地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

アメリカは、日本での核兵器使用の正当性をアピールすることになるらしい

 先に原爆投下練習で福島の渡利に爆弾が落とされた事を中心に、平、郡山についても整理したところだが、これに関わる動きがアメリカであったらしい。
 原爆開発施設、国立公園に=3カ所、来年指定―米【時事通信(2014/12/13)】
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141213-00000041-jij-n_ame
 12日に米議会を通過した国防権限法案に、米国が第2次世界大戦中に進めた原爆開発計画「マンハッタン計画」の関連施設を国立公園に指定する条項が盛り込まれた。近くオバマ大統領が署名して成立し、戦後70年の来年中に「マンハッタン計画国立歴史公園」が誕生する。
 マンハッタン計画は1942年、当時のフランクリン・ルーズベルト大統領の承認を得て始まった極秘プロジェクト。45年7月に世界初の核実験が行われ、翌8月に広島、長崎に原爆が投下された。
 法案は「将来の世代のために重要な歴史資源を保存・保護する」と明記。開発の中心地となったニューメキシコ州ロスアラモス、ウラン濃縮が行われたテネシー州オークリッジ、プルトニウムが製造されたワシントン州ハンフォードの関連施設について、1年以内に国立公園に指定すると定めている。
 国立公園化の動きは2003年に本格化したが、被爆地を中心に「核廃絶の願いに背く」(広島市)との懸念が強く、法整備がずれ込んできた経緯がある。法案の議会通過が迫った9日、長崎市は「決して核兵器を賛美せず、恐ろしさを伝える」施設とするよう、ケネディ駐日米大使に要請した。
 戦後レジームの脱却の安倍氏が、唯一の被爆国として広島・長崎の要望を後押しするなどとは考えられない。アメリカでは、広島・長崎原爆投下は、戦争終了に役立ったとの評価を固定化することになるのだろう。
[PR]
by shingen1948 | 2014-12-16 08:48 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)