地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

福島の鉱山⑮~信夫地方の鉱山「大森鉱山」

 昨日整理の「大森鉱山」の続き。

 案内板の「大森鉱山坑内外相互図」には坑道が描かれるのだが、その解説はない。
 「福島県大森金山の地質鉱床(渡邉萬次郎)」の解説と照らし合わせると、昭和13年(1939)に田村鉱業に経営が移り、最盛期を迎えた頃の坑道の様子と想像される。
 「福島県大森金山の地質鉱床(渡邉萬次郎)」は、昭和16年4月1日の発行だ。ここで鉱石を解説するのに、その採取場所として坑道が登場するのだが、この坑道が案内板の図の坑道と重なっているものと想像することができる。
 その表現から、坑道を拾う。
 「城山東北山腹、熊ノ山坑内」、「35m坑」、「45m坑」、「玉ノ森坑」、「15m坑」「東110m竪坑」の名称が読み取れる。
 坑口にかかわりそうな表現を拾うと、「35m坑南大(金+盾)入の入り口」・「玉ノ森坑入り口並びに同斜坑付近には礫岩の間に砂岩を挟む厚い層を見出せる」というのが読み取れる。

 結果的には見つけられなかったのだが、案内図をたよりに「黄金八幡」の南側を探ったということ自体は、「35m坑南大(金+盾)入の入り口」とのかかわりで、それ程間違ってはいなかったのかなと思う。

 次に、手持ち資料からこの鉱山の沿革にかかわる表現を拾ってみる。
a0087378_17474349.jpg 「福島の鉱山」では、「露頭付近には旧坑多く、慶長年間採掘の跡と伝えられる」とある。
 はっきりわかってはいないのだが、その鉱床露頭部というのは、黄金八幡社の北側のこの岩辺りをいうのかなと、勝手に想像している。
 案内板では、沿革にかかわって、次の3項目の表現で解説される。
〇 大森鉱山の沿革は、永禄年間(1558-1569)から天正年間(1573-1591)の開坑といわれています。
〇 慶長年間(1596-1614)徳川幕府時代には、盛んに採掘されたと伝えられています。
〇 大森城山と西方睡眠山(黄金八幡)とその西にある玉の森山に坑道の跡が残り往時を物語っています。

 「福島県大森金山の地質鉱床(渡邉萬次郎)」の沿革解説では、「鉱床露頭部には黄金八幡の旧祠あり、付近に石臼等を産して、金鉱精錬の遺物と認められ、鉱区の一部玉の森には珪化石英粗面岩質凝灰岩中数個の竪抗存在し、往時探鉱の跡の如し」とある。

 これらの中から「鉱床露頭部」にかかわる表現を拾うと、「福島の鉱山」の「露頭付近には旧坑多く、慶長年間採掘の跡と伝えられる」とあり、案内板に「西方睡眠山(黄金八幡)に坑道の跡が残る」という表現がある。これ等を「福島県大森金山の地質鉱床(渡邉萬次郎)」では、「鉱床露頭部には黄金八幡の旧祠あり、付近に石臼等を産して、金鉱精錬の遺物と認められる」と表現しているのだろうと思われる。
 その前に、大森鉱山の金鉱床は熱水性鉱床だという情報がある。鉱物については全く分からないのだが、資料からは黄金八幡の旧祠あるあたりが鉱床露頭部と読み取れる。
 それで、現黄金八幡社近くの岩場を鉱床露頭部と想像したということだ。この付近から石臼等が見つかったということと、近くに坑道跡が存在するということを想像してみたが、どうだろうか。
[PR]
by shingen1948 | 2016-06-29 17:49 | 福島の鉱山 | Comments(0)