことだ。お話をお聞きしている時にはそれほど感じなかったのだが、体育館から教室に戻った後、控室である校長室に入られる山中選手を見に行ったのだが、この時に強烈に自分の記憶にインプットされたのだ。

 随分古い話で、記憶が曖昧だったので、少し確認してみた。
 記憶では、会津若松で水泳の国体があったこととかかわるはずなのだ。
 しかし、昭和30~40年代の福島での国体をイメージして検索してみたが、なかなか見つからない。それで、会津若松市に絞った国体を検索してみみたらありました。
 昭和36年(1961)の秋田国体だ。この時、水泳競技だけ会津若松で行われたようなのだ。

 会津若松市の年表で確かめ直すと、9月14日に「第16 回国民体育大会水泳競技、市営プールで開催」が記されていた。また、「ふくしま教育情報データベース」の「県民ニュース95」には、その時の国体の様子が確認できた。
 http://www.db.fks.ed.jp/
 記憶と照らし合わせても矛盾がない。この時の記憶だったということだ。

 山中選手の経歴と照らし合わせてみた。
 すると、前年の昭和35年(1960)は、ローマ五輪だ。この時に、山中選手は、400メートル自由形、800メートルリレーで銀メダルを獲得している。
 その世界に通用する旬の山中選手が、自分のフィールドである学校にやって来たという思い出の記憶がよみがえったということだ。
[PR]
by shingen1948 | 2017-03-09 06:21 | ☆ その他の話題 | Comments(0)