地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

磐越西線東長原駅「昭和電工貨物専用線(廃線)」④

 ここは、昭和電工東長原正面玄関付近。a0087378_102614.jpg 県道337号喜多方河東線の道筋は、工場の前を国道49号線バイパスに抜けるが、その道筋とクロスして、写真右手からこの正門に向かう道筋がある。
 それが、「街道web」の[2005.10 追記]に、「東長原駅ができる以前は、昭和電工の前身日本電気工業従業員800人の大半が、隣の広田駅で下車し、そこから徒歩で通勤していた」事が記されることとかかわる道筋のようだ。
 「街道web」では、この道筋に重なる日本電気工業がかかわる専用鉄道を「日本化学工業専用鉄道」として紹介する。その中に、この道筋について「直進する道は、昭和14年(1939)、広田駅~工場間を徒歩通勤する従業員のために開削された道で『六貫坂』と呼ばれたと紹介する。
 初めは親父とのかかわりで気になったのだが、東長原駅は親父の入社前にできているようなので、直接的には関係がなさそうだ。

 散策は次の機会にするが、別視点で気になったのが、そこに通称兵隊山があって、昭和20年頃には高射砲が設置され、高射砲隊が駐屯していたという情報があることだ。
 ということは、昭和電工が軍需工場だったとの想像があるらしいという事だ。地元の方のブログ情報と重ね合わせると、工場では戦時中に火薬を製造していたらしいということのようだ。
 興味は、先に「福島と戦争」を整理していることとのつながりだ。
 「人権平和・浜松」の「朝鮮人強制連行期の朝鮮人強制労働現場一覧(東北 青森岩手宮城山形秋田福島)」のページには、かかわった軍事工場として昭和電工広田工場・三菱製鋼広田工場構内運搬竹村組、地下工場建設として昭和電工広田半地下工場建設、他に昭和電工広田工場拡張工事・三菱製鋼広田工場建設 鹿島組が掲げられている。
 更には、「福島の学徒動員」のページからは「昭和電工広田工場の学徒」との表現が見える。
 「街道web」の「日本化学工業専用鉄道」ページに掲げられる年表の後半と突き合わせれば、磐越西線東長原駅「昭和電工貨物専用線(廃線)」自体も含めて、「福島と戦争」を視点に整理できそうだなと思うが、次の機会にしたい。
[PR]
Commented by TUKA at 2014-08-20 20:56 x
連載、読ませて頂きました。
さほど大きな変状がないようで何よりでした。

工場の敷地内には多数の煉瓦製建物があり、
近代化産業遺産に指定されているのですが、
私有地内ゆえ、見学はなかなか難しそうです。
Commented by shingen1948 at 2014-08-22 14:03
工場の地域貢献の情報によると、地域や学校の見学は受け付けているようですが、我々には難しいようですね。
ご存知かもしれませんが、情報を確認していたら、この近代化産業遺産の内、45番の旧塩剥電解工場と工場内に保存されている白御影石製電解槽が、化学遺産に認定されたというのを見つけました(化学遺産の第4回認定)。
by shingen1948 | 2014-08-19 10:05 | ◎ 福島と戦争 | Comments(2)