地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

奥州街道清水宿散歩の寄り道、道草、わき道③~福島の自由民権家碑

 半沢氏のフィールとワーク地図の「福島の自由民権家」の項に、「鈴木周助顕彰碑」が達つところが、須南宮諏訪神社にプロットされ、以下のメモがある。
a0087378_5273252.jpg
 自由民権家 鈴木周助顕彰碑
 明治30年建立
 文政10年(1827)生まれ
 有志発起人森谷岩松丹治忠吉ら多数


 神社の鳥居左脇に達つこの鈴木翁顕彰碑が、それだろうと思う。
 先に自由民権運動に関わって福島市内を歩いたことを整理したが、その時点では、ここは抜けている。その具体的な顕彰内容も知らない。
a0087378_529086.jpg
 この神社の奥には、明治32年2月建立「郷社須川南宮諏訪神社営繕及び御昇格願い寄付者碑」が建つが、その発起人の筆頭にも名を連ねるようだ。

 伏拝の坂を登った地点には、鈴木周次郎顕彰碑が建ち、大正2年共楽公園記の碑の建立者が貴族院議員鈴木周三郎とのことからの勝手な推測だが、これらをごく近しい姻戚関係者とみれば、議員職にかかわる地域の名士というアピールでもあるのだろうとも思う。

 奥州街道に沿った散歩ということで、カテゴリとしては「奥州街道」にしておくが、「自由民権運動」の整理ともかかわるので、タグは、奥州街道と自由民権運動の両方を表示しておく。
[PR]
by shingen1948 | 2012-02-02 05:38 | ◎ 会津への路(自由民権運動) | Comments(0)