地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

福島の鉱山~「丸山鉱山」・「台山鉱山」

 信夫山の金山を確認するのに「福島の鉱山」を確認したところだが、その資料に今まで散歩で歩いてはいたが、鉱山としてはみていなかったところがいくつか紹介されていた。
 わき道にそれて、そちらを整理しておこうと思う。

 福島鉱山と紹介される信夫山金山の次に紹介されるのが、「丸山鉱山」だ。
 ここは「小川の南岸平野村字森」にある小岳を貫く石英脈とのことなので、平野の北部給食センターの裏山だろうと思われる。ここは明治25年に小池正一氏がこれを復活したと紹介されるので、それ以前から鉱山としての歴史が刻まれていたのだろうと想像される。
 明治43年には細谷儀作氏が稼行して、更に、昭和13年に田村鉱業大森鉱山の支山として発展したという。昭和16年の産金量は13999gあったようだが、昭和18年に金山整備によって中止されたとのことだ。
 この山が採掘されるのも、信夫山金山と同様「昭和産金奨励」という国の政策とのかかわりのようで、昭和18年の金山整備で終結するという流れは信夫山金山と同じだ。
 ここの鉱石はトラックで大森に送ったとのことなので、後で整理しようと思う大森鉱山には、精錬所の施設があったことが想像される。
 ここに立ち寄ったことはなかったが、この付近はこの東の三角山散歩、井野目堰散歩で歩いている。

 自分の散歩と直接的にかかわるのは、この鉱山の説明の中に登場する「臺山鉱山」だ。
a0087378_12121645.jpg この台山は、「吾妻沼神社」とのかかわりで眺めていたのだが、解説によれば、ここを鉱山とみれば、石英粗面岩中の石英脈が注目なのだとか。昭和産金奨励時代に日本鉱業によって数か所で採鉱され、昭和26年には白石正明氏によって再び探鉱されという。
 また、北麓小川の北岸数か所では、石英粗英面岩の変質帯を福中鉱山の名で光石三平氏が探鉱したそうだが、何れも成功はしなかったとある。「臺山鉱山」も成功はしていないのかなと思う。
 その後、これらの母岩は加里資源として注目されたことがあったのだとか。
[PR]
Commented by TUKA at 2016-06-11 01:22 x
お久しぶりです。
「福島県鉱産誌」の大森鉱山の項によると、事務所は八幡山の北麓に、精錬所は城山の西側にあったそうです。

他サイトの情報によると遺構も残ってるようです。
Commented by shingen1948 at 2016-06-15 12:54
遅くなりました。
見落としていました。
情報ありがとうございます。
精錬所跡の案内柱と、八幡山が採掘現場であることは確認していました。その北側が事務所は納得です。
by shingen1948 | 2016-06-10 12:14 | 福島の鉱山 | Comments(2)