地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「福島と戦争」~模擬原爆(パンプキン)投下

 「福島と戦争」ということで、先に整理した。その中で、福島市渡利の瑞竜寺に保存されている爆弾の破片とかかわって、これが8月6日の広島、9日の長崎の原爆投下へつながる『模擬原爆』であるという事を整理した。
 もうちょっと整理したい事が出たので、「模擬原爆(パンプキン)投下」と副題をつけて続ける。

 この『模擬原爆』は、「パンプキン」と名付けられた長崎型と同形、同重量(約5トン)の爆弾に通常の火薬を充填したものであることは、先に記した。
 そのバンプキン投下の目標設定について確認すると、原爆投下目標とのかかわりで計画されているようだ。
 原爆投下目標は、その詳細はいろいろと変遷するようだが、概括すれば、小倉地区・広島地区・京都地区・新潟地区が計画されたように見える。福島の模擬原爆(パンプキン)投下は、その中の新潟地区の原爆投下目標とのかかわりであるらしい。
 その新潟地区関係の模擬原爆(パンプキン)投下目標には、次の10地点が選定されたようだ。
(1) 郡山地区90.10:照準点参照90.10-2025保土谷化学工業
 ① 1088   日本製錬会社(燐生産会社)
 ② 無番号   操車場郡山
 ③ 無番号   軽工場郡山
(2) 福島:照準点参照90.10市街地
 ④ xxⅠ6216 軽工場福島
 ⑤ 1665   品川製作所      
(3) 長岡地区:照準点参照90.9
 ⑥ xxⅠ6271 軽工場長岡
 ⑦ 1656   津上―安宅製作所
(4) 富山地区:照準点参照90.11市街地
 ⑧ 1943   不二越製鋼 東岩瀬工場
 ⑨ 861    日満アルミニュウム会社富山
 ⑩  xxⅠ6253 日本曹達会社富山製鋼所

 福島県としては、福島と郡山の2地区で、福島が2か所、郡山が3か所ということのようだ。福島の軽工場は、福島製作所であるらしいことは確認できたが、郡山の軽工場は、今のところよく分からない。郡山市街地の西1500mにあった大きな工場ということで、地元の方なら分かるのだろうか。

 なお、これは計画の段階の目標で、実施の段階になると、別の目標が登場するようだ。
 この目標に投下できない時には、「第二目標」というものがあって、そこに投下する。その場で決める「臨機目標」などというものもある。そのため、実施の段階では、福島県関係としてはここに平地区を付け加えることになるようだ。
[PR]
by shingen1948 | 2010-09-20 05:13 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)