地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

飯坂散歩③ ~ 「飯坂鯖湖こけし」

a0087378_517542.jpg
 この日は家族へのガイドに専念するはずだったが、堀切邸の事務所の棚に、「飯坂こけし」を見つけてしまった。このこけしは、4年前に探したが、手掛かりが得られずに、そのままになっていたものだ。

 この時は、土湯こけしを散策している中で、そこから派生した飯坂こけしがあるという情報を得た。そのこともとにして、この飯坂こけしを探していたのだ。その経緯については、3つに分けて整理している。
 まず、飯坂こけしの手掛かりを得るための情報を「飯坂こけし」として整理している。
 次に、その情報をもとに「飯坂こけし」を探してみたことについて「飯坂温泉:飯坂こけし②」に整理した。今思うと、見当違いな処を探していたかもしれない。
 更に、この飯坂こけしから派生した情報を得た事を「飯坂こけし③」として整理した。
a0087378_5232159.jpg
 自分にとっては、その幻の「飯坂こけし」だったものが、目の前に現れたのだ。家族へのガイドはちょっと休んで、自分の散策になってしまった。
 受付の方に声をかけてみたら、詳しく教えて頂けた。

 この堀切邸に飾られているのも飯坂こけしだとか。
a0087378_5253814.jpg
 現在の工房は、お孫さんに当たられる方だとか。今まで目につかなかったのは、工人に専念されるようになったのは、最近らしいこととか。
a0087378_527130.jpg
 現在の工房を教えて頂いて、写真におさめて満足する。


a0087378_5293721.jpg
 家人にここにもあるよと教えられ、振り向くと、そこにもこけしが、……。
 家族へのガイドはおろそかになったが、不満を言わずに散策に付き合ってくれた。ここに来る途中にラーメンを食べて、懐かしさとおいしさで満足したことが大きかったかもしれない。
[PR]
Commented by てんこ at 2014-12-04 12:51 x
再開 まってますよ。
Commented by shingen1948 at 2014-12-11 13:30
お声かけありがとうございます
自分の気持ちに素直に従っているところです。ゆっくり再開してみようかなと思えるようになってきているところです。
by shingen1948 | 2011-01-07 05:31 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(2)